« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 5日 (金)

倫理と印象操作

iPS細胞から卵子、子供が誕生
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=2177332
うーん。
いつかは出ると誰でも思ってたこのニュース。
本格的クローン誕生。
しかも、育ってもデブじゃなく、
ちゃんとしたネズミ。
さて、その議論じゃなく、
この先生にアドバイスしてあげたい。
流すなら、こういう写真じゃなく、
もっと、かわいい写真にすべき。
ネズミも、ちょっと前に流れてた黒いのじゃなく、
白い、ハムスターっぽい、可愛いので。
昨今、印象操作っていう技術もバカにならない。
こういうのが、メディアを通して、何度も流れたら、
普通のヒトたちに「キモっ」って思われる。
それが結局、「世論」を作ってしまったりする。
なにしろ、
敵は「倫理」っていう変幻自在の怪物なのだ。
そう、
パンピーなすずめたちが信奉する「倫理」って、実はその程度のものだったりする。
そして、それが、こういう科学の基礎研究に関する「規範」を作り、ストップをかけたりする。そのくせ、それを企業が応用する時は、企業秘密ってコトで、ノーチェック。
この研究は、
次期ノーベル賞ってコトで、
パンピーなすずめたちも追い風を送ってる。
そんな色眼鏡で見たら、ハダカねずみも可愛く見えたりする?
------
 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から卵子を作成し、体外受精によって正常な子供を誕生させることに、京都大の研究グループが世界で初めて成功した。昨年、iPS細胞から作った精子での受精、出産に成功したと発表しており、理論上、人工的に作成した精子と卵子によって子供を作ることが可能になる。5日付の米科学誌「サイエンス」電子版に掲載された。
 生殖機能のメカニズムの解明がさらに進んだことになり、将来的には不妊症の原因解明や治療につながることも期待される。ただ、ヒトへの応用などを巡り、倫理面や技術面で議論を呼びそうだ。
 実験に成功したのは、京大の斎藤通紀(みちのり)教授(発生生物学)らの研究グループ。iPS細胞と同じ万能細胞とされる胚性幹細胞(ES細胞)でも、同様の方法で子供が誕生したという。
 グループは、マウスの胎児の細胞から作成したiPS細胞に、2種類のたんぱく質などを加えて培養することで、精子や卵子の前段階となる「始原(しげん)生殖細胞」に極めて似た細胞を作った。
 精子の場合、この始原生殖細胞を雄の精巣に移植して作った。しかし、卵子はそのままでは分化しにくく、雌の胎児に含まれている、分化を助ける役割を果たす体細胞と一緒に培養したうえで、雌の卵巣へ移植した。
 その後、約4週間で卵子ができ、通常の体外受精の手法で雌の仮親の子宮に受精卵を移植した。生まれた子供は雄雌ともに生殖能力を持つ正常な個体に育ち、孫の世代が生まれたという。
 斎藤教授はヒトなどへの応用について、「マウスで得られた知見を生かす時期に来たと思うが、マウスとヒトは大きく違う」として、まだ初期の研究段階であると強調した。不妊症の治療についても「技術的、倫理的な問題をクリアする必要があり、一足飛びに進むのは難しい」と話した。【五十嵐和大】
 ◇解説 生命倫理上の問題も…ヒト応用、具体的な議論急務
 マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から卵子を作成し子供を誕生させることに、京都大の研究グループが成功した。精子や卵子といった生殖細胞は、他の細胞と異なる複雑な過程を経てできるため、人工的に作成するのは難しい。特に卵子は、その機能から、精子以上に作成が困難という見方もあり、今回の成果は画期的と言える。
 マウスでの卵子作成の成功を受け、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)やiPS細胞を使った生殖細胞の研究が一層、加速するとみられる。しかし、技術の進歩に議論が追いついていないのが現状だ。
 国は、生殖補助医療の研究に限って、生体から採取した卵子と精子を受精させることを認めている。だが、ES細胞とiPS細胞の取り扱いを定めた国の指針では「できた卵子や精子を受精させない」としている。ヒトiPS細胞で卵子と精子が作成できれば理論上、新たな生命を誕生させることができるようになるため、それにつながる研究に対しては生命倫理の面から慎重論が強い。一方で、受精を禁ずるのは研究の意義を損なうとの指摘もある。
 政府の総合科学技術会議は昨秋、研究のため人工的に作った生殖細胞の受精の是非について、ようやく検討を始めた。研究の進展で成果への期待が高まる中、どの段階まで研究が認められるのか、具体的な議論が急がれる。【須田桃子】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことばの変遷

60%の人が誤答した「失笑する」の意味は?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=77&from=diary&id=2177506
英語辞書の最初に書いてあった。
アメリカ英語と、ブリティッシュの違い。
アメリカ英語は新大陸開拓時代にアメリカへ渡ったもの。
なので、その時代から、変化していない。
ブリティッシュは変化した。。。アメリカ英語の方が古風?と言える。
というような。
そんな例をひかなくても、
江戸時代とは、相当、変化しているだろう。
言葉とは、変化して当たり前のもの。
今、
江戸時代、
昭和の時代よりも、流れる情報量は格段どころか、段じゃ数えられないほど、増加してる。昔はドッグイヤーって言ったけど、いまや、犬どころか、ねずみ。
言葉の変わる速度が速くなっても、
不思議は無い環境にある。
よく言う、この手の「勘違い」
本当に、勘違いの方が多いなら、もう、市民権を与えても良いはず。
だって、これから、放置して、自然にまかせたら「勘違い」の方が多くなるだろう。
そっちが自然であるとすれば、
それはそれで良しとすべきでは?
ただし、これは、
古い言語の体系を蔑ろにするという意味や、
元来の意味 vs 派生?した意味
っていう二項の対立っていうことではなく、
両方の尊重、という意味で。
-------■60%の人が誤答した言葉とは?
 こらえ切れず吹き出して笑うという意味の「失笑する」を、「笑いも出ないくらいあきれる」と誤答した人が60%ということが、先日、文化庁の『平成23年度国語に関する世論調査』でわかりました。他にも、慣用句や言葉の意味の間違いや読み間違いなどの調査結果が出ていますが、どれだけ正しく理解できているでしょうか? まずはこの世論調査の中から、間違いやすいものを3問挙げてみます。
■AとB、どちらが正しいでしょうか?
□問1:うがった見方をするの意味は?
A:物事の本質をとらえた見方をする
B:疑って掛かるような見方をする
□問2:にやける(例文:彼はいつもにやけている)の意味は?
A:なよなよとしている
B:薄笑いを浮かべている
□問3:「本心でない上辺だけの巧みな言葉」をなんと言う?
A:口先三寸
B:舌先三寸
■答えと正答率
□問1:うがった見方をするの意味は?(正答率26.4%)
○物事の本質をとらえた見方をする
×疑って掛かるような見方をする
□問2:にやける(例文:彼はいつもにやけている)の意味は?(正答率14.7%)
○なよなよとしている
×薄笑いを浮かべている
□問3:「本心でない上辺だけの巧みな言葉」をなんと言う?(正答率23.3%)
×口先三寸
○舌先三寸
 いかがでしょうか? 知らずに勘違いして使っていたという言葉もあるかもしれません。うっかり誤用が多いというのも、なんだか気分がすっきりしないものです。次回は正解したいという気になりますね。では、そのような気持ちに近い問題を、最後に3問取り上げてみましょう。
■間違いやすい慣用句3
□問1:「内心忸怩(じくじ)たるものがある」 とは、どんな気持ちを表す?
□問2:前に負けた相手に今度は勝つという気持ちを表す言葉は「雪辱を○○○」?
□問3:受けた恥をなくして心の中をすっきりさせることを表す言葉は「屈辱を○○○」?
■正解
 1の「内心忸怩たるものがある」 とは、「心の中で恥ずかしく思う気持ち・様子」です。「あの場では何も言えなかったが、ほんとうは腹が立ち、内心忸怩たるものがあった」のように、悔しい、屈辱、腹が立つなどのような意味に誤解されることも多い言葉です。
 2は、「雪辱を果たす」です。雪辱を遂げる、雪辱戦などの言葉もあります。
 3は、「屈辱を晴らす」ですね。
 2の「雪辱」が、3の「屈辱を晴らす」と混同して、「雪辱を晴らす」のように誤用されることも多いようです。
 このような混同や言い間違い、「にやける」などの意味の取り違いなど、誤用の種類もさまざまあるものですが、大切な場面で、的外れなことを言ってしまい、失笑を買うことのないように、よく使う言葉もときどき見直してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

ヒガンバナの戦略

ヒガンバナ、そろそろ終わりかな。。。
ってコトですずめ的考察

彼岸花、
葉っぱはご存知?

------

http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/mijika13.htm

彼岸花って、花が咲く時には、葉っぱが無い。

何も無い地面から、にょきっと、芽が出て、花が咲く。
だから余計目立つ。

で、花が終わったら、誰も見向きもしないけど、しばらくして、その脇から小さな葉っぱが芽を出す。ヒガンバナはユリ科なので、このはっぱ、わりときれい。
でもって、寒くなるころにはいつのまにか、こんもりした葉っぱ群になる。よくあるリュウノヒゲより、ちょい、大きい?って感じ。

ちょい、
思い出して欲しい。
ヒガンバナが咲く場所って、なぜか、いつのまにか平らになってる気がしない?
なんか、このあたり、こんなにすっきりしてたっけ?
って、思わない?
誰か草取りとかした?
生えて来ると気がつくんだけど、
無くなると気がつかないのよね。

そう、
ヒガンバナの咲く場所は、
冬の間、そして、つい、この間まで、こんもり、葉っぱが茂ってた場所なのだ。
その葉っぱが全部枯れて、
平たい平地になる。そこに真っ赤な花。

すごい戦略。

他の季節は、葉っぱが茂ってるから、他の植物が育たない。
こんもりした葉っぱの独占状態。
そうして、他を撃退しておいて。。。
ある日突然、枯れて、
それこそ、地面を冬枯れの落ち葉が敷き詰められたような場所、
真っ平らな舞台を作っておいて、
そこに、
妖艶な娘をデビューさせる。


だから、彼岸花の周りには、
毎年、
なんの雑草も生えてない。

独り舞台に あでやかに咲く。


すごい戦略。

って、すずめは植物ヲタなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

すずめ占い 地震。。。

■北海道、東北で震度3
(時事通信社 - 10月02日 08:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2173471&media_id=4


何か。。。最近、また、地震、気になる。

でもさ、
この東北の地震っていうのは、
余震だと思うのよね。
希望的観測として。

ただ。。。すずめ占い的に。
ちょい、気になる部分。

先ず、プレートテクトニクス
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b4/Plates_tect2_ja.svg

ご存知の通り、東北大震災の舞台は、
この中の北米プレートと太平洋プレート。

で、
これから先、もしかして来るかもしれないと言われてる、
東海地震、南海地震は、
この下のフィリピン海プレートと、その周り、
特に、このユーラシアプレートと、北米プレートと出会う場所、
(日本の静岡あたり)が怖い。。

なので、すずめ占いでは、地震があるたび、このどっかに関係してるんじゃないかと、ビビる。

で、
さっき、某所で、
「和歌山も地震多くなった」
などというデマを聞いた。
ハイ。デマですから。気にしない方が良いです。
でも、占い師としては、これがデマだと証明したいので、
調べてみた。

http://www.seisvol.kishou.go.jp/cgi-bin/shindo_db.cgi?from_YYYY=2012&from_MM=3&from_DD=01&from_hh=00&from_mm=00&to_YYYY=2012&to_MM=3&to_DD=30&to_hh=24&to_mm=00&ORG_PID=17608&pref=55&station=9999999&PARAM_OK_MONTHLY=%B7%EE%CA%CC%C5%FD%B7%D7


ココに月を入れると、その月の間の地震回数が出て来る。

先月は8回。(小さなモノだから気にしないでね)

他の月は、どの程度?
4月。。。3回
5月。。。2回。
ら?らら?
もしかして、普通はもっと、少ない?


まあ、いいわ。
きっと、デマよ
(ちょっとだけ、取り乱しつつ)


も、問題は、フィリピン海プレートよね。
この隅っことかで、何か起きてたらコワイけど。
(東北の地震もオーストラリアの地震の半年後だったしね。。)
最近ニュース、聞かないから。
無いはずよね。絶対。

http://www.iris.edu/dms/seismon.htm

世界の地震がまとまってる。
2週間が見られる。。。。


じ、冗談はやめて下さい、神さま。
あまりに、ミエミエすぎです。

あ、でも、この辺りって、いつもこんな感じなのかもしれないじゃんね。

き、きっと、地震なんて、来ませんってば。

(うろたえ中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »