« 救急たらいまわしデータ:昔の日記 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その2 »

2013年2月12日 (火)

デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視 1

これは3年程前にMIXIの日記に書いた記事。
アクセス数を見ると、なぜか、石膏像ラブ の記事のアクセスが高い。

なので、こっちも転載することにした。
.
石膏デッサンの具体的な描き方
.

前にもちょっと描いたけど、

美術を志す者が必ずやる訓練であるデッサン。

これは非常に示唆に富んだものを含んでいる。

.

.

私たち、目に見えているものと、

感じているものには大きな違いがある。

.

.

先ず、デッサンではこの差を埋めていくことから始める。

感じている事に騙されないこと。

確実に見えているものだけを把握する事。

そこが最初のスタートラインだ。

そしてそこから、目で見えるものをどう変えて、脳を騙すか。

それによって、写真ではできない、重さ(量感)を表現する。

.

デッサンが面白いのは、このそれぞれに、非常に具体的な方法があること。

でも、その複雑な方法は、ほとんど成文化されていない。

.

今回は、それについて書いてみる。

.

------

.

先ず、テーマにはコレを選んでみた。

.

モリエールの石膏像。

Dmo1a

 

ウードン作。

石膏像としてはそんなに難易度の高いものではない。美大受験の学生ならまあ、描ける。

.

でも、やったコトが無い人は、戸惑うのではないだろうか。

こんなものを、どう、描いたら良いのか。

おそらく、皆目分からないに違いない。

頭から描く?

鼻と目から描く?

真っ白な紙のどこへ?

.

手順を知れば簡単(ウソ)

.

------

.

さて、コレを真っ白の紙に描く時、まず、どうするべきか。

最初のアクションは

紙の上に十字を引く

Dmo1c

 

さて、次。

ここで脳に騙されないという作業に入る。

.

私たちの網膜はモリエールを正確にうつしているはずだ。

だったら、全体の形、把握できているはず。

しかし、分からない。

.

たとえば、

モリエールの横幅と立て幅、どっちが長い?

ほぼ、縦が長い。

縦横比率はどの位?

きちんと網膜がうつしているなら、分かるはず。

これがシンプルな四角だったら、分かるのだから。

でも、

私たちはモリエールの複雑な形にごまかされてしまっていて、これを正確に言うことはできない。だから、先ず、鉛筆を対象に合せて測る。

Dmo1b_2

 

よく、デッサンをしてる人のポーズとして、対象に向けて鉛筆を向けて伸ばしてるのがある。鉛筆を定規にして、遠くの石膏像のサイズを測っているのだ。

鉛筆というスケールがあっても、あんなの測れるはずがない。だけど、鉛筆が視界にあることによって、脳にごまかされなくなる。

.

さて、それを紙にどう、投影するか。

.

先ず、石膏像の一番上と下を決めて、紙に印をつける。その印の位置は真ん中の十字の縦線からどう、ズレているかを目安にする。

.

これで、縦方向の長さが決まった。次に、この割合で鉛筆で測った割合で横幅に印をする。

.

どうだろう。ここまでの作業。本当は美術というより、算数に近くないだろうか。

.

.

この時点で構図が決まるわけだが、

ここで、脳を騙すためのテクニックを使う。

.

石膏像を紙の中にきちんと入れると、小さく見えてしまう。

そこで、画面に広がりを作るために、紙から少し、はみ出させる。

.

多くの場合、石膏像は下から見上げるので、上の頭の先をちょこっと切る。

.

ズボッと抜いてしまうと、頭の丸みが出ない。なので少しだけ。

だが、頭を切ったら、下は絶対に切らない。紙の中で上下に棒のようにはみ出してしまい、量感を表現できなくなる。

頭を切ったら、できるだけ、左右の両端は切りたく無い。

.

モリエールの場合はこんな感じ。

Dmo1d

 

(注意:この写真はほぼ、正面から見ているので、この位置からだったら、頭は切らない。後で紹介する本物のデッサンは下から見上げているので、上を切ることに意味がある)

.

っというコトで、

続きは明日。

 

|

« 救急たらいまわしデータ:昔の日記 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その2 »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/49356300

この記事へのトラックバック一覧です: デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視 1:

« 救急たらいまわしデータ:昔の日記 | トップページ | デッサンの方法論/視覚と脳でつくる錯視  その2 »