« パブリックコメントを出そう! | トップページ | 脱原発 嘘を整理したい »

2012年7月27日 (金)

オリンピック開会式 4年前の日記

オリンピック開会式 もうすぐだってウワサだけど、
4年前の日記

今、見終わった。

五輪=北京大会が開幕、花火が打ち上げられ華やかに始まる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=572736&media_id=52

久しぶりに、最高級の芸術作品を見せてもらった。
最後の聖火の形、
ああ、このスケッチを描いた監督?の意図そのものが、
形になっているとおもった。

一つ一つのコスチューム、
間の取り方、構成、
動と静
緊張とゆるみ
無彩色と色彩の撩乱

物語性、
歴史とテーマ
意匠

これだけの芸術作品を、ライブで、今、この時間に鑑賞できたことに、
感謝したい。


北京オリンピック、いろんな政治的な意図、軋轢、様々なものがある。
また、これだけの豪華なものを作るための予算、さぞ問題があったろうとは思う。

しかし、
この美しさ、
完成度、
創作物としては、文句無しにすばらしい。
純粋に、モノ作りの完成度として、
賞賛に値する物だ。

この作品としての素晴らしさは、
それだけで語りたい。
政治やその他の事情は抜きに。

すばらしいものはすばらしい。
そういう目は曇らせたくない。


----

オリンピック式典の監督のコメント:ニュース


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=573064&media_id=4


昨日の日記に書いた賞賛、
Sさんのコメントへの返事を日記にしちゃいます。


モトの文は昨日の日記の下です


>そうした背景を見ないで、作品だけを見ているのも一面だけを見て
いるだけになってしまうかもしれませんね。


そうなんですよね。
だから、こういう日記は、本当に、見た直後しか、書けないと思って急いで書いたんです。


>打楽器をたくさんの人がたたく。それに反応してライトが 点滅する。あの演出はすばらしかったですね。カメラが全体をとらえると、
見事な調和が見て取れます。一糸乱れぬ、見事なものでした。

そのカメラの計算された動きも、驚嘆でした。
さすが映画監督。もう、言葉もありません。

>あまりにも見事だと、「統制」という言葉がちらつき始めます。
いえ、技術だと思いました。この手の技能を持つ層の厚さ。あの人口だからこそ、できたんでしょうね。だって、日本で、琴とかでやったら、練習してあのレベルに到達できる人を何人集められるか...
オリンピックのためっていうのじゃなく、小さい頃から習いごととかで、似たような動きのもの(太極拳とか?)に触れていたという人が相当数いたのかも。文化とよべるかもしれません。


>そんな「個」の一生懸命は見て
いてとても感動させますね。

同感です。それだけでなく、さすが映画監督、
一生懸命っていうのと、ピアニストとぼわっとした女の子。あの大観衆の前で、1年前にピアノを習い始めたっていう女の子を座らせて、何もさせない。演技じゃなく、ニコニコして,座ってるだけ。その「抜け」と、「一生懸命」のコントラスト。

一糸乱れぬ統制と、それに対比させて、選手団の入場の時の、あのリラックスさ、アバウトさ。携帯取ったり、カメラに向かって遊んだり。自由に、楽しんでる様子。
こういう演出も感服。

>活版印刷のデジタルを思わせる動きも見事でした。演出の見事さです。けれど、 最後に活版の着ぐるみから一斉に顔を出した人たちの表情の、なんと輝いて いたことか。

感動でしたよね。
途中でちらっと下が見えてたので、人が入ってるなって思ったんですが。。。最後にそれを見せる所もいい。

ああいうプレイ、どうやったのかなって、思ってたんですが。。。
きっと、一人ずつイアフォンで音を出して、高かったら高音とか。。。そういう支持を個別にして、動かしてたのかも?なーんて、そういうアナログな所を考えさせられるのが良いな。
昨今の映画は、みんなデジタルだから、何でも出来ちゃうけど,ああいうのは、できないですよね。だから、昔のような謎ときが面白くって。。。

それにあれ、テーマがすばらしいですよね。
中国の4大発明の中で3つが紹介されたんですよね。
もうひとつは。。。内緒?って思ったら,よく考えたら,花火(火薬)でした。
(すみません。見ながら CHAと話してた、ジョークを。。。これで爆弾テロが突っ込んだら、4つめって新聞の見出しになっちゃうねえ)

>オリンピックは、巨大化しすぎていると感じます。国家の威信と思惑なしに
もはや語れなくなっています。日本だって、東京オリンピックは国家の威信を
かけたものだったし、その後の高度成長をもたらしました。中国が威信を
かけて、巨大なショーを作り上げるのは当然です。

これ、思いました。
この後、どんなのが作れるか。
相当,辛いですよね。
日本がどんなにお金かけても、こんなの絶対できません。
あの人口と、豊かな文化的背景があってこそ。
中国が人類の文化の歴史で担ってきたものの大きさ、規模。
どの国も、絶対にかなわない、「国力」を見せつけられた想いです。経済だの、ITだのって、何てちっぽけなんだろう。

それに加えて、映画監督を起用して、映像として、全世界に配信する戦略。その質の高さ。
これ、史上最高にして、だれも超えられないものだと思いました。

日本でオリンピックやって欲しくないなあ。。。
それ、思った人、多かったかも。


>デモね、僕は30分くらいで十分だと思いました^^

選手入場は長かったかな。
最後に聖火リレーが無かったら、見なかったかも。


それにしても、
これ、ライブ映像作品として、
歴史に残るものだったなあ。
それを全世界の人と共感させてくれた中国に、感謝です。

|

« パブリックコメントを出そう! | トップページ | 脱原発 嘘を整理したい »

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/46488140

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック開会式 4年前の日記:

« パブリックコメントを出そう! | トップページ | 脱原発 嘘を整理したい »