« この日の意味 | トップページ | 煽り記事と短絡反応:少子化への道 »

2014年8月15日 (金)

定点観測:特別な日のテレビ欄

定点観測:特別な日のテレビ欄

毎年、原爆の日、終戦記念日には、そのテレビ欄を記録している。
これまでのものも、
すずめ日記 でこれらの日をクリックするとどんなものがあったか、読める。

さて、戦後69回目の夏の日のテレビ欄。

意外にいろいろ力を込めた番組がある。
ニュースのタイトルには、概ね、終戦の日がトップにならぶ。
忘れない日にしたい。



NHKスペシャル シリーズ日本新生「戦後69年 いま“ニッポンの平和”を考える」 ウェブ検索
8/15 (金) 19:30 ~ 20:45 (75分) この時間帯の番組表
NHK総合・東京(Ch.1)
ドキュメンタリー/教養 - 社会・時事 , ドキュメンタリー/教養 - ドキュメンタリー全般 , ニュース/報道 - 報道特番
番組概要
戦後69年の終戦の日。戦争の惨禍を経験した日本、改めて平和について考える。番組独自の世論調査や市民の声も交え、生放送で徹底討論する。
番組詳細
戦後69年、日本を取りまく安全保障環境は激変している。今年7月、政府は集団的自衛権の行使容認を閣議決定。「積極的平和主義」のもと、日本の安全保障の新たな枠組みの構築をめざしている。2度と戦争の悲劇を繰り返さないと誓った戦後日本。21世紀に入り、世界の枠組みが大きく変貌する中で、日本の平和をどう守っていくべきなのか。生放送で徹底討論する。


大人ドリルスペシャル「戦争と平和」[字]
「8月15日は終戦の日」「日本は米国と戦った」それを知らない若者が増えている。これでいいのか日本人!そこで戦争に関するクイズを手掛かりに「戦争と平和」を考える。


ETV特集「“戦闘配置”されず~肢体不自由児たちの学童疎開~」[字][再]
太平洋戦争末期、約60万人の児童が都市から地方に集団で疎開した。しかし肢体不自由児はその対象から外される。それは一体なぜなのか。教師はどう子供たちを守ったのか。


金曜ロードSHOW!「硫黄島からの手紙」渡辺謙主演 家族に届けたかった想い…[字][デ]
5日で終わるとされた戦いを36日間戦い抜いた男たち。家族のために届けたかった想いとは…。名匠、クリント・イーストウッドが描く真実の物語。


世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル[字]
見えない運命の糸に導かれ異国で暮らす日本人…その人生ドラマSP▽戦後69年たった今なお、かつて日本だったサハリンに住む87歳女性▽世界最貧国!バングラデシュに僧侶が


ドラマチックα・ドラマスペシャル「はだしのゲン」<後編>[再][字][デ]
世界で読み継がれる名作がドラマ化。原爆の悲劇を乗り越え生きる親子の物語、完結! 中井貴一 石田ゆり子 小林廉 中尾明慶 成宮寛貴 りょう 山本學 ほか


金曜プレステージ・終戦記念スペシャルドラマ命ある限り戦え、そして生き抜くんだ[字] ウェブ検索
8/15 (金) 21:00 ~ 23:12 (132分) この時間帯の番組表
フジテレビ(Ch.8)
ドラマ - 国内ドラマ
番組概要
玉砕は認めない!生き抜くための秘策とは?激戦の地パラオで起きた70年前の知られざる真実▽上川隆也 溝端淳平 北乃きい 小林稔侍 ナビゲーター池上彰
番組詳細
太平洋戦争末期、パラオにある小さな島・ペリリュー島に、歩兵第二連隊の隊長・中川州男大佐(上川隆也)と若く血気盛んな伊藤正人少尉(溝端淳平)が降り立った。パラオは第一次世界大戦時にドイツ領だったものを日本が受け継ぎ、委任統治していた場所。このパラオにあるペリリュー島には、東洋最大と言われていた日本軍の大きな飛行場があり支援基地となっていた。この島をアメリカ軍から死守することが、日本全土を守ることへと

繋がる・・・。中川大佐は妻の光枝(木村多江)を日本に残し、後にアメリカ軍と70日以上に及ぶ激しい戦闘が繰り広げられることになったこの運命のぺリリュー島を任されたのだった・・・。ペリリュー島に向かう途中、パラオの首都コロールに滞在した中川大佐と伊藤少尉。2人は、女将・浜野八重子(仁科亜季子)が切り盛りする料亭“みね屋"で、芸者の小鈴(北乃きい)と出会う。空襲でコロールの街が焼けてしまった経緯もあり、

軍人を恨んでいた小鈴は、伊藤少尉に強く反発する。伊藤少尉は、小鈴と口げんかしながらも、小鈴の孤独な身の上を聞き、気にかけていた。そんな中、第二連隊がコロールからぺリリュー島に向かう直前、伊藤少尉は小鈴に内地へ戻る最後の船に乗るよう説得。しかし、船の乗り場に小鈴の姿はなかった・・・。

上川隆也  溝端淳平  北乃きい  加藤雅也  大杉漣  仁科亜季子  木村多江  小林稔侍  黒木瞳(語り)  池上彰(ナビゲーター)  他

【脚本】 阿相クミコ  【編成企画】 細貝康介  【プロデューサー】 中山和記(バンエイト)  後藤妙子(バンエイト)  【演出】 福本義人  【制作】 フジテレビ  【制作著作】 バンエイト



平和誓う 69回目の終戦記念日
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3010837

|

« この日の意味 | トップページ | 煽り記事と短絡反応:少子化への道 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/57087786

この記事へのトラックバック一覧です: 定点観測:特別な日のテレビ欄 :

« この日の意味 | トップページ | 煽り記事と短絡反応:少子化への道 »