« コミュニティの変遷 | トップページ | 特別な日のテレビ欄 »

2013年8月 6日 (火)

The absolute evil of nuclear weapons/ 68回目の夏

広島の今日
8月6日。
.
平和式典はまず、献水からはじまる。
市内、17箇所から集めた pure water 清水
.
あの日、生身の肉体を持つ人々は、水を飲みたいと欲していたから。
原爆の炎は単なる概念や理屈ではなく、そういうことなのだ。
.
今、これをUstreamで見ている。
ニュースや報道には(多くは)、遺族代表の名簿の奉納から始まる。
.
それから68回目の夏
幾時代かがあって、茶色い戦争もあって、
でも、今年もまた、人が集まる。
これは、政治の方便ではなく、純粋に心がつなげたものだと信じている。
だって、伝わらなかった時代も知っているから。
.
下は、そこで示される平和宣言
.
.
広島市は毎年8月6日に、原爆死没者への追悼とともに核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を願って平和記念式典を行い、広島市長が「平和宣言」を世界に向けて発表しています。広島・長崎の悲惨な体験を再び世界の人々が経験することのないよう、核兵器をこの地球上からなくし、いつまでも続く平和な世界を確立しようと、これからも平和宣言は訴え続けていきます。
.
平和宣言
.
「あの日」から68年目の朝が巡ってきました。1945年8月6日午前8時15分、一発の原子爆弾によりその全てを消し去られた家族がいます。「無事、男の子を出産して、家族みんなで祝っているちょうどその時、原爆が炸裂(さくれつ)。無情にも喜びと希望が、新しい『生命(いのち)』とともに一瞬にして消え去ってしまいました。」
.
幼くして家族を奪われ、辛うじて生き延びた原爆孤児がいます。苦難と孤独、病に耐えながら生き、生涯を通じ家族を持てず、孤老となった被爆者。「生きていてよかったと思うことは一度もなかった。」と長年にわたる塗炭(とたん)の苦しみを振り返り、深い傷跡は今も消えることはありません。
.
生後8か月で被爆し、差別や偏見に苦しめられた女性もいます。その女性は結婚はしたものの1か月後、被爆者健康手帳を持っていることを知った途端、優しかった義母に「『あんたー、被爆しとるんねー、被爆した嫁はいらん、すぐ出て行けー。』と離婚させられました。」放射線の恐怖は、時に、人間の醜さや残忍さを引き出し、謂(いわ)れのない風評によって、結婚や就職、出産という人生の節目節目で、多くの被爆者を苦しめてきました。
.
無差別に罪もない多くの市民の命を奪い、人々の人生をも一変させ、また、終生にわたり心身を苛(さいな)み続ける原爆は、非人道兵器の極みであり「絶対悪」です。原爆の地獄を知る被爆者は、その「絶対悪」に挑んできています。
.
辛く厳しい境遇の中で、被爆者は、怒りや憎しみ、悲しみなど様々な感情と葛藤(かっとう)し続けてきました。後障害に苦しみ、「健康が欲しい。人並みの健康を下さい。」と何度も涙する中で、自らが悲惨な体験をしたからこそ、ほかの誰も「私のような残酷な目にあわせてはならない。」と考えるようになってきました。被爆当時14歳の男性は訴えます。「地球を愛し、人々を愛する気持ちを世界の人々が共有するならば戦争を避けることは決して夢ではない。」
.
被爆者は平均年齢が78歳を超えた今も、平和への思いを訴え続け、世界の人々が、その思いを共有し、進むべき道を正しく選択するよう願っています。私たちは苦しみや悲しみを乗り越えてきた多くの被爆者の願いに応え、核兵器廃絶に取り組むための原動力とならねばなりません。
.
そのために、広島市は、平和市長会議を構成する5,700を超える加盟都市とともに、国連や志を同じくするNGOなどと連携して、2020年までの核兵器廃絶をめざし、核兵器禁止条約の早期実現に全力を尽くします。
.
世界の為政者の皆さん、いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。威嚇によって国の安全を守り続けることができると思っているのですか。広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきではないですか。ヒロシマは、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する地であると同時に、人類の進むべき道を示す地でもあります。また、北東アジアの平和と安定を考えるとき、北朝鮮の非核化と北東アジアにおける非核兵器地帯の創設に向けた関係国の更なる努力が不可欠です。
.
今、核兵器の非人道性を踏まえ、その廃絶を訴える国が着実に増加してきています。また、米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減交渉をロシアに呼び掛け、核軍縮の決意を表明しました。そうした中、日本政府が進めているインドとの原子力協定交渉は、良好な経済関係の構築に役立つとしても、核兵器を廃絶する上では障害となりかねません。ヒロシマは、日本政府が核兵器廃絶をめざす国々との連携を強化することを求めます。そして、来年春に広島で開催される「軍縮・不拡散イニシアティブ」外相会合においては、NPT体制の堅持・強化を先導する役割を果たしていただきたい。また、国内外の被爆者の高齢化は着実に進んでいます。被爆者や黒い雨体験者の実態に応じた支援策の充実や「黒い雨降雨地域」の拡大を引き続き要請します。
.
この夏も、東日本では大震災や原発事故の影響に苦しみながら故郷の再生に向けた懸命な努力が続いています。復興の困難を知る広島市民は被災者の皆さんの思いに寄り添い、応援し続けます。そして、日本政府が国民の暮らしと安全を最優先にした責任あるエネルギー政策を早期に構築し、実行することを強く求めます。
.
私たちは、改めてここに68年間の先人の努力に思いを致し、「絶対悪」である核兵器の廃絶と平和な世界の実現に向け力を尽くすことを誓い、原爆犠牲者の御霊に心から哀悼の誠を捧げます。
.
.
平成25年(2013年)8月6日
.
広島市長 松井 一實
.
We greet the morning of the 68th return of “that day.” At 8:15 a.m., August 6, 1945, a single atomic bomb erased an entire family. “The baby boy was safely born. Just as the family was celebrating, the atomic bomb exploded. Showing no mercy, it took all that joy and hope along with the new life.”
.
A little boy managed somehow to survive but the atomic bomb took his entire family. This A-bomb orphan lived through hardship, isolation, and illness, but was never able to have a family of his own. Today, he is a lonely old hibakusha. “I have never once been glad I survived,” he says, looking back. After all these years of terrible suffering, the deep hurt remains.
 
A woman who experienced the bombing at the age of eight months suffered discrimination and prejudice. She did manage to marry, but a month later, her mother-in-law, who had been so kind at first, learned about her A-bomb survivor’s handbook. “’You’re a hibakusha,’ she said, ‘We don’t need a bombed bride. Get out now.’ And with that, I was divorced.” At times, the fear of radiation elicited ugliness and cruelty. Groundless rumors caused many survivors to suffer in marriage, employment, childbirth—at every stage of life.
.
Indiscriminately stealing the lives of innocent people, permanently altering the lives of survivors, and stalking their minds and bodies to the end of their days, the atomic bomb is the ultimate inhumane weapon and an absolute evil. The hibakusha, who know the hell of an atomic bombing, have continuously fought that evil.
.
Under harsh, painful circumstances, the hibakusha have struggled with anger, hatred, grief and other agonizing emotions. Suffering with aftereffects, over and over they cried, “I want to be healthy. Can’t I just lead a normal life?” But precisely because they had suffered such tragedy themselves, they came to believe that no one else “should ever have to experience this cruelty.” A man who was 14 at the time of the bombing pleads, “If the people of the world could just share love for the Earth and love for all people, an end to war would be more than a dream.”
.
Even as their average age surpasses 78, the hibakusha continue to communicate their longing for peace. They still hope the people of the world will come to share that longing and choose the right path. In response to this desire of the many hibakusha who have transcended such terrible pain and sorrow, the rest of us must become the force that drives the struggle to abolish nuclear weapons.
.
To that end, the city of Hiroshima and the more than 5,700 cities that comprise Mayors for Peace, in collaboration with the UN and like-minded NGOs, seek to abolish nuclear weapons by 2020 and throw our full weight behind the early achievement of a nuclear weapons convention.
.
Policymakers of the world, how long will you remain imprisoned by distrust and animosity? Do you honestly believe you can continue to maintain national security by rattling your sabers? Please come to Hiroshima. Encounter the spirit of the hibakusha. Look squarely at the future of the human family without being trapped in the past, and make the decision to shift to a system of security based on trust and dialogue. Hiroshima is a place that embodies the grand pacifism of the Japanese constitution. At the same time, it points to the path the human family must walk. Moreover, for the peace and stability of our region, all countries involved must do more to achieve a nuclear-weapon-free North Korea in a Northeast Asia nuclear-weapon-free zone.
.
Today, a growing group of countries is focusing on the humanitarian consequences of nuclear weapons and calling for abolition. President Obama has demonstrated his commitment to nuclear disarmament by inviting Russia to start negotiating further reductions. In this context, even if the nuclear power agreement the Japanese government is negotiating with India promotes their economic relationship, it is likely to hinder nuclear weapons abolition. Hiroshima calls on the Japanese government to strengthen ties with the governments pursuing abolition. At the ministerial meeting of the Non-Proliferation and Disarmament Initiative next spring in Hiroshima, we hope Japan will lead the way toward a stronger NPT regime. And, as the hibakusha in Japan and overseas advance in age, we reiterate our demand for improved measures appropriate to their needs. As well, we demand measures for those exposed to the black rain and an expansion of the “black rain areas.”
.
This summer, eastern Japan is still suffering the aftermath of the great earthquake and the nuclear accident. The desperate struggle to recover hometowns continues. The people of Hiroshima know well the ordeal of recovery. We extend our hearts to all those affected and will continue to offer our support. We urge the national government to rapidly develop and implement a responsible energy policy that places top priority on safety and the livelihoods of the people.
.
Recalling once again the trials of our predecessors through these 68 years, we offer heartfelt consolation to the souls of the atomic bomb victims by pledging to do everything in our power to eliminate the absolute evil of nuclear weapons and achieve a peaceful world.
.
August 6, 2013
MATSUI Kazumi
Mayor
The City of Hiroshima
.
http://www.ustream.tv/recorded/36911061
.
■68回目の広島原爆忌…首相、米大使ら式典出席
(読売新聞 - 08月06日 08:57)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2530882
.
中国新聞の一報
.
被爆68年式典、核兵器は「絶対悪」 広島市長が平和宣言
.
 米国による原爆投下から68年。広島市は6日、中区の平和記念公園で原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)を営んだ。被爆者や遺族、各国政府関係者たちが参列し、鎮魂の祈りをささげた。松井一実市長は平和宣言で、核兵器を「絶対悪」とあらためて否定し、世界の指導者に廃絶への取り組みを求めた。
.
 式典は午前8時に始まった。松井市長と遺族代表の2人が、この1年で亡くなったか、新たに死亡が確認された被爆者5859人の名前を記した原爆死没者名簿を原爆慰霊碑に納めた。名簿は2冊増え104冊、28万6818人となった。これとは別に長崎で被爆し、遺族の希望で広島に納められる9人を記した名簿1冊がある。
.
 原爆投下時刻の8時15分、遺族代表の大学職員佐古田史織さん(32)=安佐北区=と、こども代表の袋町小6年伊藤麟太郎君(11)=中区=が「平和の鐘」を突き、参列者全員で黙とうをささげた。
.
 続いて、松井市長が平和宣言を読み上げた。被爆者5人の体験談を盛り込み、「核兵器廃絶に取り組むための原動力とならねば」と決意を表明。世界の為政者に「威嚇から、信頼と対話に基づく安全保障体制への転換を決断すべきだ」と呼び掛けた。
.
 被爆地広島を「日本国憲法が掲げる平和主義を体現する地」と強調。日本政府には、核拡散防止条約(NPT)に加盟していない核保有国インドへの原発輸出を可能にする原子力協定締結に向け交渉を進めていることに懸念を示した。
.
 こども代表2人による「平和への誓い」では、吉島東小6年竹内駿治君(11)=中区=と、口田小6年中森柚子(ゆず)さん(11)=安佐北区=が「さあ、一緒に平和をつくりましょう。大切なバトンをつなぐために」と誓った。
.
ヨミウリオンライン
広島は6日、68回目の原爆忌を迎えた。
 .
 広島市中区の平和記念公園では平和記念式典(原爆死没者慰霊式・平和祈念式)が開かれ、被爆者や各都道府県の遺族代表、安倍首相、市民ら約5万人が犠牲者を悼み、平和への誓いを新たにした。松井一実市長は平和宣言で、「絶対悪」である核兵器の廃絶と平和な世界の実現に力を尽くすと述べた。
 午前8時からの式典には、海外から70か国と欧州連合(EU)代表部の代表も出席。核保有大国では米、英、仏、露が大使らを送り、米国のルース大使は2010年以来、3度目の参列となった。
.
 この1年の間に死亡が確認された被爆者5859人の名前を書き加えた死没者名簿が原爆死没者慰霊碑に納められ、名簿は計104冊、死没者数は28万6818人となった。
.
 原爆投下時刻の同8時15分、遺族代表らが「平和の鐘」を鳴らすなか、参列者は1分間、黙とう。
.
 平和宣言で松井市長は、原爆による心身の傷や差別、偏見を乗り越えてきた被爆者5人の体験談を紹介。無差別に命を奪い、終生にわたり心身を苦しめる原爆を「非人道兵器の極みであり、絶対悪です」と非難した。日本政府には、核兵器廃絶を訴える国々との連携強化や、被爆者の実態に応じた支援策の充実を求めた。
.
 3月末現在の被爆者は全国で20万1779人。前年同期から9051人減った。平均年齢は78・8歳となり、前年より0・7歳上がった。
.
YOMIURI ONLINE

|

« コミュニティの変遷 | トップページ | 特別な日のテレビ欄 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/52763254

この記事へのトラックバック一覧です: The absolute evil of nuclear weapons/ 68回目の夏:

« コミュニティの変遷 | トップページ | 特別な日のテレビ欄 »