« 30年間に自転車が歩行者を歩道で死亡させる事例は5件 | トップページ | 論文捏造:ハッピーな結末は? »

2014年3月11日 (火)

アカデミック詐欺のお誘い

ちょっと前に話題になった、割烹着美少女研究者の論文が話題だ。
信憑性?に問題があるらしい。
どういうことなのか。先ず、こちらのサイトが分かり易い。
http://blog.goo.ne.jp/netsuzou/e/67fc8a02d866f8e8f77180229f877594
専門的な内容は分からないが、要するに、実験データを示す画像が証拠となっている。
そりゃそうだろう。数字は簡単に変えられるのは、どこぞの問題で誰もが知っている通り。
.
だから、実際の画像が証拠写真ってコトなのだろうが、
その証拠を改竄するっていうコトが起こりえるという事が前提で、調査されるわけだ。
.
だけどね。こんな画像。すずめのような画像処理の達人だったら(いえいえ、初心者でも)改竄は簡単だ。上の記事の突っ込みどころの通り、描き変えるのは朝飯前。
保存日時だって、クロックを変えれば改竄できる。計器の数字だってなんだって。動画だってできる。
もっともっともらしく。
.
こういうのの作法が「証拠」となることに、どれだけ意味があるのか。
今回の場合、全否定になる可能性もあるわけだけど、ホントにこんな証拠写真が意味があるのか。すずめだったら、完璧な証拠、作ってあげられたのにね。
.
.
さてさて、表題の「お誘い」
こういうのができる。
.
誰か、有能な研究者さんと組んで、査読で突っ込まれる所をクリアした画像を作る。
実際の実験なんてしないんだから、手間も時間もかからない。
.
さて、ここに突っ込みたいヒトいるよね。
そう、こういうアカデミックな場所に出すってことは、他の研究者も検証実験やるワケだ。だから、そこで反証されたらおしまい。
.
おほほ。
そこがすずめ詐欺のミソ。
.
だれか、頭の良い研究者さん。
机上の仮説を片っ端から捏造論文にしましょう。
実験、しなくったってオッケー。
思いついたコト、全部、出そうじゃないの。
.
あなたは実験しないんだから、じゃんじゃん、書ける。
とにかく、或る分野の考えうる実験デザインだけ、全部、ありったけ、
もっともらしい実験にしてしまう。
証拠写真は画像処理で作っちゃう。
実験著作権、全部、乗っ取り。
そして、反証は、ヨソのお人好しにやってもらう。
ダメだったらダメでオッケー。
成功したら、ラッキー。
でもね、そのお人好しさんの成功は、最初に発表した、詐欺師研究者さんのもの。
ノーベル賞もメじゃない。
.
やりたいヒト、いる?
ソーカル系アカデミックテロ。

コレは犯行声明文
.
.
■STAP論文、「撤回すべき理由ない」 共著者の米教授
(朝日新聞デジタル - 03月11日 11:07)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2797427
 論文の共著者の一人で小保方さんの留学時代の指導教官だったハーバード大のチャールズ・バカンティ教授は10日、米紙ウォールストリート・ジャーナルの取材に「いくつかの間違いはあっても結論には影響しない。自分の持ちあわせている情報に基づけば、論文を撤回すべきだという理由は見当たらない」と語った。
 同紙によれば、バカンティ教授が10日に小保方さんと連絡を取り合ったところ、同じ意見だったという。バカンティ教授は「データや結論にはうそはなく確かなもの」とした。

|

« 30年間に自転車が歩行者を歩道で死亡させる事例は5件 | トップページ | 論文捏造:ハッピーな結末は? »

すずめ的妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/55328984

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミック詐欺のお誘い:

« 30年間に自転車が歩行者を歩道で死亡させる事例は5件 | トップページ | 論文捏造:ハッピーな結末は? »