« すずめ仮説:マクロジャーナリズムとエントロピージャーナリズム | トップページ | 餓死=お金の問題 では無い »

2013年8月31日 (土)

病名をつける:薬剤販売促進

“人生遅刻ばかり”病気だった、57歳にして慢性遅刻症候群と診断。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&from=diary&id=2560171 

.

普通に考えれば、

何度か失敗すれば 5分前、10分前と何度かアラームをかけておけば済む。

5時間遅刻をするということは、例えば、その間に昼食や夕食を取ってしまってるということ。時間の感覚が無いなどとは言い訳にならないだろう。単に忘れてるということだけだ。

.

ところが

こんなものに「病名」がつく。単に忘れっぽいヤツに

慢性遅刻症候群

と病名をつけ、美談にしてしまう。

.

この、危うさ。。。幸い日本では認められることは無いだろうが、

こういう病名を付けることによって、これに「効く」とされる薬が売れることになる。

本当に薬物治療が必要な人、そうでないと人生を壊してしまうような人ならしかたない。それから、一定期間使えば治るなら良い。(だけど多くは違う)

.

そもそも、

人はみんな違う。わすれっぽいヤツもいれば、落ち着きの無いヤツも、

突然暴言吐くやつも。。。それで良いんじゃないか。と、普通は皆思ってる。

こういう人の本来持つ多様性を、逸脱として、

社会的には「病名」を付けて、薬物治療の対象にする。

.

これは薬剤メーカーにとっては市場開拓なワケだが。。。

|

« すずめ仮説:マクロジャーナリズムとエントロピージャーナリズム | トップページ | 餓死=お金の問題 では無い »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/53092271

この記事へのトラックバック一覧です: 病名をつける:薬剤販売促進:

« すずめ仮説:マクロジャーナリズムとエントロピージャーナリズム | トップページ | 餓死=お金の問題 では無い »