« 2013年、平和のスピーチ | トップページ | 平和式典で初めてのSecurity 概念 »

2013年8月 6日 (火)

True security is...68年目の平和の形

■広島68回目の原爆忌…平和宣言で「絶対悪」
(読売新聞 - 08月06日 08:57)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2530882
.
広島平和式典
今年は、Ustream でゆっくり見た。
4年前、アメリカの駐日大使が始めて式典に出席した。
あの時は、ちょっとした驚きだった。
.
彼がどういうコメントをするか、期待していたんだけど、
報道陣を避けて何も言わず、そのまま帰った。
.
その年は、
イギリス他、列国の大使も出席した。
国連事務総長も。
彼は、広島と長崎、両方に出席したんだった。
たしか、次の年は出席が無く、
その次はメッセージが代読されたのではなかったか。。(後で調べてみよう)
.
今まで、あまりスピーチの内容にそれほど注目したことは無かったのだけど、
何となく、ことし気づいた事。
.
これは今まで無かった気がする。
.
True security is based on people’s welfare – on a thriving economy, on strong public health and education programmes, and on fundamental respect for our common humanity. Development, peace, disarmament, reconciliation and justice are not separate from security; they help to underpin it.
.
真のセキュリティとは人間の福祉、経済の繁栄、確固たる健康や教育プログラム、お互いの人間性を根本から尊重しあうこと---その上に築かれるものです。
そして、人の発展、平和、軍縮、和解、正義と分けては考えられないもの:それらに助けられ、支えられているのです。
---
この、securityという言葉が興味深い。
この言葉、国連では、human securityとして伝えられているのだろう。
.
人間の安全保障
.
この概念、平和式典で披露されるのは、もしかして、初めてかもしれない。
.
----
平和宣言他はこちらに
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/the-absolute-ev.html
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/2013-58fd.html
MESSAGE TO PEACE MEMORIAL CEREMONY, Hiroshima, 6 August 2013
Press Release 13-047-E 06/08/2013
.
Delivered by Dr. Noeleen Heyzer, Executive Secretary of the United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific
I am honoured to pay my respects on this solemn occasion.
Tens of thousands have gathered here in Hiroshima, and millions more are observing this occasion around the world, as together we remember those who lost their lives here 68 years ago.
.
We pay tribute to the memory of the hundreds of thousands who perished or were gravely wounded. At the same time, we applaud those who survived to become hibakusha. We thank them for all they have done to educate the public, especially young people, about the horrors of nuclear war and the importance of nuclear disarmament. They have helped to transform this city from a scene of devastation into a symbol of peace.
.
We also join hands with the new generation of citizens of Hiroshima who are working to build an era of greater peace, security and justice for all.
We are united in countering the erroneous view that security is achieved through the pursuit of military dominance and threats of mutual annihilation. Our memories are long. We know this path is a dead end.
.
True security is based on people’s welfare – on a thriving economy, on strong public health and education programmes, and on fundamental respect for our common humanity. Development, peace, disarmament, reconciliation and justice are not separate from security; they help to underpin it.
.
At this Hiroshima Peace Memorial Ceremony, I appeal for universal adherence to the United Nations Charter, which emphasizes peace, disarmament, a prohibition on threats or use of force, and social and economic development.
Together, let us reaffirm our commitment to create a world free of nuclear weapons. This is the most meaningful way we can pay our respects to those we honour today and pave the way for a better future for all.
* *** *

|

« 2013年、平和のスピーチ | トップページ | 平和式典で初めてのSecurity 概念 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/52772052

この記事へのトラックバック一覧です: True security is...68年目の平和の形:

« 2013年、平和のスピーチ | トップページ | 平和式典で初めてのSecurity 概念 »