« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

人はパンのみにて救えない

母子餓死か マンションに遺体

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2441595 

こういう事件があると多くは、生活保護や行政の怠慢を話題にする。

でも、

経済的な理由では無いのではないかな。

.

経済的な理由だけだったら、

子供がいるのだ。

誰かにSOSを出せば

助けてもらえたはず。

110番でもいい。

.

おそらく、そうじゃなく、

鬱病のような、

無気力になってしまうような、

心の問題だったんじゃないだろうか。

そういうのは、

助けが届きにくい。

そもそも本人が助けを求められるような心理的状態だったら。。。

こんなことになりはしないだろう。

.

この子がもっと大きければ、

学校か、幼稚園か、

そういう繋がりがあって、

誰かが気づいてくれたろう。

.

産後1、2ヶ月だったら保健婦さんが訪問する仕組みにしている自治体もある。

でも、幼児になると、そういうセーフティネットも無いだろうなあ。

.

かといって、

行政が個人の生活にどこまで踏み込んでいくべきなのか。。。

.

.

哀しい事件。
.
腐乱遺体、幼児が先に死亡か
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2442371
.
昨日のニュースの続報。
.
こういうのを、どう、防いだら良いのだろう。
冷蔵庫も無いということは、
もしかしてDVなどで逃げていたのかもしれない。
だから、生活保護など、援助を求められなかったのかも。
そして、鬱状態になり、
食欲やすべての気力が無くなり。。。。
この親子がそうでは無かったとしても、
そういう状況なら、餓死というのは、あり得る。
こんな事態をどう、防いだら良いんだろう。
.
条件として、
.
本人は外部に一切アクセスしない
(子供手当や一切の手続きもしない)
子供は学校や幼稚園に行く前
.
こうなると、誰も手の差し伸べようが無い。
かと言って、住民票から母子家庭全世帯を割り出して行政の係官が3ヶ月ごとに個別訪問。。。
っていうのは、プライバシーの侵害。
NPOや民間がやるならともかく、本人が求めないのに、
戸別訪問なんてしちゃいけない。
.
.
さて、すずめ的アイデア。
こういう事情の人、経済弱者の多くは、賃貸住宅だろう。
でもって、こういうことがあると、大家さんは「事故」のあった物件として、
まともな値段で賃貸に出せなくなる。
これは、大損害。
.
なので、大家さんに、「保険」に入ってもらう。
この保険は、自治体が援助するNPOとかが運営してて、
大家さんがこの人は。。。?
っと、思った人の所に、訪問してもらう。
名目は、「賃貸室内管理状況調査」みたいな感じ。
名目は、借りてる人全員を訪問することになってて、
一応、全員を訪問するけど、そこそこ大丈夫と思ったら、サボる。
高齢世帯や、こういう親子だけ、頻繁に訪問。
もちろん、DVやプライバシーには充分配慮。
「賃貸室内管理状況調査」っていう事務的なモノなので、オオカミさんにもバレない。
あくまで大家さん個人の経済活動の範疇なので、行政による管理じゃ無い。
大家さんだって、安心。
費用は自治体が援助するNPO運営なので、ほぼタダ。
.
どうかな。こういうの。
.
.
大阪市北区天満2のマンション一室で遺体で見つかった女性と幼児について、遺体の状態などから、先に幼児が死亡した可能性が高いことが捜査関係者への取材で分かった。母親とみられる女性はその後、間もなく亡くなったとみられる。府警天満署は室内の身分証などから、住人の井上充代さん(28)=職業不詳=と息子の瑠海(るい)ちゃん(3)と見て、死亡の経緯などを調べている。
 捜査関係者によると、女性の遺体はミイラ化し、幼児の遺体はより腐敗が進み、一部が白骨化していた。また、幼児の上半身にはタオルや毛布があり、女性が掛けたとみられる。司法解剖の結果、2人の死亡時期は今年2月ごろとされたが、先に幼児が亡くなったとみられるという。
 室内には僅かな生活用品があったが、冷蔵庫がなく、食料もほとんどなかった。遺体発見時、水道は使える状態だったが、電気は止められており、同署は餓死した可能性もあると見ている。【高橋隆輔、寺岡俊】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

自炊レシピ

こういうおシゴトをされている方用に、
いろいろやってみた実験結果
いろんな書類をスキャンして、
保存しておく時、問題になるのは、サイズ。
何枚もを束ねてPDFにすると、それなりの大きさになってしまう。
だけど、たとえば、ネットなんかにアップする場合、
このサイズの大きさが問題になる。
ネットにアップしなくても、20MBなのか、3MBなのかは、使い勝手が全く違う。
.
そこで実験と結論(今のところ)
.
自炊:
.
本を、スキャン
.
グレイスケール
解像度は、細かい図表があるものは、200dpi 文字だけ読めれば良いものは100dpi
.
註:
ただし、200dpi でスキャンすると、なぜか、エラーが多い。
PCとのマッチングなのか、電圧の問題なのか。
これしきの解像度でエラー(時々、ページの後半が流れて線のようになってしまう。全部ではなく、時々、なる)
150dpiでは、これは起こっていない模様。
.
.
これをpdfにすると、
B5  70ページで 20MB
程になる。
.
これを、アクロバットで
.
別名で保存
ファイルサイズを縮小
.
しても、殆ど小さくならない。
(イラストレータなどのファイルはイラストレータ機能を保持させないと、かなり小さくなる。)
プレビューで別名で保存しても同じ。
.
.
そこで、(ネットで調べてみた)
プレビュー から
.
別名で保存
QUARTZ フィルタ
Reduce File Size
.
で、ダウンサイズしてみると、2MB程になってくれる。
でも、コレはダメ。
文字はかなり読みにくくなる。
.
そこで、
QUARTZ フィルタ
Black and White
.
にしてみる。
コレで、20MBが6MB 程になってくれる。
.
これを、更に、アクロバットで
別名で保存
ファイルサイズを縮小
.
すると、3MB
ほどになった。
.
.
結局、モノクロ2階調なので、
サイズが小さくなったというコトにすぎないのかもしれない。
で、
コレはもちろん、スキャンする時に、最初からモノクロ2階調にしてしまえば、
スキャン時間も少なく、サイズも小さくできるはず。。。なのだけど、
.
スキャンには時間がかかる。
せっかくやるなら、グレイスケールでスキャンして、
これはマスターコピーとして保存して、
それを、Black & White 加工したものを別名保存するのが、安全かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »