« デッサンの方法論/見破る力 その5 | トップページ | Season's Greetings♪ »

2013年2月12日 (火)

デッサンの方法論 ラスト/たかがデッサン

のっけから、補足だけど。

最初の日記で、美大受験生なら誰でも。。。っと書いたのは実は、ちょっとウソ。

.

美術大学の受験課題は概ね、静物画。

石膏デッサンは、それ専用に勉強していないと描けない。

昔、すずめが受けたころは、石膏デッサンを要求していたのは、デザインはタマビと、ムサビのキソデ、ゲーダイとか位じゃなかっただろうか。他の学校は静物。(受験生的には静物だとかなり難易度が低い)

今は、私大では石膏を要求しなくなった。ゲーダイだけ。

だから、実は、そのランクの受験生しか訓練していないので、うまい子はすっごく限られる。

.

.

ついでにもう一つ、補足

.

昨日書いた、

骨格からくる、「力の集約点」

昨日の日記では、

モリエールの頬に★をならべて、ここに目印の点があるから、ここを基準に立体を捕らえて描く

.

っていう感じ書いたけど。

もうちょっと具体的に言うと。。。

.

たとえば、こんな感じに。

.

http://seed-art.com/kawano/lec/d_recture/01_geta/01_geta.htmここの

.

デッサン講座

ゲタ

の最初のサンプル。

.

この荒い線だけで追った絵、

所々に鉛筆の先を付いたような、点が見えないだろうか。

ちょっと濃くなっている部分。

荒い一本ずつの線をよく見ると、この「点」からいろんな方向への線が始まっている。

.

ゲタの下のマルスの一枚目にも、同じ事が言える。こっちは面で追っているが、やはり点(鼻の頭とかね)からいろんな面が広がっている。

像、そのものが持っている力を集約した点から、線や面を広げていくことによって、像の全体構造を捕らえていく。

.

具体的に言うと、こんな感じ。

.

-----

さて、本題。

.

.

存在 

.

デッサンはこういう哲学的とも言える論拠がある。

しかし、哲学と大きく違うであろうこととしては、

.

こういったすべての哲学的プロセスに、

非常に物理的な ソルーションが存在することだ。

そして、そのソルーションには何通りもあったりしない。

時として、正解はたった一つしか無かったりする。

.

存在を把握するための集結点の位置は

「ここ!」

石膏像の頭を切ったら、下は切ってはいけない

というように。

.

この陳腐なまでの具体性はデッサンならではのことではないだろうか。

こういう具体的な手順を重ねて行くことによって、

白い紙の上に

立体が表現されていく。

.

デッサンほど、

多くの示唆に富んだものは無い。

.

しかし、

間違ってはならないのは、デッサンは単なる「練習」にすぎないということだ。

石膏デッサンは作品というより、単なる製作物。

紙のサイズにさえ、文句はつけられない。

たかが練習だからだ。

>

練習なのだから、これを通して、何か別の物を得なくてはならない。

.

たかが、デッサン。

どこまで行っても「たかがデッサン」だ。

全員がデッサンからは、卒業する。

いろんな意味で。

.

それでも尚、

あまりにも魅力的

デッサンという存在。

|

« デッサンの方法論/見破る力 その5 | トップページ | Season's Greetings♪ »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/49357105

この記事へのトラックバック一覧です: デッサンの方法論 ラスト/たかがデッサン:

« デッサンの方法論/見破る力 その5 | トップページ | Season's Greetings♪ »