« 特別な日のテレビ欄 | トップページ | 本当に調査してるのか/エスカレータ »

2013年8月 9日 (金)

長崎、平和宣言

今日は、長崎平和祈念式典、Ustreamとの同時中継?でテレビを見た。これを流してるのはNHKだけなんだけど、途中にいろんな紹介が入る。それはそれで良いnndakedo,Ustreamはそのまま、会場のアナウンスなんかが入ってくれる。
.
広島ののは残念ながら、雑音はカットされてて、それだけじゃなく、音楽までカットされてた。
.
実は両方一緒に流すと、ビミョーにずれてて、音楽とかはめちゃくちゃなので、この方法が良いかどうかは、イロイロある。
.
というのはともかく。
長崎の式典では、国連からのメッセージは流されなかった。
.
このあたりどういうことなのか、よくわからない。
長崎の市長、その他のメッセージからは、この春、日本が核兵器反対に署名しなかった事への怒りが表現されていた。そういう事に触れなかった広島にくらべて、国の態度に真っ向から向かおうとする長崎のスタンスは(それはそれで)評価できるかもしれない。
.
そういう背景と関係してか、それとも無関係か分からないけど、式典では、国連からのメッセージの存在には一切触れられなかった。最後にいろんなメッセージは入り口の所に張られてます。。。というだけ。式典が終わった時点で、国連の本部のホームページなんかを見たけど、そのタイミングではまだ、公開されていなかった。(あったのかどうかさえ、ググっても分からなかった。もちろん、広島には送られてたし、去年だってあったんだから、今年が無いワケ無いけど)
.
.
で、さっき見たらあった。
下の方に貼付ける。
.
この広島の文面、広島の8月6日のすずめ日記に張ってあるので、比べていただけたら面白いかもしれない。(日本のサイトには翻訳もあったのでそれも一緒に貼った)
.
前の日記にもかいたけど、
Security という言葉。ここには出て来ない。
軍事に関してはずばり、disarmamentと言ってる。
広島のSecurityに近い言葉としては、(re) dedicate かもしれない。
.
広島と長崎のメッセージの差。
これは、
(長崎市長の平和宣言より引用)
今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80か国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。
 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します。
(引用ここまで)
という、がっつり、国に真正面から異議を申し立てたこのスタンスに答えてのものだろう。きれいごとじゃない、長崎のスタンスに呼応しているかのように見える。
.
という、2013年
68回目の夏。
68回を刻んでも、まだ、核は私たちの目の前にある。
------
.
長崎平和祈念式典に寄せる事務総長メッセージ(長崎、2013年8月9日)
プレスリリース13-049-J 2013年08月09日
.
本日、世界中の人々が長崎市民の皆様と共に、68年前に長崎市が核攻撃の犠牲となった際、亡くなった何万人もの方々に追悼を捧げます。
.
私たちは、亡くなった方々のことを厳かな気持ちで思い起こすと同時に、生き残った被爆者やそのご家族に敬意を表します。私は核兵器の使用が人類に及ぼすあらゆる結果を世界に伝えようとする、彼らの確固たる努力に深く感銘を受けています。そうした努力は無差別兵器が再び使われることのない未来を一層確実なものとするでしょう。
.
核兵器が私たちの世界にもたらす重大な危険を排除するためには、すべての核兵器を完全に廃絶させなければなりません。そのためには、すべての国家および民族による粘り強い取り組みが必要です。核戦争はすべての人に影響を与えるものであり、私たちひとり一人がこのような悪夢を阻止する役割を担っているのです。
.
こうした問題に取り組んできている長崎大学の学者や研究者の方々を手本にすることもできます。次世代のリーダーや有権者、納税者となる若い世代が、軍縮に向けてまい進するための政策が不可欠であることを理解できるよう、世界中で軍縮・核不拡散教育を強化するのです。
.
軍縮の利点や、軍縮を実現できなかった場合の恐ろしいリスクを一般市民に伝えていく上で、世界各国の市民団体の協力を期待しています。また、世界規模の核軍縮計画を進める取り組みを強化するため、国家間の外交的連携を提唱します。
.
特に、現在核兵器を保有している国々、とりわけ保有量が最大の国々に対し、大幅かつ検証可能な方法による削減に合意し、新規もしくは近代化した兵器の開発を中止し、核兵器のない世界の実現に向けた個々及び共同の努力を加速させるよう、訴えるものです。
.
長崎市民の皆様、また世界中の同志に対し、国連がこの目的を追求するに当たり厳しい姿勢で臨むことを保証します。核軍縮は、私たちが未来の世代に渡せる最大の遺産のひとつです。本日、このビジョン達成のために献身することを改めて誓おうではありませんか。
.
* *** *
.
MESSAGE TO THE PEACE MEMORIAL CEREMONY, Nagasaki, 9 August 2013
Press Release 13049-E 09/08/2013
.
Today, people around the world join the citizens of Nagasaki in commemorating the many thousands who died when this city became the victim of a nuclear attack 68 years ago.
.
As we solemnly remember those who perished, we also pay our respects to the hibakusha and their families who survived. I have been enormously impressed by their determined efforts to educate the world about the full humanitarian consequences of the use of nuclear weapons. Their efforts will help to ensure that these indiscriminate arms are never used again.
.
We must eliminate all nuclear weapons in order to eliminate the grave risk they pose to our world. This will require persistent efforts by all countries and peoples.
A nuclear war would affect everyone, and all have a stake in preventing this nightmare.
.
We may take a lead from the scholars and researchers at Nagasaki University who have studied this issue, and strengthen disarmament and non-proliferation education worldwide so a younger generation of emerging leaders, voters, and taxpayers can understand the vital need for policies to advance disarmament goals.
.
I count on civil society groups worldwide to help inform the general public about the benefits of disarmament and the terrible risks of failing to achieve it. I also call for diplomatic coalitions of States to intensify their efforts to advance the global nuclear disarmament agenda.
.
I especially appeal to the States currently possessing nuclear weapons, particularly those with the largest nuclear arsenals, to agree on deep and verified reductions, stop developing new or modernized weapons, and accelerate their individual and collective efforts to achieve a world free of nuclear weapons.
.
To the citizens of Nagasaki and likeminded people around the world, I assure you that you that the United Nations will be relentless in pursuing this goal. Nuclear disarmament is one of the greatest legacies we can pass on to future generations. Let us rededicate ourselves today to realizing this vision.
.
* *** *
.
平成25年長崎平和宣言
.
.
.
 68年前の今日、このまちの上空にアメリカの爆撃機が一発の原子爆弾を投下しました。熱線、爆風、放射線の威力は凄まじく、直後から起こった火災は一昼夜続きました。人々が暮らしていたまちは一瞬で廃墟となり、24万人の市民のうち15万人が傷つき、そのうち7万4千人の方々が命を奪われました。生き残った被爆者は、68年たった今もなお、放射線による白血病やがん発病への不安、そして深い心の傷を抱え続けています。
 このむごい兵器をつくったのは人間です。広島と長崎で、二度までも使ったのも人間です。核実験を繰り返し地球を汚染し続けているのも人間です。人間はこれまで数々の過ちを犯してきました。だからこそ忘れてはならない過去の誓いを、立ち返るべき原点を、折にふれ確かめなければなりません。
.
 日本政府に、被爆国としての原点に返ることを求めます。 
 今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80か国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同の署名を求めました。
 しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入れられないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府は示したことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します。
 インドとの原子力協定交渉の再開についても同じです。
 NPTに加盟せず核保有したインドへの原子力協力は、核兵器保有国をこれ以上増やさないためのルールを定めたNPTを形骸化することになります。NPTを脱退して核保有をめざす北朝鮮などの動きを正当化する口実を与え、朝鮮半島の非核化の妨げにもなります。 
 日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます。
  非核三原則の法制化への取り組み、北東アジア非核兵器地帯検討の呼びかけなど、被爆国としてのリーダーシップを具体的な行動に移すことを求めます。
.
 核兵器保有国には、NPTの中で核軍縮への誠実な努力義務が課されています。これは世界に対する約束です。
 2009年4月、アメリカのオバマ大統領はプラハで「核兵器のない世界」を目指す決意を示しました。今年6月にはベルリンで、「核兵器が存在する限り、私たちは真に安全ではない」と述べ、さらなる核軍縮に取り組むことを明らかにしました。被爆地はオバマ大統領の姿勢を支持します。
 しかし、世界には今も1万7千発以上の核弾頭が存在し、その90%以上がアメリカとロシアのものです。オバマ大統領、プーチン大統領、もっと早く、もっと大胆に核弾頭の削減に取り組んでください。「核兵器のない世界」を遠い夢とするのではなく、人間が早急に解決すべき課題として、核兵器の廃絶に取り組み、世界との約束を果たすべきです。

 核兵器のない世界の実現を、国のリーダーだけにまかせるのではなく、市民社会を構成する私たち一人ひとりにもできることがあります。
 「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という日本国憲法前文には、平和を希求するという日本国民の固い決意がこめられています。かつて戦争が多くの人の命を奪い、心と体を深く傷つけた事実を、戦争がもたらした数々のむごい光景を、決して忘れない、決して繰り返さない、という平和希求の原点を忘れないためには、戦争体験、被爆体験を語り継ぐことが不可欠です。
 若い世代の皆さん、被爆者の声を聞いたことがありますか。「ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・ウォー、ノーモア・ヒバクシャ」と叫ぶ声を。 
 あなた方は被爆者の声を直接聞くことができる最後の世代です。68年前、原子雲の下で何があったのか。なぜ被爆者は未来のために身を削りながら核兵器廃絶を訴え続けるのか。被爆者の声に耳を傾けてみてください。そして、あなたが住む世界、あなたの子どもたちが生きる未来に核兵器が存在していいのか。考えてみてください。互いに話し合ってみてください。あなたたちこそが未来なのです。 
 地域の市民としてできることもあります。わが国では自治体の90%近くが非核宣言をしています。非核宣言は、核兵器の犠牲者になることを拒み、平和を求める市民の決意を示すものです。宣言をした自治体でつくる日本非核宣言自治体協議会は今月、設立30周年を迎えました。皆さんが宣言を行動に移そうとするときは、協議会も、被爆地も、仲間として力をお貸しします。
 長崎では、今年11月、「第5回核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」を開催します。市民の力で、核兵器廃絶を被爆地から世界へ発信します。
.
 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、未だ収束せず、放射能の被害は拡大しています。多くの方々が平穏な日々を突然奪われたうえ、将来の見通しが立たない暮らしを強いられています。長崎は、福島の一日も早い復興を願い、応援していきます。
 先月、核兵器廃絶を訴え、被爆者援護の充実に力を尽くしてきた山口仙二さんが亡くなられました。被爆者はいよいよ少なくなり、平均年齢は78歳を超えました。高齢化する被爆者の援護の充実をあらためて求めます。
 原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市と協力して核兵器のない世界の実現に努力し続けることをここに宣言します。
2013年(平成25年)8月9日
長崎市長 田上 富久
..

|

« 特別な日のテレビ欄 | トップページ | 本当に調査してるのか/エスカレータ »

平和」カテゴリの記事

コメント

突然訪問して失礼しました。
ありがとうございます ブログの持ち主だけに
100%品質保証!満足保障!
http://www.bagcpy8.com/

投稿: プラダ バッグ 2013 新作 トート | 2013年8月16日 (金) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/52808090

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎、平和宣言:

« 特別な日のテレビ欄 | トップページ | 本当に調査してるのか/エスカレータ »