« 恣意的な統計分析 | トップページ | 新たな利権誕生? »

2013年11月 5日 (火)

自転車バッシングの理由は?

また、いつもの自転車バッシング。
この理由は何なのか。
.
こういうデータを調べようとググると必ずいくつものペーパーや講演資料が出て来る。
きちんと整理されてるので、参考になるのだが、
発信元は、損保系などの保険会社。
要するに、自転車使用者も、保険に入れというコトなのだ。
.
.
http://www.jcc.co.jp/public/monthly/2013-03-cm.html
.
2013年3月のCMランキング
15位に損保会社が入ってる。
要するに、マスコミにとって保険会社は大口のクライアントの一つだ。
昨今、自動車関連保険のCMがやたら多いと感じないだろうか?
各社、競い合っている。
とは言え、この手の保険に何口も入るわけにはいかない。新しい市場開拓が必要だろう。
自動車保有者というパイが限られているなら、外で、。。ということになるはずだ。
.
自転車保険に入ろうというのは、
儲かる 流れだというコトだ。
マスコミの自転車バッシングは大歓迎。。。。
マスコミも、大口クライアントの「空気を読む」としたら。。。
ミョーに、このかなり希な自転車重篤事故を(根拠は以下のリンク先)
煽ってもおかしく無い。
で、
世論を作り。。。国や司法もそう、動き始めた。
.
-------
上の記事の統計分析には、疑問を感じる。
詳細はこちらに
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-634d.html

|

« 恣意的な統計分析 | トップページ | 新たな利権誕生? »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/53834329

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車バッシングの理由は?:

« 恣意的な統計分析 | トップページ | 新たな利権誕生? »