« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月18日 (金)

某区のアナフィラキシーへの理解

某区に例のアナフィラキシーショックの件で

メールしたんですけれど、返事来ました。

うーん、

分かって無いっていうか。

学校の調査票にそういうのを書けるってのは知ってて、

なので、

勝手に書きたい人が何でも書けるっていう空欄で用意するんじゃなくて、

「蜂にさされたことがありますか?」

という具体的『質問』として書くべきっていう提案だったんですけどね。

多くの人は、蜂に刺されて2回目が危ないって言う事を知りません。
3万回蜂に刺されてもオッケーな山田養蜂場じいさんのように、素人は、たくさん刺されれば丈夫になるって信じてます。

なので、こういう具体的質問をすることによって、その注意喚起になるっていう意味で書いたんですけれど。。

On 2013/01/18, at 10:48, 区民の声 wrote:

区民の声24-2404

平成25年1月18日

xxxxx 様

xxx区教育委員会事務局

学校健康推進課長 xxxx

学校でのアナフィラキシーへの対応の提案について

日ごろより、xxx区の学校教育にご理解を賜りありがとうございます。

また、今回は貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございました。

学校では、児童・生徒の健康情報の把握をするために、入学前は「就学時健康診断票」、入学後は毎年保健調査表において、アレルギーなど学校に伝えておきたいことを保護者より提出していただいています。さらに、学校生活において気管支喘息や食物アレルギー対応など、留意しなくてはいけない児童・生徒のいる家庭には「学校生活管理指導表」を提出していただいております。「学校生活管理指導表」の質問項目には、食物、昆虫などによるアナフィラキシーの既往歴、主治医の連絡先、緊急連絡先なども記載するようになっております。

また、この「学校生活管理指導表」をもとに、学校長、担任、養護教諭、栄養士などで組織する検討委員会において、アレルギーのある児童・生徒に対する校内体制や情報の共有をおこなっております。

このように、児童・生徒に対するアナフィラキシーへの対応については、兼ねてより、安全に配慮した体制で取り組んではおりますが、今回、調布市で起こった大変痛ましい事故を教訓に、再度、校内体制の徹底を図っていきたいと考えております。

今後も、xxxx区の学校教育にご理解・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

《お問い合わせ先》

学校健康推進課 学校給食係 xxxx

電話 xxxx

学校健康推進課 学校健康推進係 xx

電話 xxxxx

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

力学構造は同じ

桜宮高全教員の異動を 橋下氏
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2290402
学校は教員と生徒たちのもの。決して政治家のものではない。
なのに、上が命令すれば壊す事ができる。
この力学構造は、体罰と同じ。
橋下氏は
徴兵制を支持していた。
強い者の意志は、すべて通る。
徴兵制、軍隊という発想そのものが、それだ。
国家、領土、その他に対する思想も根源はそこ。
要するに、「強さ」というスケールがそのまま価値感。
強くなるべき。
体罰の意図はそこにある。
強い者なら、なぐっても良い。
その問答無用のロジックは、強い者のみが是。
強く無いものの価値は低いということでもある。
これが、支持したい人たちだけのものなら良い。
だけど、
ポピュリズムという方法論を持つと、恐ろしいことになる。
この背後の力学を知らない人たちも、
アイドルのごとく支持し、
アイドルは強大な力を持つことになる。
歴史がおしえてくれる。
その典型的な例が ヒットラーだ。
コイズミ時代、
日本では、おなじポピュリズムの旋風が吹き荒れていた。
アイドルはコイズミ首相
でも、もと郵政系の彼はそこまでワルじゃなかった。
是か非はあるだろうけど、アレが、軍事系だったら、どんなに怖かったコトか。
いわゆる、「軍事政権」が日本に誕生していたことになる。
我々が否定すべきは
「体罰」じゃない。
強ければ、どんな方法を使っても良い。
強くなるためには、どんなことも許される。
その論理に
敢然と No!
と言うべきなのだ。
-----
 大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の男子生徒(17)が自殺した問題を受け、橋下徹市長が16日、同校の佐藤芳弘校長ら教員44人の全員を人事異動させるよう要請したことが分かった。橋下市長は「桜宮高校の伝統を断ち切る」と体制の一新を求めているが、市教委は「現実的には難しい」としている。
 橋下市長は2月に予定していた体育科とスポーツ健康科学科の入試を中止するよう市教委に要請。さらに、市教委幹部らに対し、普通科の入試についても、「校長や教員の総入れ替えは最低条件」などと指摘。入試中止なども含め、「混乱を甘受してでも、学校そのものを一から立て直さなければならない」としている。
 一方、市教委は16日、入試中止要請に対し、同日午後3時までに計52件の意見が電話やメールで寄せられたことを明らかにした。このうち48件は「夢をつまないでほしい」「進路が決まっている時期の中止は影響が大きい」などの反対意見だったという。同校を目指す中学生の保護者が不安などを訴える意見も12件あった。【津久井達、茶谷亮】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

自炊の実験

 Testpre

ミクシーの日記の転載*
ちょっと前に
.
壊れたかも。。。
線を繋ぎ直したらオッケーになった。。。.
.
っと。
書いてたスキャナ。
当時も
. 
線を繋ぎ直したので治ったってのは、勘違いっぽいけど。。。っと、
思ってはいたけど、
やっぱし、壊れた。

. 
コレ、
3万弱だったモノ。9000F
. 
でも1年以上たってる。

ケーブルの口が犯人だとは思うけど、

コレを修理したとしたら、
おそらく1万はかかる。
. 
新しいのをみると。。。
解像度が半分のが、8000円
でも、バッテリはUSBで取れる。
A4

. 

イロイロ実験してみた。
. 
まず、データサイズ
. 
改めて実験したくないので、まあ、
アバウトに。
. 

機材は、
キャノンの 
canoscan Lide210

購入価格として9000円弱位だったか。
A4
. 

OCRもついてる。

. 
さて、
でもって、夕べは何冊か図書館で本を借りて来て、
ざっと読みながら、重要そうな場所をスキャン。
以下、どれもA4サイズ
. 

. 


患者の権利と医療の安全.pdf 32.9MB 103page 150dpiグレイスケール
患者の権利と医療の安全ss.pdf 30.1MB 103page 150dpiグレイスケール
患者の権利と医療の安全s.pdf 25.9MB 103page 150dpiグレイスケール
. 

患者の声を医療に生か.pdf 1.1MB 10page 100dpiグレイスケール

医療人間工学.pdf 1.7MB 11page 100dpi グレイスケール

患者不満とリスクマネジメント.pdf 26.3MB 25page 150dpi カラー


testpre.pdf 401kb

. 

って、ざっと、虎居あんど鰓 しながらなんで、イロイロあったけど。
コクリコ坂と、光る目を見ながら、ボチボチ
慣れれば、きっと100ページ30分かも。。
. 

上は読みながらのピックアップなので、時間はかかった。
コピーを取ることができるので、結果的に、後でしっかり読もうというのと、
コレはくだらない。。。って思うのと、イロイロあるわけで、
でも、上の4冊のうち、1冊は完全にハズレ。
もう1冊は、中の一部だけが必要(友人が書いてるんで、他はどんなのか分かってる)
もう1冊はナナメ読みでかなり分かったんで、コレで返して良いかな。。。ってレベルのもの。最後の1冊は、コレはしっかり読もう。というものだった。
なので、4冊の本を、しっかり読むを入れて2日で処理できるとなると、
かなり合理的。
. 
今回、修論のテーマになってる本が書架として、二つ分位なので、まあ楽勝かな。
この方法なら、全部読んでも1ヶ月かもしれない。
. 

さて、
. 
最初は、カラーで取ってしまった。

. 
患者不満とリスクマネジメント.pdf 26.3MB 25page 150dpi カラー
. 
25ページで150で 26MB うん。なかなか重い。
(こういうデータサイズは文字やデザイんによって違うので注意)
. 
次に、
患者の権利と医療の安全.pdf 32.9MB 103page 150dpiグレイスケール
. 
グレースケールにすると、32MB
でも、コレ、見開き 103ページなので、本当のページにすると206ページ
本1冊32MBならイイ。
. 
1ページざっと 300kbかな。
. 

で、コレを
. 
アクロバット プロフェッショナルで サイズダウンすると。。。25.8MB
プレビューで 再保存すると、30MB
. 
以前も書いたけど、こういう純粋な画像系?のPDFだと、プレビューはあまり小さくしてくれない。

. 
で、次は、
100 dpiと解像度を下げても良いのではと、
100dpiにしてみる。

患者の声を医療に生か.pdf 1.1MB 10page 100dpiグレイスケール
. 
医療人間工学.pdf 1.7MB 11page 100dpi グレイスケール
. 
こんな感じ。
概ね、
. 
1ページ 150kb ってとこか。
. 
もちろん、スキャン速度は解像度が小さいほど、早い気がするから、それで良いかも。
普通の本の本文は遜色無い。
多少あるとすれば、論文なんかの場合、注釈のコマカイ字が、書体によってはどうかな。っていうのと、データのテーブルとか、グラフ、写真はどうかな。。。って所はある。
(でも、まあ、使える範囲かも。だって、コピーと同じレベルだと思えばいい)

. 

さて、
コレをテキスト化してみる。
. 
まず、その中の 適当な1ページ。
表題があって、文字が固まってる標準的な部分。
. 

見本の画像をアップした。
コレはJPEG
解像度は150

. 
PDFなので、近頃のアクロバットでは、コレをテキストとして、読んでくれる。
コレを ワードに貼付けてみる。
誤字の様子は下記の通り
. 


]36 第皿部 医療事故からの克;Rを日指すために
3 5 Treatment inluryの問題点
――因果関係の要件と無過失スキーム貫徹の困難さ
しかし,Tlca●■lcnt lnJuryという概念は 常に息者側に満足な結果をもたら
すとは限らない すなわち,Treat llellt lnluryといえるためには, まず,人身
侵害がTreatnlcntによつて生じたこと(因果関係)が必要となる しかし,人
身侵害がTreat nentによつて生したのか,それとも他の原因によつて生じた
のかを容易に認定することができない場合は少なくないことが予想される 例
えば,事故71償法は,Tleatnlcnt lnJuryとはいえない人身侵害として,患者の
潜在的な健康状態に,全面的またはかなりの程度,起因する人身侵害は含まれ
ないとしている19が,たCがこれを理由に補償をIFんだ場合に,患者側が最
終Hlには民事.lF訟を提起して,自ら因果関係を立証する必要に迫られる
しかも,Trcatnlent lllluryが本当に無過失スキームの中で理解しうる
. 

コレを、
スキャナについてる OCR 読み取り革命 とかナントカにやらせてみる

. 
336

第m部医療事故からの克服を目指すために

3,5 Treatment lnjuryの問題点
   ‥因果関係の要件と無過失スキーム貫徹の困難さ
 しかし,Treatment lnjury という概念は、常に患者側に満足な結果をもたら
すとは限らない.すなわち,Treatment lnjury といえるためには,まず,人身
侵害がTreatmentによって生じたこと(因果関係)が必要となる.しかし,人
身侵害がTreatmentによって生じたのか,それとも他の原因によって生じた
のかを容易に認定することができない場合は少なくないことが予想される.例
えば,事故補償法は,Treatment lnjury とはいえない人身侵害として,患者の
潜在的な健康状態に,全面的またはかなりの程度,起因する人身侵害は含まれ
ないとしている19’が,ACCがこれを理由に補償を拒んだ場合に,患者側か最
終的には民事訴訟を提起して、自ら因果関係を立証する必要に迫られる.
. 
おおっt。。。そこそこ賢い。
. 
もひとつ、トライ。
こちらは、この間購入した、
Mac用の
. 
OCR コンバーター プロ
っての。確か 1700円とかだったソフト
こちらは、PDFからスキャンしてくれるので、ページでもやってくれる。
. 

336

第m部医療事故からの克服を目指すために

3,5 Treatment lnjuryの問題点
   ‥因果関係の要件と無過失スキーム貫徹の困難さ
 しかし,Treatment lnjury という概念は、常に患者側に満足な結果をもたら
すとは限らない.すなわち,Treatment lnjury といえるためには,まず,人身
侵害がTreatmentによって生じたこと(因果関係)が必要となる.しかし,人
身侵害がTreatmentによって生じたのか,それとも他の原因によって生じた
のかを容易に認定することができない場合は少なくないことが予想される.例
えば,事故補償法は,Treatment lnjury とはいえない人身侵害として,患者の
潜在的な健康状態に,全面的またはかなりの程度,起因する人身侵害は含まれ
ないとしている19’が,ACCがこれを理由に補償を拒んだ場合に,患者側か最
終的には民事訴訟を提起して、自ら因果関係を立証する必要に迫られる.

. 

. 

うん。
ニホンゴ、ダメダメとは思ってたけど、
結構できてる。
. 
すごい。。。
. 

さて、このMacのお安いOCRでは、
200ページ以上のPDFを
即座に前ページテキスト化することができる。
とは言うものの、
上のサンプルのように、しっかり固まった部分だけをやるのとちがって、
余白、そのほか、めちゃくちゃ。
なので、コレで1冊読もうとなると、かなりの忍耐がいる。
. 
が、データサイズとしては、
483kbとなる。
. 
しかも、
「検索」ができる。
. 



結論
OCRの100dpiはトライしていないが、
150でやってもデータサイズとしてはそれほど無茶なモノにならない。
将来、二次利用などを考えると、(特に図など)
150で取り込んでおく方が良いかもしれない。
. 
まず、データをマシン内でしっかり読みながら、引用したい部分を
スクリーンショットなどで切り取って、ピックアップ。
それをまとめてOCRにして、
論文には貼付ける。
. 
その一方で、
資料集として、
すべてをOCRでテキスト化して、検索できるようにしておくのも一興。
というか、複雑にいろんな資料を使う人には、便利かも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

肯定できる体罰があるとすれば

「体罰8-10回」遺族と食い違い
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2284241
.
以前、ドラマ 三年B組金八先生 で、
キンパチ先生が、体罰をふるう。。。というのがあった。
.
しかし、その正当性、脈絡にはリアリティが無かった。
詳細は覚えていないが、ドラマのそのストーリーの中で、
キンパチは、別に子供をなぐる必要がなく、
殴る行為は何も必然性が無かった。
.
単なる儀式として行っていたかのようなストーリーだった。
.
.
当時も、社会では教師の体罰が問題になり、
たしか、このころから、社会全体のコンセンサスが得られ、
体罰は全面禁止。。。のようなイデオロギーが浸透したような局面にあったと記憶している。
このころも。。。そして、今も、
体罰全面禁止には、本当は多くの人が
完全に是と言え無い。。。言え無い部分を持っているはずだ。
.
ただ、概ね、すずめが一つ前の日記に書いた通り、
理屈としては、NO
.
そんな中で、キンパチは、そのNOに
反論がしたかったんだろう。
本当は、完全にNOではないという私たちの咀嚼できない部分に、何らかの異議を唱えたかったのではと思う。
.
.
しかし。。。
ストーリーが釈然としないものだったのには、理由があるのではないか。
キンパチは、体罰や、そのほか、多少なりとも暴力的なスキンシップを行う方向性のキャラクターでは無かったから。
生徒との関係性でも、そういう力によって関わろうとするタイプではない。
だから、一度やそこら、殴った所で、
それが、教育的効果を生むことにはならない。
あるとすれば、彼自身の怒りの発露だけで、それはさすがにキンパチと言えども肯定できない。
.
.
もし、このニュースの教師が、今の時代でも、体罰的な事を教育の中に入れ、
しかもそれに連続性があるなら、それは、テクニックとして行っていたことになる。
多少なりとも理解できるのは、スポーツの世界での特殊な効果だろう。
ギリギリの辛さまで鍛える事を、「伝える」それも、試合や卒業までの目標だけでなく、代々、先輩から後輩に伝えるという方法論の中で、
体罰というツールは上手に機能することもあるだろう。「厳しさ」に耐えた時の達成感は陶酔とでも言えるようなものを創りだす。それだけではなく、結果的に不成功であった時すら、そうだろう。負けても、連帯感は創りだし、それは、青春の思い出としての「成果物」となる。
そこには「厳しさ」は不可欠なツールであり、その演出としての体罰は、アリ であり続けたという事実はあるはずだ。
学生たちの中で、体罰を是とする理屈に、
「愛情があった」とするが、
本当にその教師が彼を愛していたかどうかは別として、
組織としてのこの効果を「愛」のツールとして使っていたのかもしれない。
.
なので、
もし、そういう是とできるような体罰であったとすれば、
それはキンパチがやったような、
儀式のようなものではなく、
恒常的に、行われているようなものだろう。しかも、軽微なものであるとかではなく、
厳然と、「厳しさ」を演出するようなものであったはずだ。
逆に、それが、軽微なものであったり、
希に、何か怒るような事態があって、それに対する感情の発露任せて行われるようなものであったら、許せない。怒るような内容のものを防止する懲罰としてであれば、一回たりとも許せない。
.
いずれにしても、
その方法論が、
一つ前の日記に書いた通りの理由で許せないのは言うまでもないことなのだが。
.
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-e921.html
.
---------------
.
 大阪市立桜宮(さくらのみや)高校(同市都島区)2年の男子生徒(17)が、所属するバスケットボール部顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題で、この日の体罰について顧問が市教委に、生徒の頬と頭を計8~10回たたいた、と説明していることが分かった。生徒の両親は「30~40回と息子から聞いた」と証言し、大きく食い違っている。しかし、市教委や高校は当初の会見で「数回」などと過少に説明しており、対応のずさんさが明らかになった。市教委は顧問から再聴取する。【原田啓之】
 市教委によると、自殺5日後の先月28日に顧問から状況を聞いた。顧問は、同18日の練習試合では「平手で生徒の頬を2、3回たたき、側頭部もたたいた」と、同22日の練習試合では「頬を4、5回平手で、頭を4、5回指先でたたいた」と説明したという。
 これに対し、生徒の両親は取材に対し、「18日は10回くらい殴られたと本人から聞いた。22日は30~40回と言っている」と証言。18日に生徒が帰宅した際、口の周りに血がついており、23日に自殺した際も頬が腫れ、口が切れていたという。
 しかし、市教委や佐藤芳弘校長は今月8日の会見で「顔を数回たたかれた」「指先が当たる感じ」と体罰が軽微だったかのような説明に終始。生徒の両親から「30~40回」と指摘されていたのに、会見で説明しなかった。
 また、生徒への体罰の頻度について、顧問は聴取に18、22の両日だけだと話した。しかし市教委は、部員アンケートの結果などから「かなりの頻度だった」とみており、改めて話を聞く。
 聴取の際に顧問は、体罰の理由を「選手の気持ちを発奮させるため」「気合を入れていた」と説明。「周囲の目を考えることもあったが、体罰をふるっているときは考えられなかった」と冷静さを失っていたことも告白した。強豪校の監督として「プレッシャーがあった」「(生徒に)厳しすぎた」と漏らしたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし校長が教諭を殴る支配だったら。。。自殺する部下が出てもおかしくないだろう

確かに。。。

.

体罰、肯定できる存在、

特に体育会系のノリを作るためにも不可欠。。。そういうのってアリかもしれない。

..

.

でもって、生徒自身、それがアリと考えている子が99%かもしれない。

残りの0.9999%の子はもし、そうじゃないと思えば部活だったらやめればいいし、部活じゃなければ誰かに相談すればいい。

最近の学校には、カウンセリングの先生もいるし、

そういうのを隠蔽させない工夫だってしてる。

きちんと、言葉の暴力等に関しても、啓蒙的な方策もしてる。

.

だけど、0.00001%の子はそういう回避行動ができない程、心を病んで(弱らせて)しまう。。。体罰にはそういう部分があるはず。

体罰がコミュニケーションだとしても、そういうタイプのもの。

関係性の構造としても、「支配」関係。

もし、体罰に、不登校や不良化を防ぐ機能があるとしてもその事実は存在する。

これは単に感じ方ではない。

「感じ方」の問題にすり替えてはいけない。

誰ひとり、体罰を不快と感じなくても、その事実は存在するんだから。

.

.

考えてみても、

もし、先生たちが、

校長先生が部下の先生たちを怒鳴りつける。。程でなくても、「殴り支配」のような管理体制だったら、

先生の中に鬱病や自殺者が出てもおかしく無い。

.

ましてや、今回の場合、

99%じゃなく、二分。。。

.

あってはならない体制だ。

.

-----

以前処分のバレー部顧問も体罰=「平手で2度」認める-桜宮高、市教委に報告せず

<a href="http://web-jp.ad-v.jp/adam/ep/click/jiji-press.soc/LRec?cat=jiji-press.soc" target="_blank"> <img src="http://web-jp.ad-v.jp/adam/noscript?cat=jiji-press.soc&format=LRec" border="0"></a>

 大阪市立桜宮高校2年のバスケットボール部主将の男子生徒(17)が顧問の男性教諭(47)から体罰を受けた翌日に自殺した問題に関連し、市教育委員会は10日、過去に体罰で停職処分を受けた同校バレーボール部顧問の男性教諭(35)が復職後の昨年11月、生徒の頭を平手で2度たたく行為があったと発表した。
 教諭は9日の保護者説明会で復職後の体罰を否定したが、10日の市教委の聞き取りで認めた。佐藤芳弘校長らは当時、こうした行為を把握しながら市教委に報告せず、保護者説明会の後の記者会見でも明らかにしていなかった。
 市教委は「行為は体罰に当たる。隠蔽(いんぺい)と受け止められても仕方がない」と指摘し陳謝。佐藤校長らも同日夜、急きょ記者会見し、「市教委に報告すれば、以前停職となっているため重い処分になると思い悩み、校長の判断で上げなかった」と述べ、謝罪した。(2013/01/10-23:13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

すずめのかみさまとルリチラシ

某所でしてた話
.
クローン技術とか、ステムセルとか、ナントカカントカイロイロ、
ぶっちゃけ、
全部一緒にしてキライっていうヒトは多いんじゃないかと思う。
.
イロイロ詳しい話は別にして、
結局のところ、
.
こういう
本当は神様の領域だったものに、
ニンゲンごときが、
手出しをしてもいいのか。。。っていう所にある。
.
でも、
それって、どうなのか。
使い方やボーダーはあるにしても、
研究、好奇心そのものを封じるべきなのか。
それって、単なるセンチメンタリズムでは無いのか。
.
.
ところで。。。
.
すずめは上野の国立科学博物館が好きだ。
最近、行ってないけど。。。
毎週、土日にはディスカバリートークってのがあって、
筑波の研究者の人が毎回、いろんなテーマで話をしてくれる。
その研究の最先端、ど真ん中のひとだ。
.
ってのはともかく、
その中の展示に江戸時代の朝顔の話があった。
あのころでも、朝顔はいろんな交配が行われて、多種多様な姿の朝顔が作られたのだった。
.
ああいうのは、良いのか?
遺伝子組み換えはダメだけど、
朝顔みたいな品種改良は良い?
.
でも、朝顔だって、ホントは神様は許してないかもしれない。
.
.
.
もひとつ、
科学博物館の展示には、オキナワルリチラシの話がある。
1階だったか、入って右手に、チョウチョの標本がいっぱいかざってあって。。。っていう所。この展示、おもしろかった。うろ覚えだけど。。。
.
ルリチラシに限らないことだろうけど、チョウとか、いろんな亜種がある。
.
ルリチラシも、羽の模様とかでイロイロなバージョンがある。
沖縄から、八重山にかけて、このチョウが住んでる。
.
で、面白いのは。。。
島ごとに違ったりするこのチョウの交配の様子を研究したもの。
.
この島の子と、こっちの島の子。
合コンする。。モトイ、お見合いするコトはあるのか。
島の花嫁になる事はあるのか。。。
DNAを調べた研究。なるほど。。。ハイブリッドがいる。
.
ここでなるほどと思うのは。。。
.
おなじルリチラシでも、夜行性と昼行生がいるということ。
夜行性の種と、昼行性の種は交わらない。木の上で蜜を吸うチョウと、
木の下を活動拠点にする種とがいる。
夜遊びイケイケ女子と ガリ勉学生は知り合わない。。。
神様は、この二つの種が交わらないようにデザインしてるワケだ。
.
一方は、お日様が出ると目が覚めて、
一方は暗くなると、目が光って、ツケマつけてご出勤。
.
だから、本来は、フリフリ朝顔も、
お父さんがガリ勉でお母さんがキャバ嬢の娘もできない。。。
.
.
おそらく、遥か昔、
一羽のルリチラシが
八重山の海を超えた。
その島につくと、それまで夜の蝶だった娘は、
昼間に働くようになった。
.
幾星霜、
島それぞれに、夜の蝶と昼の蝶。。。
その多様性を神様が固定させた。
.
それを、今、
ニンゲンどもは、いじってみようとしてる。
それって、イケナイことか。
その好奇心もまた、
ニンゲンの多様性の一部なんじゃないだろうか。
.
ところで。。。
ルリチラシの神様って、いるのかな。
.
http://shinkan.kahaku.go.jp/kiosk/kioskviewer.cgi?floor=A1&chunk=19&lang=JP&type=K1&page=01M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

生きる力をつける教育:アナフィラキシー

組織的な対応されるべきでは

■女児アレルギー死、誤ってチーズ入りチヂミ渡す

(読売新聞 - 01月08日 18:25)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&from=diary&id=2281135

この件は分からないが、

学校関係者はこのアナフィラキシーに関して、あまり深刻に考えていないのではという気がする。アメリカンスクールには、ナッツアレルギーの子供のために、

全校生徒がお弁当や学校に持って来るお菓子に、ナッツ類を含めないようにというルールにしている所もあるという。

すべての学校でそこまでやれとは言わないが、

もう少し、真摯に考えても良いのではと思う。

例えば、最低限、こういう工夫をするべきだ。

アナフィラキシーの例には蜂の死亡例が多い。

昨今、スズメバチが問題になっているが、いつ刺されるとも限らない。

アナフィラキシーは一度目は大丈夫。二度目が危ない。

たとえば、遠足などで、刺されたのが一度目であったら、まあ、普通に病院に連れて行くということでも良いかもしれない。しかし、二度目であったら(地域によっては)救急車にすべきかもしれない。それを把握しているかいないかで、周囲のとるべき対応には大きな差があるはずだ。

しかし、

この深刻さに気づいていない人も多いのではと思う。

なので、

学校に出す 生徒の健康情報調査書には、

何かアレルギーがありますか?

ではなく、

スズメバチや蜂などに刺されたことがありますか?

という明確な質問をし、それにチェックをする項目を作ってほしい。

(全国の、すべての子供たちに)

食物に関しても、

以下の食物にアレルギーがありますか?

 ピーナッツ そば 小麦。。。。

などと、選択肢をつけて、質問して欲しい。

そして、そのスクリーニングに引っかかった子には、親と、保健室の養護教員との面談を義務づけること。

学校は親も学ぶチャンスだ。子供自身にも、自分で食べないよう、注意するよう、

個別に3者で教えること。

生きる力を付ける教育とはそういうことではないだろうか。

http://mainichi.jp/select/news/20121221k0000e040231000c.html

給食:アレルギーで?食後に女児死亡…東京・調布

毎日新聞 2012年12月21日 13時02分(最終更新 12月21日 13時21分)

 東京都調布市の市立富士見台小学校で20日、小学5年の女子児童(11)が給食を食べた後に体調不良を訴え、搬送先の病院で死亡したことが調布市教委への取材で分かった。女児はチーズなど乳製品にアレルギーがあったが、その日の給食で出されたチーズ入りのチヂミを食べたという。アレルギーが原因で亡くなった疑いがあり、警視庁や調布市が経緯について調べている。

 同市教委などによると、女児は普段、チーズや卵を除いた特別メニューの給食を食べていたが、この日は完食後、通常メニューのチーズ入りのチヂミを食べた。警視庁によると、死因は急性アレルギー反応を起こしたことによるアナフィラキシーショックとみられるという。市教委は「事実確認を急いでいる」とコメントを出した。【松本惇】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »