« セアカゴケグモ | トップページ | 家紋妄想/Come on Mousou »

2012年9月 7日 (金)

自然が見える人 見えない人

よく、都会には自然が無いって言う。

そうだろうか。
もちろん、そうだろうけど、
でも、そう、言う人たちの多くが、
虫が嫌いだったり、
草の名前とか知らない。

たしかに、都会には自然が無い。
ホタルもいないし、
野うさぎもいない。


だけど、
二子玉川には、カワセミもいるし、
自由が丘にだって、ウグイスがいる。
渋谷でもオナガを見たし、新宿でハクセキレイもみた。


本当は、いろんな植物もいっぱいある。
自然って、見ようとしない人には見えない。

すずめは、
子どもの頃から、そういうのが大好きだった。
なので、とってもよく覚えている。

そんな中、
すずめが子どもの頃は見た事が無かった植物で、最近とても気になるのがある。


ハゼラン 

http://photozou.jp/photo/show/38290/12729422


サンジソウとも言う。結構きれい。以前、頂いたシンピジウムの脇から生えてきた。
園芸種かと思ってたら、道ばたで見かけるようになった。

最初、何て言う名前か分からなくて、何冊も図鑑を探した。
出てない。。。何冊も探したら、1冊だけ、出てた。


やはり、最近の外来種なので、まだ掲載してる図鑑が少ないんだろう。
山や自然の中ではなく、なるほど、街の道路脇でよく見る。
(園芸種ルートなんだろうか。今、まさにデビューしたてなんだろう)

3時に咲くらしい。なのでサンジソウとも言う。
花の付き方が珍しい。オモダカに似てる。
つぼみはまんまるで、艶々。
葉っぱもきれいでおしゃれだ。
毎年、同じ所に出る所をみると、強いんだろう。

マツバウンラン

http://ja.wikipedia.org/wiki/マツバウンラン

地方の博物館に行った時に、駐車場で生えてた。
割れたコンクリートの隙間から、1本。
何だろうと思って、覚えて帰って調べたけど、分からない。
やはり、図鑑に出てなかった。
最近、ネットをぱたぱたしてて、名前を見つけた。


ヒメツルソバ/ポリゴナム


http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒメツルソバ

コレは明治の初めってコトだから、長いのかもしれないけど。。。
いろんな所でも見かける。
かなり強いらしい。
園芸店でも見る。


カタバミ/オキザリス

キカタバミやムラサキカタバミはすずめの子どもの頃からよくあった。
だけど、最近、華やかなのが、いろんな所で咲いている。
おそらく、園芸種だったのが、広がりつつあるんだろう。
黄色い八重になったのとか、派手なピンク、白。。。
きれいだけど、雑草としてはどうだろう。。

外来種として駆除を進めている所もあるようだ。
在来はカタバミと呼んで、外来種はオキザリスとしているみたいだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/カタバミ属

もひとつ、気になるのがある。
毎年、春ごろ、上智のグラウンドの土手の脇で見かける、小さなピンクの花。
ゲンノショウコに似てるけど、もっと、ピンクが濃い。ハエトリグサに近い色。
あれ、何だろう。。。
図鑑で見てもまだ分からない。

っていうのは、
すずめが気がついたもの。
ホントはもっともっとあるに違いない。

日本にこっそりやって来て、
道ばたでひっそり、咲いて、
少しずつテリトリーを広げて。。。
きっと、すずめはその時点で気づいたんだろう。
そのうち、もっともっと、多くなって、
誰も、これは昔は無かった花だって、思わなくなってしまう。
だって、「昔は無かった」っていうのは、なかなか思い出しにくいものだ。


植物図鑑を見ると、
いろんな植物が、
奈良時代や江戸時代、
いろんな頃にやって来てる。
今だって、どんどん来てて、
その歴史の一部を見てるんだろう。
これは意外にすごいコトだよね。


-----


補足 :
環境庁 外来種データブック見てたら、


ハタケニラが出てた。
この間、
小石川植物園でいっぱい見たばかり。駆除対象なのね。可愛い花だけど。
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/81190.html


ユウゲショウ:
コレもよく見るけど、でも、まだ、日本全土に広がってるワケじゃないのね。
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/81200.html


ブタナ
すずめが初めて見たのは北海道だった。
今は、いろんな所で見る
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80570.html


マルバルコウ
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80290.html
実はこれと近い、ホソバノルコウソウが好きで、
わざわざ取り寄せて植えたことがあった。
自由が丘のいつもの通り道の民家の垣根でも見る。とてもきれい。
マルバルコウは、まだ東京までは来てないらしい。

|

« セアカゴケグモ | トップページ | 家紋妄想/Come on Mousou »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/46989958

この記事へのトラックバック一覧です: 自然が見える人 見えない人:

« セアカゴケグモ | トップページ | 家紋妄想/Come on Mousou »