« 交通事故死者数:昔は10000人超えてた。 | トップページ | こわい。。 »

2014年1月 6日 (月)

この国のすべては大人の場所/公共とは何か

とうとう、この国はそこまで来たか。
.
日本のすべての場所は、大人だけの場所で、
子供は睡眠薬を飲ませて静かにさせるという論が通るということか。
.
迷惑というのは、
大人だけの場所だからだ。
誰も好き好んで、子供を満員電車や混んでる飛行機なんかに乗せたく無い。
それしか選択肢の無い現実があるからだ。
.
子供を持つ親に、ファーストクラスやグリーン車が使える経済力を、この国は与えていないのだ。
子供という将来の納税者1人の大学の学費だけで、1000万。
これを、DQNと蔑まれながら、節約し、貯金しなくてはならない。
ビジネスクラスさえ、無理。
そして、その子が支えるのは自分の親じゃなくて、
蔑んできた人々の老後だ。
.
睡眠薬を飲ませて眠らせてまで、そういう大人たちの快適さを守らなければならないのか。
.
子供を知らない大人が多すぎる。
飛行機の中、何十時間もの間、そりゃ、子供は退屈する。
飴でごまかしても3時間。3時間飴をなめっぱなしにさせるって、かなり酷いけど、
他所の大人の快適さを守るためには仕方がない。
.
だけど、子供によっては、そのコンディションによっては、どうしてもおとなしくならない子がいる。
親が静かにさせろって?
できる場合と、限界がある。その時のコンディションによって全然違う。
ああすばいい、こうすればいい。。ってのは何万とあるが、
そりゃ、1人の親と狭い変化の無い座席で何時間もいれば、ネタも尽きる。
どうにもならなくなる。
それでも、他所の大人の快適さを破った申し訳無さのために、
かまってるフリをしてなきゃDQNって言われる。
.
.
.
そういうモンクを言う人々の種類は決まってる。
.
一生、子供を持たないオトナか
自分の子が静かにしなさいと言えばするような子だった親か
そんな苦労もみんな忘却の彼方の「経験者」か。
.
要するに子供って、いろんなのがいることを知らない人々。
.
まったく、気の毒だ。
それでも、子供を持つ人々。
この国のすべては大人の場所なのに。
.
とうとう、この国は、こんな所まで来てしまった。
少子化が進むわけだ。
あと、何年かで、日本は老人ばかりの国になる。
静かで、さぞ、快適なことだろう。
.
ーーーーーー
そもそも「公共」とはどういうものなのか。
.
大人の快適さのためのものなのか。
.
本当は、
公共とは、私たちの明るい未来を創るためのものでは無いのか。
子供のような弱い存在を育み、許容するような。
.
.
.
本当に、子供の声が迷惑なら、
周囲の人が、その子に声をかけてみてあげたらどうだろう。
.
私は、泣き止まない子を見ると
「泣いてるお顔も可愛いわね。どんどん泣いていいわよ。」
と、言う。周囲にも聞こえるように。
すると、親以外の人からのアプローチに驚いて、その子も泣き止んだりする。
年配の人の中には、
「赤ちゃんは泣くのが仕事だから。」と言う人もいる。
これは、周囲も皆で、許容していきましょうという合図だ。
.
.
本当の「公共」とは、
そういうものでは無いのか。
それこそが、マナーである見識は持てないものか。
.
.
-------
「泣く子どもには睡眠薬を」……ホリエモンの公共交通機関でのマナーが物議
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=17&from=diary&id=2712513
 ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文氏が、公共交通機関内で泣く子どもに対する保護者の対応として「睡眠薬を飲ませたら良い」などと自身のTwitterで発言したことで賛否両論があがっている。
 公共交通機関における乳幼児の泣き声に関するマナーについては、ネット上でもこれまでに度々議論されているが、堀江氏も5日、新幹線で後方の座席の子どもが泣いている状況をつぶやいたTwitterユーザーのツイートを受け、同問題に言及。乳幼児が泣いた場合は保護者がケアをすべき、との立場をとる堀江氏は、自身の育児体験をもとに、「赤ちゃんを新幹線とか飛行機に乗せること自体をできるだけ避けてたし、もしどうしても必要が出てきたら、できるだけ乗り物で寝るように疲れさせてたり、それでも起きて泣きそうなら、おしゃぶりを咥えさせたり色々手はあると思うんだけどなあ。少なくとも私はそうしてた」とし、泣き止ませるために睡眠薬を使用することも、「そうすりゃいいのにね。なぜか薬が嫌だとかいう奴らが多い」と推奨した。
 しかし乳幼児に睡眠薬を与えるという行為に反発するTwitterユーザーも多く、批判も殺到。Twitterが炎上する騒ぎとなったが、堀江氏本人は、「別に正論言って炎上するなら本望ですが」として、持論を繰り返している。
 公共交通機関でのマナーをめぐっては、2012年にはマンガ家のさかもと未明が、搭乗した国内線の飛行機内で泣き叫ぶ幼児に激怒し、航空会社にクレーム入れるまでの一部始終を告白したことで、物議を醸した。
 なお、世界最大規模のオンライン旅行サイト「エクスペディア」が2013年12月に発表した「飛行機内で迷惑だと思う客ランキング」では、迷惑だと思うマナー1位は「子どもの面倒を見ない親」で、調査対象の41%が迷惑だと思っていることが明らかとなった。

|

« 交通事故死者数:昔は10000人超えてた。 | トップページ | こわい。。 »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/54516424

この記事へのトラックバック一覧です: この国のすべては大人の場所/公共とは何か:

« 交通事故死者数:昔は10000人超えてた。 | トップページ | こわい。。 »