« ヒガンバナの戦略 | トップページ | 倫理と印象操作 »

2012年10月 5日 (金)

ことばの変遷

60%の人が誤答した「失笑する」の意味は?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=77&from=diary&id=2177506
英語辞書の最初に書いてあった。
アメリカ英語と、ブリティッシュの違い。
アメリカ英語は新大陸開拓時代にアメリカへ渡ったもの。
なので、その時代から、変化していない。
ブリティッシュは変化した。。。アメリカ英語の方が古風?と言える。
というような。
そんな例をひかなくても、
江戸時代とは、相当、変化しているだろう。
言葉とは、変化して当たり前のもの。
今、
江戸時代、
昭和の時代よりも、流れる情報量は格段どころか、段じゃ数えられないほど、増加してる。昔はドッグイヤーって言ったけど、いまや、犬どころか、ねずみ。
言葉の変わる速度が速くなっても、
不思議は無い環境にある。
よく言う、この手の「勘違い」
本当に、勘違いの方が多いなら、もう、市民権を与えても良いはず。
だって、これから、放置して、自然にまかせたら「勘違い」の方が多くなるだろう。
そっちが自然であるとすれば、
それはそれで良しとすべきでは?
ただし、これは、
古い言語の体系を蔑ろにするという意味や、
元来の意味 vs 派生?した意味
っていう二項の対立っていうことではなく、
両方の尊重、という意味で。
-------■60%の人が誤答した言葉とは?
 こらえ切れず吹き出して笑うという意味の「失笑する」を、「笑いも出ないくらいあきれる」と誤答した人が60%ということが、先日、文化庁の『平成23年度国語に関する世論調査』でわかりました。他にも、慣用句や言葉の意味の間違いや読み間違いなどの調査結果が出ていますが、どれだけ正しく理解できているでしょうか? まずはこの世論調査の中から、間違いやすいものを3問挙げてみます。
■AとB、どちらが正しいでしょうか?
□問1:うがった見方をするの意味は?
A:物事の本質をとらえた見方をする
B:疑って掛かるような見方をする
□問2:にやける(例文:彼はいつもにやけている)の意味は?
A:なよなよとしている
B:薄笑いを浮かべている
□問3:「本心でない上辺だけの巧みな言葉」をなんと言う?
A:口先三寸
B:舌先三寸
■答えと正答率
□問1:うがった見方をするの意味は?(正答率26.4%)
○物事の本質をとらえた見方をする
×疑って掛かるような見方をする
□問2:にやける(例文:彼はいつもにやけている)の意味は?(正答率14.7%)
○なよなよとしている
×薄笑いを浮かべている
□問3:「本心でない上辺だけの巧みな言葉」をなんと言う?(正答率23.3%)
×口先三寸
○舌先三寸
 いかがでしょうか? 知らずに勘違いして使っていたという言葉もあるかもしれません。うっかり誤用が多いというのも、なんだか気分がすっきりしないものです。次回は正解したいという気になりますね。では、そのような気持ちに近い問題を、最後に3問取り上げてみましょう。
■間違いやすい慣用句3
□問1:「内心忸怩(じくじ)たるものがある」 とは、どんな気持ちを表す?
□問2:前に負けた相手に今度は勝つという気持ちを表す言葉は「雪辱を○○○」?
□問3:受けた恥をなくして心の中をすっきりさせることを表す言葉は「屈辱を○○○」?
■正解
 1の「内心忸怩たるものがある」 とは、「心の中で恥ずかしく思う気持ち・様子」です。「あの場では何も言えなかったが、ほんとうは腹が立ち、内心忸怩たるものがあった」のように、悔しい、屈辱、腹が立つなどのような意味に誤解されることも多い言葉です。
 2は、「雪辱を果たす」です。雪辱を遂げる、雪辱戦などの言葉もあります。
 3は、「屈辱を晴らす」ですね。
 2の「雪辱」が、3の「屈辱を晴らす」と混同して、「雪辱を晴らす」のように誤用されることも多いようです。
 このような混同や言い間違い、「にやける」などの意味の取り違いなど、誤用の種類もさまざまあるものですが、大切な場面で、的外れなことを言ってしまい、失笑を買うことのないように、よく使う言葉もときどき見直してみましょう。

|

« ヒガンバナの戦略 | トップページ | 倫理と印象操作 »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/47317568

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの変遷:

« ヒガンバナの戦略 | トップページ | 倫理と印象操作 »