« ベビーシッター殺人事件 | トップページ | 母親への集団リンチ/ベビーシッター殺人事件 »

2014年3月22日 (土)

火山と地震、嫌な予感

韓国岳、地震急増で噴火注視
◇専門家が注視 地震急増後の噴火例に雲仙・普賢岳噴火
韓国岳が霧島で不穏な動きをしているニュース。wikiを当たっても地震の履歴はほとんど無い中、気になった、
以前、311前にこんなブログを書いた。
火山と地震の怪しい関係
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-f351.html
阪神大震災の前、普賢岳が活動していたのが気になってのものだった。
当時、新燃岳が噴火していた。
その直後、東北大震災が起こったので、あまりの符号に驚いたのだった。
日本が見舞われた二つの大震災、
この二つとも、直前に火山の噴火があった。
両方とも九州地方である。
日本は火山大国であり、しょっちゅう、火山噴火は起きているとしても、
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-f351.html
>(江戸時代)300年の間に、
年表に残る大きな火山噴火は22件
大きな地震は75件
そのうち、火山噴火の直後に30件が発生してる。
.
300年の間に、
単純計算で、22回の火山噴火の後の3年間って、66年間だ。
ざっと、2.2割。
その期間に、大地震の4割が起こっているワケだ。
.
地震は何時来るか分からない。
予知できるかどうかは怪しい。少なくとも、今言われている、南海東海地震は、来る、しかも、そう遠く無い時期にと考えるのは妥当だろう。(少なくとも、来ないと言い切る根拠は無い)それがいつかということだが。。。
阪神大震災の前の普賢岳は5年に渡って活動した後に、地震が来ている。
新燃岳の場合は1ヶ月後だ。
どのみち、これが分かる専門家も研究も存在しない中、
私たちは、どう、備えるかということだろう。
今日は、お風呂に水を張っておこう。
------
韓国岳の履歴 wiki
歴史上、山頂で噴火したという記録はないが、1768年(明和5年)に北西側山腹から溶岩が流出し硫黄山が形成されたという記録がある。
新燃岳の履歴
享保噴火 1716年3月11日
明和噴火 1771年
文政噴火 1822年
昭和噴火 1959年
1991年(小規模)
2011年(平成23年)1月19日--
2011年2月の日記 再掲
火山噴火と大きな地震とのカンケイ?
新燃岳 噴火の間隔短く7回目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110201-00000473-yom-sci
歴史上(1600~1900年)の大きな地震の4割は火山噴火の後の3年間に発生してる!
そういえば、阪神淡路大地震(1995)のころ、普賢岳の噴火もあった(1990~5年)
これって、単なる、偶然の一致?
-------
.
すずめは、地震とかの専門家じゃなくて、
単なる素人です。
以下は単なる素人が、
単なる年表の数値を調べた結果にすぎません。
信じるかどうかは、個人のご判断で。
------
.
連日、噴火のニュースが聞こえてくる。
時々マイミクさんちで櫻島のハナシとか聞いてたので、
そんなに深刻に思ってなかったすずめだけど、
事態が見えてくると、とんでもないってわかってきた。
.
で、何となく、
昨日「日本沈没」とか見ちゃった。
ちょっと前の映画。
映画自体はおもしろくなかったけど。。。
.
でも、火山とプレート、地震の関連って、
何となく不気味。
昨夜、暇にあかせて調べてみた。
.
.
ウィキから
日本の地震の年表
と75件
火山の噴火の年表
をこぴぺして 22件
全部で
97件
.
その年度とタイトルだけにして、
エクセルで、年度順に並べてみた。その全部が、下にはりつけたもの。
その中から、火山の噴火の周り、約3年の地震だけを残して、消したもの。
52件
.
.
ただし、1600年から1900年までの300年間
なぜなら、いろんな研究が急激に進んだ20世紀になってからを1600年代ど同じ次元でカウントしちゃいけないと思ったから。(だって1900年以降はものすごくデータが増えちゃってるんだもん)
いくら昔だとは言え、大きな地震や噴火はカウントされているはず。
って、思ったから。
.
.
で、下はその、火山噴火の後、3年の地震だけを残して、残りを消したもの。
52件、残った。
そのうち、火山噴火項目は22件だから地震は30件
.
300年の間に、
年表に残る大きな火山噴火は22件
大きな地震は75件
そのうち、火山噴火の直後に30件が発生してる。
.
300年の間に、
単純計算で、22回の火山噴火の後の3年間って、66年間だ。
ざっと、2.2割。
その期間に、大地震の4割が起こっているワケだ。
.
もうちょっと計算すると、
300年の間に75回の地震ってコトは、
4年に一度。
だけど、噴火の66年間には2.2年に1度の割合で地震があるってコト。
.
ちなみに、雲仙岳の噴火
.
1990年~1995年 雲仙岳
.
なんだけど、そう、阪神大震災は、1995年なんだよね。
もひとつ。
1991年6月 フィリピンのピナトゥボ山。20世紀最大規模。
.
コレもあった。
なんか、火山噴火の後って、ヤな感じがするよねえ。
.
っていう、すずめのデマでした。
--------
資料は、以下
.
.
火山噴火の後3年間の地震リスト
1640年 北海道駒ヶ岳
1640年11月23日 大聖寺地震
1663年 有珠山
1666年2月1日 越後高田地震
1667年 樽前山
1707年 富士山
1707年10月28日 宝永地震(
1710年10月3日 因伯美地震
1716年 霧島山
1717年5月13日 宮城県沖で地震
1739年 桜島(安永大噴火)
1739年 樽前山
1741年 渡島大島
1741年8月28日 北海道西南沖の大島で火山性地震
1769年 有珠山
1771年4月24日 八重山地震
1783年 青ヶ島
1783年 浅間山
1785年 青ヶ島
1792年 雲仙岳
1792年5月21日 島原半島で土砂崩れによる大津波
1793年 2月17日 三陸沖で地震(連動型宮城県沖地震)
1793年 2月8日 西津軽・鰺ヶ沢で地震
1800年~1801年 鳥海山
1802年12月9日 佐渡、小木地震
1822年 有珠山
1856年 北海道駒ヶ岳
1857年10月12日 伊予、安芸、今治で城内破損
1858年 4月9日 飛越地震
1858年 7月8日 東北地方太平洋側で地震。
1888年 磐梯山
1889年7月28日 熊本地震
1891年10月28日 濃尾地震
1900年 安達太良山
1900年 霧島山
1900年5月12日 宮城県北部で地震
----
300年間の大きな噴火と地震の全リスト98件
1596年浅間山
1605年2月3日 慶長地震
1611年 9月27日 会津地震
1611年12月2日 慶長三陸地震
1615年6月26日 江戸地震
1616年9月9日 宮城県沖地震
1619年5月1日 熊本県八代
1625年7月21日 熊本で地震
1627年10月22日 松代地震
1633年3月1日 相模・駿河・伊豆地震 
1640年 北海道駒ヶ岳
1640年11月23日 大聖寺地震
1649年7月30日 武蔵・下野地震
1662年 10月31日 日向・大隅地震
1662年 6月16日 近江・山城地震
1663年 有珠山
1666年2月1日 越後高田地震
1667年 樽前山
1670年6月22日 越後村上地震
1677年11月4日 房総沖地震
1678年10月2日 宮城県北部沖で地震
1684年 - 1690年 伊豆大島
1686年10月3日 遠江・三河地震
1694年6月19日 能代地震
1703年12月31日 元禄地震
1707年 富士山
1707年10月28日 宝永地震(
1710年10月3日 因伯美地震
1714年4月28日 糸魚川地震
1716年 霧島山
1717年5月13日 宮城県沖で地震
1729年 能登半島で地震
1731年10月7日 宮城県南部で地震
1739年 桜島(安永大噴火)
1739年 樽前山
1741年 渡島大島
1741年8月28日 北海道西南沖の大島で火山性地震
1751年5月21日 越後・越中地震 -
1762年10月31日 佐渡島北方沖で地震
1766年3月8日 津軽地震
1769年 有珠山
1771年4月24日 八重山地震
1777年~1779年 伊豆大島
1782年8月23日 天明小田原地震
1783年 青ヶ島
1783年 浅間山
1785年 青ヶ島
1792年 雲仙岳
1792年5月21日 島原半島で土砂崩れによる大津波
1793年 2月17日 三陸沖で地震(連動型宮城県沖地震)
1793年 2月8日 西津軽・鰺ヶ沢で地震
1799年6月29日 石川県などで地震
1800年~1801年 鳥海山
1802年12月9日 佐渡、小木地震
1804年7月10日 象潟地震
1810年9月25日 男鹿半島で地震
1812年12月7日 武蔵・相模地震
1813年 諏訪之瀬島
1819年8月2日 伊勢・美濃・近江地震
1822年 有珠山
1828年12月18日 越後三条地震
1830年12月19日 京都地震
1833年12月7日 出羽・越後・佐渡地震
1835年7月20日 仙台地震
1843年4月25日 十勝沖地震
1847年5月8日 善光寺地震
1853年3月11日 小田原地震
1854年 11月11日 安政江戸地震
1854年 7月9日 安政伊賀地震
1854年12月23日 1854年12月24日 安政南海地震
1854年12月26日 豊予海峡で地震
1855年 3月18日 金沢などで地震
1856年 北海道駒ヶ岳
1857年10月12日 伊予、安芸、今治で城内破損
1858年 4月9日 飛越地震
1858年 7月8日 東北地方太平洋側で地震。
1861年10月21日 宮城県沖地震
1872年3月14日 浜田地震
1881年10月25日 国後島で地震
1888年 磐梯山
1889年7月28日 熊本地震
1891年10月28日 濃尾地震
1892年12月9日・11日 石川県・富山県で地震
1893年6月4日 色丹島、択捉島で地震
1894年 3月22日 根室半島沖地震
1894年10月22日 庄内地震
1894年6月20日 明治東京地震
1895年1月18日 茨城県南部で地震
1896年 6月15日 明治三陸地震
1896年8月31日 陸羽地震
1897年 2月20日 宮城県沖地震
1897年 8月5日 三陸沖で地震
1898年4月23日 宮城県沖で地震
1899年 11月25日 宮崎県沖で地震
1899年 3月7日 紀和地震
1900年 安達太良山
1900年 霧島山
1900年5月12日 宮城県北部で地震
-------
韓国岳、地震急増で噴火注視
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2812499
◇専門家が注視 地震急増後の噴火例に雲仙・普賢岳噴火
 鹿児島・宮崎県境の霧島・韓国(からくに)岳(1700メートル)北東側で地震が増えている。GPS(全地球測位システム)による地盤変動観測でも、地下のマグマだまりに新たなマグマが供給されていることが示されている。霧島では2011年に新燃(しんもえ)岳で大きな噴火があった。専門家は「新たな噴火の可能性もある」と注視している。
 地震は長さ約4キロ、幅約1.5キロのエリアで、ほとんどは体感できない揺れ。気象庁火山課によると昨年11月には地震はなく、12月に1回だったのが、今年は1月=23回▽2月=8回▽3月=34回(20日現在)--起きた。これらは震源が特定できた例だけで実際には更に多い。震源の深さは0~3キロと浅い。
 菅野智之・火山活動評価解析官は「マグマだまりの膨張に伴い浅い部分で地震が起きたとみており、マグマの上昇によるとは考えていない。現時点で11年のような噴火に直結する動きはないが、活発化の可能性はある。警戒したい」と話す。
 霧島の火山活動に詳しい鹿児島大の井村隆介准教授(火山地質学)は、マグマから分離した火山ガスや水蒸気が地盤を割って地震を起こした可能性を指摘する。霧島市など両県の7市町でつくる「環霧島会議」作成の霧島火山防災マップでは、えびの高原付近は「火口が形成される可能性のある地域」に指定されている。
 火山で地震が急増し、その後噴火した例がある。長崎県雲仙・普賢岳噴火(1990年~)では約4カ月前から地震が急増した。北海道・有珠山噴火(2000年)でも数日前から地震が多発。一方、岩手県・岩手山では98年に一時期地震が増え地盤変動も観測されたが噴火はしなかった。
 井村准教授によれば韓国岳では今後(1)地震が終息する(2)えびの高原付近で新たな噴気が上がる(3)噴火し火山灰や溶岩などが出る--などの展開が考えられるという。「気象庁などが出す情報に注意してほしい」と話している。【山崎太郎】

|

« ベビーシッター殺人事件 | トップページ | 母親への集団リンチ/ベビーシッター殺人事件 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/55472962

この記事へのトラックバック一覧です: 火山と地震、嫌な予感:

« ベビーシッター殺人事件 | トップページ | 母親への集団リンチ/ベビーシッター殺人事件 »