« 江古田の家 見学  | トップページ | イマドキの娘 ファッション »

2012年11月23日 (金)

ミシシッピ バーニング とハタケニラ

ミシシッピバーニング

って映画を見た。
.

その中で気になった事。

キバナ草ってのが出てくる。

これが、

こないだ小石川植物園で見たハタケニラと似てたのだ。
.

外来植物。駆除対象なのね。可愛い花だけど。

http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/81190.html

ユリ科なので、葉っぱも花もきれい。
.

物語の中で、

主人公の捜査官が。。。犯人の妻とナントカカントカっていう中で出てくる。

夜、彼女の夫の捜査官が留守だと確認して、彼女を訪ねる時、花を摘んでいく。

キバナ草。

「They're beautiful. They really are.」

だけど、これは、食虫植物だというのだ。

.

キバナ草?

うーん、植物ヲタだけど、聞き覚えが無い。ググってみても、無い。

キバナナントカってのはいっぱいあるんだけどね。

食虫植物ってのは、概ね限られてる。だから、こういう可憐な花を咲かせるのって、かなり限定的なはず。

食虫植物で、可憐な花、というか、白っぽいハタケニラと似た花を咲かせそうなのは、。。。ドロセラ属。

ハエトリグサか。。。でも、微妙に似てない。

それに、咲くなら湿地のはず。あんな吹きさらしの場所に生えてっこない。

.

映画、もう一度、よく、聞いてみた。

trumpet pitchers

そっか、トランペットピチャー

ググってみた。

どん、ぴしゃり、

食虫植物だ。

http://forum.theorchidsource.com/ubbthreads.php/topics/299158/Colorful_pitcher_plant_traps_a.html

だけどさ。

あの、可憐なハタケニラとは似ても似つかない。

だれでも思い浮かべる、食虫植物

和名は ヘイシソウ

でもって、その中でも大型のものが、

キバナヘイシソウ

http://jusa.sakura.ne.jp/zukan/kibanaheisi.html

花だけでも1mにもなる。

だから、日本語字幕が「キバナ草」だったのかな。

.
.

それにしても。。

1mにもなる、

中にハエがいっぱい溜まる水が入ってる(だから、ピチャーって言う)

そんな花。

.

おいおい。。。ってか、コレ、持って、夜中に女性の所訪れたら、

嫌がらせか、脅しか。。。って思われるよね。

,
.

植物好きなヒトだったら、

もしかして、「キバナ草」という名前で、あの、ハタケニラに似た可憐な花の映像を見たら、

って思ったはず。
.

なるほど。。。この映画、

wikiを見ると、いろいろ批判が出てくる。

主人公はFBI捜査官。

彼が、「戦争」を起こしてでも、人種差別問題と戦う。

構造も良い。

ストーリーには、いろんな対比が出てくる

Black vs White

だけでなく、主人公のエリート捜査官  vs たたきあげトム ハンクス

田舎 VS  中央(FBI)

若者捜査官 VS トムハンクス。。。

良くできてる。。。。でも、「できすぎ」らしい。

なぜなら、この時代、FBIは全く公民権活動、この物語のネタになった事件は無視だったってことなのだ。

.

なるほど。。。よくできすぎてる。
.

この

キバナ草も、

荒れ地に生えた白い、可憐な花が 実は食虫植物。

なんていうウマイ話が無いかと思ったんだろう。

.

だけど、

植物好きなら、あれっ?って思う。

良い映画なのに、惜しい。

|

« 江古田の家 見学  | トップページ | イマドキの娘 ファッション »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/47951821

この記事へのトラックバック一覧です: ミシシッピ バーニング とハタケニラ:

« 江古田の家 見学  | トップページ | イマドキの娘 ファッション »