« 風立ちぬは喫煙シーンを子供見せても良いとする作品である | トップページ | 親バッシングの酷さ »

2013年9月17日 (火)

京都市のハザードマップ

台風で被害、3人死亡6人不明

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2579972 

京都市はハザードマップを出している。

その中で、

この西京区。桂川周辺はかなり想定されていた場所だ。

http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/cmsfiles/contents/0000089/89718/10WA_nishikyo_map_mizu.pdf 

こんな歴史的な場所がここまでの状態になっているなんて、

驚いてしまったが、もしかすると、地元では「あそこは水が出る」などのような噂があった場所かもしれない。

とは言うものの、

護岸工事などしてしまったら、せっかくの風情が台無しだ。

対策としては昨今、ニュースになっている、地下に巨大な貯水宮殿を作ることぐらいだろうか。

京都のような誰でも馴染みの場所がこのような状態になると、ニュースとしてもインパクトがある。それ以外にも、全国各地で土砂崩れなどの映像が流れている。おそらくどの地域でも、住んでいる者にとっては、この地域は危ない。うちの裏の崖は危ないなど、ある程度言われていたことなのではと思う。だが、何十年も大丈夫なのだから。。ということだったのではあるまいか。

こういうのは地価にダイレクトに反映する。

だから、自治体がハザードマップを作る時、住民の反対にあうという話がよくある。

昔から住んでいる場所が今更危ないと言われても。。というのはあるだろう。だけど、これから住む場所を選ぶなら、この視点は重要だと思うべきかもしれない。駅から近いことや値段ではなく、安全が第一と考える価値観。

とは言うものの、

このような水害。異常気象などと煽られてはいるが、格段に減っており、増えたのは報道数であるということを念頭においておかなければならない。昔は台風で2、3年に一度、数千人規模の死者を出していたのだ。今はそんな事はあり得ない。39人(2007年)という年すらある。

土木工事が批判されるが、こういう部分、日本はちゃんと先進国になってるのだろう。

http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi?ac1=B102&ac2=&ac3=4917&Page=hpd2_view 

自然災害による死者・行方不明者の推移(図2.1.1)をみると、戦後から昭和30年代前半までは、あいつぐ大型台風や地震等により、ほぼ毎年死者・行方不明者が1,000人を超えていた。なかでも昭和34(1959)年の伊勢湾台風は死者・行方不明者が5,000人を超える風水害では戦後最大の被害をもたらした。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4365.html 

|

« 風立ちぬは喫煙シーンを子供見せても良いとする作品である | トップページ | 親バッシングの酷さ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/53289379

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市のハザードマップ:

« 風立ちぬは喫煙シーンを子供見せても良いとする作品である | トップページ | 親バッシングの酷さ »