« 本当に予知できなかったのか/御嶽山噴火 | トップページ | 健康寿命:男性はもっと健康に長生きできるはず »

2014年9月30日 (火)

本当に予知は不可能だったのか2

気象庁は9月10日の時点で、「予兆」をつかんでいた。これが本当に噴火につながるものなのかどうかは、確信できなかったとは言う。もし同じ「予兆」が頻繁にあったなら、別に用心などする必要は無かったかもしれない。しかし、7年ぶりの異変だったのだ。
もっと、真摯にうけとめるべきだったろう。
というより、後だしじゃんけんを言えば、確かに、間違っていた。

この時のデータ

御嶽山では剣ヶ峰山頂付近で火山性地震が増加しています。
 火山性地震は昨日(10日)昼頃から増加しています。振幅はいずれも小さく、火山性微動は発生していません。
 噴煙の状況は雲のため不明です。地殻変動には、特段の変化は見られていません。9月9日からの火山性地震及び火山性微動の回数(速報値)は以下のとおりです。
                火山性地震   火山性微動
  9月 9日          10回     0回
    10日          51回     0回
    11日(10時まで)   49回     0回
    

確かに監視カメラを置いていたのだろう。ただ、置いてましたというだけで、24時間監視されてるからオッケーと取っていいのか。ちょっと考えればそれではダメなことはすぐ分かる。メンテナンスやら管理、判断システムがちゃんとあってこそだ。地震計が壊れているのに、火山性微動は無いなんていう発表をどこまで信じて良いのやら。

そもそも、ずっと無かった火山性地震が50回を越えているという事実を、問題無しとした「間違い」はなぜ起こったのか。
リスクマネジメントで考えると、ここまでなら、大丈夫とする。そのボーダーが難しいわけだ。55回あったら、レベルを引き上げていたかもしれない。これを何回と決めるかということだが、少なくとも今後はもっとシビアに受け止めるべきだ。
よく、防災関係の人たちの愚痴に出て来ることば。
「ナメすぎてる」
今回のはナメてたとしか言いようがないが、地震計が壊れてて1年も放置となると、もう、その許容限度は越えている気がする。

壊れているなら、壊れているで、公開されているのはどことどこのデータというのを記載すべきだろう。お上は危なくても、警告はしてくれない。今回のことでも責任取るつもりなんだか、どうなんだか。いずれにしても、こんなに信用にならないんだったら個人が自分で判断するしか無い。なら、詳細なデータの公開をすべきだ。

昨日の日記

http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-af69.html 

地震計
こういうのを、ただ「監視してました」という一言で鵜呑みにしてしまう落とし穴があることを、今回、教訓とすべきかもしれない。

-------

 御嶽山の山頂付近に長野県が設置した地震計が、昨年8月から故障で観測できない状態だったことが30日、わかった。老朽化で故障したが、火山観測で連携している名古屋大が秋にも山頂に新たに地震計の設置を準備していたため、県単独の更新を見合わせていた。

 気象庁火山課によると、御嶽山では1979年の有史以来初めての噴火を受け、88年に常時観測を開始。現在、同庁のほか長野、岐阜両県、名古屋大、防災科学技術研究所などが12カ所に地震計を設置、他にも傾斜計や空振計、衛星測位システム(GNSS)など複数の計器が備えられている。データは、気象庁に常時提供され、活動の監視に使われている。

 地震計のうち火口に最も近いのが、長野県が管理する「御嶽山頂」観測点だ。県砂防課によると、84年の長野県西部地震による土砂災害を受けて、土砂災害を防ぐ目的で97~00年度に山頂を含めた3カ所に地震計を設置。補修を繰り返して使ってきたが、昨年6~8月、うち山頂を含む2カ所が故障した。

続きはこちら


■御嶽山頂の地震計、昨夏から故障 噴火時、観測できず
(朝日新聞デジタル - 09月30日 15:16)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3075143

|

« 本当に予知できなかったのか/御嶽山噴火 | トップページ | 健康寿命:男性はもっと健康に長生きできるはず »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/57536646

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に予知は不可能だったのか2:

« 本当に予知できなかったのか/御嶽山噴火 | トップページ | 健康寿命:男性はもっと健康に長生きできるはず »