« これからの社会: 高齢化の次 | トップページ | 白い卵とインチキメジャー »

2012年12月18日 (火)

これからの社会:第三次ベビーブーム勃発

一つ前の日記の続き。
.
これは、この2、3年後に起こり始めること。
そのすずめ占い。
.
.
一つ前にもあげた
http://www.stat.go.jp/data/nihon/g0402.htm
.
このグラフ。
.
人口構成には大きなとんがりが二つある。
ひとつは、団塊の世代60歳ちょい。
もう一つは、彼らの子供たち。
30歳ちょい。
いわゆる、団塊の世代ジュニア。
.
彼らは、この数年のうちに、出産リミットを迎える。
結婚しない女たち
さすがに、そうは言ってられない。
30歳ごろって、仕事はおもしろい。
だけど、30歳を過ぎるころから、熱病のようにやってた仕事に、ふと、むなしさを感じるようになってくる。
質は変わらなくても。
何でも分かってしまうようになるし。
.
それとともに、出産リミットも見えてくる。
40過ぎて、産む事も可能だろうけど、
そんなことをしたら、身体もボロボロになってしまうだろう。
今までのように、ピンヒールのパンプスにネイルなんてのは維持できない。
出産っていう身体の負担が大きく無いうちの方がダメージは少ないはず。いろんな意味で。
.
なので、焦り始める。。。
おりしも、一緒に住んでた、団塊の世代の親の老いが見えてきてしまう。
彼らの老後を背負い込むのはゴメンっという計算も働く。
特に、母親。最後に独り残る。
アレと一生一緒にいるのか。。。
っと、思うと、コジれてくる。
.
そういう所に、心の中でのニーズが生まれてくる。
.
それが、どういう形で外に現れるか。
.
すずめ占いでは、
テレビドラマだ。
.
こういうストーリーが流行る。
.
きれいなお姉さん。。。仕事もバリバリ
親は団塊世代。一緒に住んでたけど。。
手近な草食系同級生をゲットするラブストーリー。
出産、育児。。。結局ハッピー。
.
世の中には、
赤ちゃんを抱く、幸せモデルがあふれる。
.
でも
一つ前の世代にあった、
夫の出世だの子供の塾だの、郊外の美しいモデルハウス症候群も無い。
女性たちは、そんな見栄じゃなく、ホントに自分が欲しいモノを知ってるだろう。
自分の人生。子供のためじゃなく、
自分の人生を豊かにするっていうパーツとしての子供との付き合い。
おそらく、仕事に戻り。。。子供とは親子というより、友人関係。
.
今までは、
草食系同年代では手を打てなかったゴールドミスたちが、
手近なのでオッケーとなれば、話は早い。
条件もユルイ。
ぶっちゃけ、オトコなら、何でもイイ。
もちろん、この男女反対パターンもアリ。
.
できちゃった結婚じゃなく、
作っちゃおファミリーへの転換。
.
でも、まあ、入手してみれば、草食系同級生も、それなりに便利。
軋轢は無いし、それほどジャマにもならない。
数年後には、フリンドラマも流行るかもしれないけど、
まあ、それはそれ。
.
すずめ占いでは、
2、3年のうち、大惨事、モトイ、第三次ベビーブーム勃発っ。

|

« これからの社会: 高齢化の次 | トップページ | 白い卵とインチキメジャー »

すずめ的妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/48369164

この記事へのトラックバック一覧です: これからの社会:第三次ベビーブーム勃発:

« これからの社会: 高齢化の次 | トップページ | 白い卵とインチキメジャー »