« Season's Greetings♪ | トップページ | 学校というセーフティネット »

2013年2月17日 (日)

iPodとiCloudマシン、非対応マシンのデータ共有

個人的な覚え書きとして。
,
最近、cloudを使用してる人も多いかもしれないが、非対応の機種を混合して所有している場合も多いのではないだろうか。
.
私の場合は
.
Air Mac 持ち歩き用/ Lion  :iCloud 対応(去年4月購入)
iPod Touch :iCloud 対応(2年前4月購入)
Mac book pro メインマシン / Snow Leopard :iCloud 対応(2年前4月購入)
このたった1年の差がCloud 対応の明暗を分けている。
.
Snow Leopard では Mobile Meとして有料だったものが、1年後のLionではiCloud としてストーレッジも5GBまで無料になっている。もちろん有料でのMobileMe なんて使いたく無かったので、非登録だった。
ところが、この間、妹が、「Cloudはすごく便利!」と言う。(後述)
なので、今更ながら。。。AirをCloudにつなげてみた。(proが非対応なので、あえて切っていたのだった)
.
すると
iPod とAirはかなりスムーズにデータ共有してくれる。
私の主な目的は、とりあえず、「スケジュール (MacではiCal)」だ。
このデータ共有は充電の時に、手動管理していたのが、つなげていなくてもWifiでやってくれる。
っと、喜んでいたら、Proとの共有ができなくなった。しかしこのできなくなったタイミングは、今回のCloudにつなげたタイミングではなく、1ヶ月程前にiTuneをアップグレードした時らしい。。。なので、実は今回のCloud化とは無関係。そのうち解決しようと思って放置。。。
.
.
で、今回、解決。やっぱり不便というより、スケジュールなんでアブナイ。。。
まず、第一に、調べると、スノーレパードにはどうやってもiCloudは搭載できないらしい。
一番の問題は、
iPodには、Airと共有しているデータが入っている。
だから、これとProで時々、気まぐれに書き換えたデータと結合できれば良いってことなのだ。
.
が、それができない。
なぜなら、iTuneの新しいものはCloud対応なので、データはCloudからというサインしか出て来ない。iPodからの直接移植がチェックできなくなっている。でもPro本人は非対応なので、それを無視。
.
で、
言ってみれば、簡単なんだけど、
要するに、iPod側から、Proにつなぐ時に、iCloudを外してやる。(システム環境設定のiCloudの所にある。チェックを外すなら、全部ではなく、移植したい項目だけに限ること)
ただしこの時、必ず、iPodにデータは残す/削除しない。
.
そうした上で、ProとiPodのデータを結合させると、iPodにもProのデータが追加される。
で、それを再び、iCloudをオンにしてやると、つなげなくても自然にiCloudのデータはAirに載る。
というコトで、
iCloud対応マシンと非対応マシンをつなぐ方法が確立できたワケだけど。。。
コレはアナログ的にとらえれば、どんなiCloud比対応マシンでも、iPodを買えば、コレをルータ代わりにして無料のiCloudが使えるというコトでもあるね。

実は、コレは「試し」でもあった。
妹(Winユーザ)がクラウドは便利!
と言っていたことだ。
昨今、Drop Boxだの何だのといろいろあるが、使っていない。今でさえ、AirとProのデータの照合がめちゃくちゃ面倒。
カレンダーなら良いのだけど、他の細かい書類。。。書き加えたものなどをどう、照合すれば良いか。怖いので、AirにProから移植した書類が入っていても、消せないことがある。こういうのを解決してくれるのが、Time Machineなんだけど、信じ切れない。
ちょっと手順を間違えれば、何時間もの作業がパ〜になってしまうからだ。
で、データをすべてiCloud上に上げておいて、そこで修正すれば、この問題は解決する。。。のだが
でも、これはモバイル環境が常に整っているという事が前提で、東大の場合は学内でほとんどランが使えないので、駄目。加えて、メインマシンであるProが非対応なので、そもそも無理。。。(iPod経由で乗せられるけど、そんな重いのは無理)

ただ、こういうのを「自動」でやってもらうコトに、ちょい、怖さを感じざるをえない。たくさんの仕事用のファイルがパ〜になる可能性もある。そうならないためには、バックアップを取れば良いんだけど、だったら、今のままで良いじゃん。。。っと。
なので、ちょっとした試し運転。
おそらく、iCloudは仕組み的にSnow Leopardには載ると思うけど、でも、Snow Leopardユーザは有料でMobile Meを使ってて、こういうヒトたちとの商売を切りたく無いんで、使用不可にしてるんだろうなあ。

ライオンかスノーレパードか
本当はこのMacBook Proを今のLionかMountain Lionにアップグレード(もちろん有料だけどたしか、1700円?)すれば、こんな問題は一挙解決。。。なのだが、
我が家の場合、MSOfficeは2004なのだ。ラッキーな事に一昨年購入したスノーレパードにはインストールできるけど、アンラッキーなことに、去年購入したAir MacのLionには載らない。
そもそも2004はファイル形式が旧式のDoc。もう、限界であるのは承知だけど、でも、Officeは別に高いパフォーマンスを要求してもしょうがない。。。(アホくさっ)開いて書ければ良いだけ。なので、買いたく無い。買うなら来年4月予定。特にこのcloud関連での整備が進む中、一日でも遅くしたい。

|

« Season's Greetings♪ | トップページ | 学校というセーフティネット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/49460288

この記事へのトラックバック一覧です: iPodとiCloudマシン、非対応マシンのデータ共有:

« Season's Greetings♪ | トップページ | 学校というセーフティネット »