« デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視 1 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その3 »

2013年2月12日 (火)

デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その2

昨日のデッサンの話の続き。

.

実は石膏デッサン、

.

本当はここに書いたような、「描き方」の方法がある。この手順の一つ一つは、知っているかいないかでは、相当違うと思うのだが、受験用予備校でも誰も教えない。悩んで自分で体得すべしということだ。

他の人が描いているのを見て、盗め。盗んで、自分の描き方を見つけろということなのだが、時間のロスではないだろうか。どうせ「手順」を習ったところで、うまく描けたりしない。(だけど、習って無い子が習った直後はグンとウマくなる)

更に、昔からデッサンの本は多くあるが、こういう「手順」を説明したものも無い。下で紹介している美大予備校(seed研究所)のサイトは非常によくできているが、これでさえ、最初に何をするかは書いていない。

.

なので、ここで紹介しているものは、

すずめがむか~し、高校の先生に習ったもの(彼の持論は、たかがデッサンで「手順」を教えない事はおかしいというものだった)をすずめが体得する過程でアレンジしたものとも言える。

.

世の中にこういうのを書いたものがどこにも無いので、

コレが標準的かどうかは確かめるすべは無いが、この方法で描けるのは確か

.

っていうワケで

こんなコト、書いたモノ、きっとどこにも無いので、

ずっと書こうと思ってた。

.

----------

.

前置きが長くなっちゃったけど、

昨日の続きの分

.

像の測り方の続き。

.

次は、

左右と上下の両端を結ぶ線を描いて、この確度が像の実際の確度と同じかもう一度確認する。これも算数の作業。こういう作業によって、脳に騙されないで対象と向き合っていく。

Dmo1e

 

こういった作業を繰り返して行くことによって、対象の形を写し取っていく。一本の線についてミスをすると、次の線も間違ってしまう。常に検算を繰り返しながら測るのが大原則だ。

以上のプロセスを繰り返していくと、だんだんと形が見えてくる。

Dmo1f

 

こういう風に始めて...

徐々に細部のフォルムを追いつめていく。

.

たとえば、こんな感じに。

http://seed-art.com/kawano/lec/d_recture/01_geta/01_geta.htm

ここの

.

デッサン講座

.

ゲタ

.

の項を参照。

.

このサイトの他のページにもデッサンの制作過程が出てくるのだが...

そのプロセスの最初の図に至るまでが大変なのだ。

この最初の一枚目までが概ねミス無く描ければ、デッサンは成功していると言えるのだが、

そこまでのプロセスを説明したものは、今まで見た事が無い。

(シード研究所の説明でも出て来るように、この状態以降の手順や方法を説明をしている本などは多くある)

.

(補足)

デッサンに興味のある方はこのサイトおもしろいのでおすすめ

幼児から、コドモになるに従ってのモノの形の捉え方の変化など、イロイロおもしろい。

.

--------

.

っと、こういう作業が脳に騙されないで

見えたものを把握するテクニック。

.

次は、

いかに騙すかというテクニック。

.

(今度は円柱で説明します。。。っていうのはまた明日)

---------------

補足です。

一つ前のコメントに書いた内容。

.

構図の中でモリエールの頭を切ることについて:

.

>頭を切る

実は上のプロポーションだと、上下方向には余る感じになってしまう。

石膏像はB2や木炭紙と言われるサイズに描かれるため、どこを切るかは、紙のプロポーションに依存する。 (真四角の紙があれば良いんだが)

.

実際、上の正面の場合、左右にキツくなるが、上下に紙を余らせて、左右にも余らせると、像がとても小さく感じる。

47326798_1960909735s_2

Ddemori1

 

たとえば、この絵は、右がほぼ垂直なので切ることができない。しかし左側は像の手前になるため、切ってしまうと立体感が出せない。苦肉の策としてどこも切らないと、像が小さく見える。

.

モリエールの場合、胸板の厚みはそれほど無い。両肩を切ってしまうと、胸板の厚みが出ないので、像によってはNGだが、モリエールの場合は胸板が平らなので、許されるかもしれない。

.

たとえば、こんな感じ

De2

 

モリエールは大きな像だ。

大きさを感じさせるためには、普通では切らない両肩も、切るのは正解であったりする。

De3

 

ただし、切るとしてもどの分量を切るかは、難しい。

.

片方を切り、片方を入れると、入れた方が手前に、切った方が後ろに行く。

両手を切るなら外の輪郭のカーブに気をつけたい。切った先が想像できる範囲で切ること。ズバッと切ってしまっては全体の立体感が損なわれてしまう。

像の立体感を計算した上で切らなければならない。

.

続きは次の日記

|

« デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視 1 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その3 »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/49356554

この記事へのトラックバック一覧です: デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その2:

« デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視 1 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その3 »