« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

脱原発 嘘を整理したい

脱原発 嘘を整理したい


まず、大きな嘘

原発を止めればみんな健康になって、世の中バラ色

真実:
原発を止めても原発を推進するのと同じだけのリスクやデメリットがある。

それでも、すずめは脱原発を支持する。


---

それぞれに対して、
(近い将来は嘘 遠い将来は解決できるかも)
(近い将来は嘘 遠い将来も嘘)
というのを補足。近い将来は今年の夏、来年の夏あたりまで


嘘1:
原発の周りでは白血病が増えてる。原発のせいでみんな癌になって死ぬ。
(近い将来は嘘 遠い将来も嘘)

このようなデータがあるという論が多くあるが、実際に原文(論文)を読むと嘘。そんな事は結論づけていなかったりする。
http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110608
(ここには何本ものペーパーの解説がある)

結論を言えば、
低線量放射線の健康への影響は証明されていない。「仮に」あったとしても、計算できないほどの小さなものであろう。

嘘2
電力は足りる。
(近い将来は嘘 遠い将来は解決できるかも)

足りるようになるかもしれない。しかし関西のこの夏は無理。関西はこの間まで原発依存率は5割。節電でまかなえる訳がない。(ただし来年は努力次第)


嘘3
電力は火力で代替すればハッピー
(近い将来は嘘 遠い将来も嘘)

これが、最大の嘘。
ざっと、今まで、火力3原発4水力その他3
その中の火力を7割にするということは、これまでの倍になる。

ただし、

http://livedoor.blogimg.jp/kazu_fujisawa/imgs/a/4/a40c81d4.png

一次エネルギーとして考えれば(要するに輸入量)として考えれば、石油は発電用は大きな割合ではない。(発電用の原料として、石油を減らせという合意のため)問題は天然ガスだ。見ての通り、上の表の一番左側の原子力の色をそのまま天然ガスと石炭に置き換えることになる。ざっと、天然ガスの量がそのまま倍になる。
こんなコトが簡単にできるというのは「嘘」だろう。
(近い将来は嘘 遠い将来は解決できるかも)


二酸化炭素諸悪の根源説は嘘だとすれば、温暖化に関して無視すれば良い?かもしれないが、本当だとすると、日本の原発による3割だと言われている。二酸化炭素を出さない火力プラントができるかもしれないのは、ずっとずっと先(近い将来は嘘 ものすごく遠い将来は解決できるかも)

天然ガスハッピーの嘘:(近い将来は嘘 遠い将来も嘘)
天然ガス産出国は、旧ソ連と中東諸国。
誰でも思い浮かべるまさにキナ臭い、国際紛争の火種となってる国々だ。こういう所から、日本はこれから、倍の天然ガスを買い付けしなければならない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:世界の天然ガス地域別確認埋蔵量_2005.PNG

今まで、この手の国々での「戦争」に日本は矢面に立って来なかった。誰でも知るように、この手の国々での紛争の背景には資源争奪戦がある。日本は、これからも距離を置き、もし、排除されても、諦めて引き下がることができるか。もしくは積極的に参戦して資源を確保するつもりなのか。きれいごとでは済ませられない局面になる。


嘘4
代替エネルギーには簡単に移行できる
先ずは、これは遠い将来の「目標」として設定すべき。
明日に間に合うわけでなく、しかも、経済的負荷は大きい。そのためにも、我々は現在の日本の経済力を死守しなければならない。

嘘5
原子力ムラが諸悪の根源(近い将来は嘘 遠い将来も嘘)

確かにそうかもしれない。しかし、原子力を止めたら、それが単に「天然ガス石油争奪ムラ」に移行するだけだ。そのメンバーには武器商人すらいる。今までのように、「もしかして核兵器を作るかも」というような漠然としたものではない。天然ガス輸入過程で、原料を確保したり、海賊を撃退するため。。等という、ストレートで、現物が飛び交うリアリティのある局面になる。

さて、
じゃあ、本当の目標は何か。

原子力発電を火力に変えることじゃあない。
代替エネルギーに替えて行くことだ。

これが簡単にできるというのは大嘘だ。
推進派さんたちが主張するように、太陽光発電プラントの発電量は小さい。メタンハイドレートなどは技術的にも解決していない問題もある。実用化されて、実際の商業的発電ができるようになるまで、何年もかかる。地熱は技術的には解決しているかもしれないが、地域的にできるところは限られていて、プラント建設に至るまでに何年かかるか。。見通しさえ無い。
いずれにしても、その推進には経済的負担が大きくある。
突っ込む人はいないだろうけど、一応書いておくと、原発は確かにその建設コストから考えると高いけど、今に及んではランニングコストとしては、安いというのは事実。代替エネルギーには、今から、初期投資をしなければならないのだ。これは安く無い。推進のためには、個人の負担だけでなく、莫大な税金を使っての補助も必要だ。
たとえば、今でも(自治体によって違うが)太陽光には一家庭あたり100万円近い補助がされているわけだが、これでやっと個人の負担が100--300万になる。こういう負担を、「全員が」負う覚悟があるかということだ。
これが、簡単だと言える人間が、どれほどいるか?

だから、
死守すべきは、今の経済力だ。これ以上のばすことは難しいだろう。だとしたら、今より下げてはならない。国民がバタバタ失業してったら、100万の太陽光発電なんて買えないし、税金すら払えない。

だから、
どう、上手に、原発から脱していくかということだ。単に止めさえすれば解決じゃない。
経済的負荷を、最小限にして、ソフトランディングさせていくことが最重要だ。

それには、まず、
原発停止至上主義 がやってるような、
短絡的二項対立を止めることだ。
何が本当に重要なのかを、まず、見極めること。
再び間違いをおかさないために。

私たちは、
これから先、自分の目先としては、
環境負荷を減らして、
自宅に太陽光発電が付けられて、
税金をしっかり払っていけるような、
仕事をしていかなくてはならない。
そういう生き方の選択を迫られているということだ。


原発を止めさえすればバラ色じゃない。
それでも、
私は 脱原発を支持する。

--

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

オリンピック開会式 4年前の日記

オリンピック開会式 もうすぐだってウワサだけど、
4年前の日記

今、見終わった。

五輪=北京大会が開幕、花火が打ち上げられ華やかに始まる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=572736&media_id=52

久しぶりに、最高級の芸術作品を見せてもらった。
最後の聖火の形、
ああ、このスケッチを描いた監督?の意図そのものが、
形になっているとおもった。

一つ一つのコスチューム、
間の取り方、構成、
動と静
緊張とゆるみ
無彩色と色彩の撩乱

物語性、
歴史とテーマ
意匠

これだけの芸術作品を、ライブで、今、この時間に鑑賞できたことに、
感謝したい。


北京オリンピック、いろんな政治的な意図、軋轢、様々なものがある。
また、これだけの豪華なものを作るための予算、さぞ問題があったろうとは思う。

しかし、
この美しさ、
完成度、
創作物としては、文句無しにすばらしい。
純粋に、モノ作りの完成度として、
賞賛に値する物だ。

この作品としての素晴らしさは、
それだけで語りたい。
政治やその他の事情は抜きに。

すばらしいものはすばらしい。
そういう目は曇らせたくない。


----

オリンピック式典の監督のコメント:ニュース


http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=573064&media_id=4


昨日の日記に書いた賞賛、
Sさんのコメントへの返事を日記にしちゃいます。


モトの文は昨日の日記の下です


>そうした背景を見ないで、作品だけを見ているのも一面だけを見て
いるだけになってしまうかもしれませんね。


そうなんですよね。
だから、こういう日記は、本当に、見た直後しか、書けないと思って急いで書いたんです。


>打楽器をたくさんの人がたたく。それに反応してライトが 点滅する。あの演出はすばらしかったですね。カメラが全体をとらえると、
見事な調和が見て取れます。一糸乱れぬ、見事なものでした。

そのカメラの計算された動きも、驚嘆でした。
さすが映画監督。もう、言葉もありません。

>あまりにも見事だと、「統制」という言葉がちらつき始めます。
いえ、技術だと思いました。この手の技能を持つ層の厚さ。あの人口だからこそ、できたんでしょうね。だって、日本で、琴とかでやったら、練習してあのレベルに到達できる人を何人集められるか...
オリンピックのためっていうのじゃなく、小さい頃から習いごととかで、似たような動きのもの(太極拳とか?)に触れていたという人が相当数いたのかも。文化とよべるかもしれません。


>そんな「個」の一生懸命は見て
いてとても感動させますね。

同感です。それだけでなく、さすが映画監督、
一生懸命っていうのと、ピアニストとぼわっとした女の子。あの大観衆の前で、1年前にピアノを習い始めたっていう女の子を座らせて、何もさせない。演技じゃなく、ニコニコして,座ってるだけ。その「抜け」と、「一生懸命」のコントラスト。

一糸乱れぬ統制と、それに対比させて、選手団の入場の時の、あのリラックスさ、アバウトさ。携帯取ったり、カメラに向かって遊んだり。自由に、楽しんでる様子。
こういう演出も感服。

>活版印刷のデジタルを思わせる動きも見事でした。演出の見事さです。けれど、 最後に活版の着ぐるみから一斉に顔を出した人たちの表情の、なんと輝いて いたことか。

感動でしたよね。
途中でちらっと下が見えてたので、人が入ってるなって思ったんですが。。。最後にそれを見せる所もいい。

ああいうプレイ、どうやったのかなって、思ってたんですが。。。
きっと、一人ずつイアフォンで音を出して、高かったら高音とか。。。そういう支持を個別にして、動かしてたのかも?なーんて、そういうアナログな所を考えさせられるのが良いな。
昨今の映画は、みんなデジタルだから、何でも出来ちゃうけど,ああいうのは、できないですよね。だから、昔のような謎ときが面白くって。。。

それにあれ、テーマがすばらしいですよね。
中国の4大発明の中で3つが紹介されたんですよね。
もうひとつは。。。内緒?って思ったら,よく考えたら,花火(火薬)でした。
(すみません。見ながら CHAと話してた、ジョークを。。。これで爆弾テロが突っ込んだら、4つめって新聞の見出しになっちゃうねえ)

>オリンピックは、巨大化しすぎていると感じます。国家の威信と思惑なしに
もはや語れなくなっています。日本だって、東京オリンピックは国家の威信を
かけたものだったし、その後の高度成長をもたらしました。中国が威信を
かけて、巨大なショーを作り上げるのは当然です。

これ、思いました。
この後、どんなのが作れるか。
相当,辛いですよね。
日本がどんなにお金かけても、こんなの絶対できません。
あの人口と、豊かな文化的背景があってこそ。
中国が人類の文化の歴史で担ってきたものの大きさ、規模。
どの国も、絶対にかなわない、「国力」を見せつけられた想いです。経済だの、ITだのって、何てちっぽけなんだろう。

それに加えて、映画監督を起用して、映像として、全世界に配信する戦略。その質の高さ。
これ、史上最高にして、だれも超えられないものだと思いました。

日本でオリンピックやって欲しくないなあ。。。
それ、思った人、多かったかも。


>デモね、僕は30分くらいで十分だと思いました^^

選手入場は長かったかな。
最後に聖火リレーが無かったら、見なかったかも。


それにしても、
これ、ライブ映像作品として、
歴史に残るものだったなあ。
それを全世界の人と共感させてくれた中国に、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

パブリックコメントを出そう!

内閣府がこういうのを募集している

エネルギー・環境に関する選択肢」に対する御意見の募集(パブリックコメント)


https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

詳しくは、
http://www.sentakushi.go.jp/

にとても分かり易く出ている。子供のページまである。

一応、書き出すと

ゼロシナリオ

2030年までのなるべく早期に原発比率ゼロに。核燃料サイクル政策に関して、使用済核燃料を直接処分する政策を採用。
最終的には再生可能エネルギーと化石燃料からなるエネルギー構成に。
化石燃料の依存度を極力下げ、他のシナリオとそん色のないレベルまでCO2の排出量を低減するため、省エネ性能の劣る製品の販売制限・禁止を含む厳しい規制を広範な分野に課し、経済的負担が重くなってでも、相当高水準の再生可能エネルギー、省エネ、ガスシフトを実施。

15シナリオ

原発依存度を着実に下げ2030年に15%程度としつつ、化石燃料依存度の低減、CO2削減の要請を円滑に実現する。
核燃料サイクル政策については再処理・直接処分がありうる。
原子力、再生可能エネルギー、化石燃料を組み合わせて活用し、エネルギー情勢や地球環境を巡る国際情勢、技術革新の変化など様々な環境の変化に対し柔軟に対応する。

25シナリオ

緩やかに原発依存度を低減しながら、一定程度維持し2030年の原発比率を20~25%程度とする。原子力発電の新設、更新が必要となる。
核燃料サイクル政策については、再処理・直接処分がありうる。
化石燃料依存度の低減とCO2排出量の削減を、より経済的に進める。
原子力及び原子力行政に対する国民の強固な信認が前提となる。


------

この3つになる。

さて、デザイナ的に考えてみよう。

このホームページ、かなり良くできている。
プロが作っているのはもちろんだけど、しっかりしたプロモーションの為の骨子ができていないとここまでできない。

たとえば、まず、第一印象として、明るい、柔らかい、親しみ易いイメージを出している。他の内閣府、政府のページと比較してみると分かる。
要するに、「難しそうだ」と、来た人が引いてしまわない工夫をしているのだ。
たとえば、色、グラフを手書きにして、固い難しいイメージを回避させること。できるだけテキストではなく画像で表現している。
子供用ページを作ることもそうだ。大人が来た時に、「子供でも分かるのか」という印象を持たせられる。もともと、内閣府のページなどに来る人間は、かなり限られたインテリしかいなかった。だけど、これは普通の若い人が来れる仕掛けになっている。中身の誘導もシンプルで分かり易い。すぐに、シナリオに飛んで行ける。

これは、深読みではなく、デザイナなら誰でも分かる普通の見解だ。デザイナでなくとも、内閣府の他のページと比べると分かる。おそらく、他のページを作っているデザイン会社ではなく、(そこかもしれないけど)別途、担当者を決めて作ったのだろう。


さて、この目的は何だろう。

もちろん、より、多くの国民の解答を得ることを目的としているはずだ。
そして、それが、どのような「世論」の結果となることを、彼らは知っていてやっているはずだ。
ずばり、「ゼロシナリオ」回答者が多くなる。


もともと、国民の中で、
原発反対
原発推進
という主張を持っている人間というのは、そこそこ知的な回路を持っている者たちと言えるだろう。彼らは一定数いる。そこから、知的関心度的には少ない人たちを拾おうというのがこのページのデザインコンセプトだ。たとえば、子供や、おかあさん、新聞など読まないような若者や高齢者。
こういう人たちを拾うと、世論はどちらに傾くだろうか。

市民は3種類に分類できる

確固たる意志を持った第1グループ
そこそこ関心を持った第2グループ
殆ど関心の無い、偶然来た第3グループ

第1グループは
推進であれば、25シナリオに
反対であればゼロシナリオに入れる

第2グループと第3グループが、ホームページの柔らかさに惹かれて来た人々だ。

その中でまず第2グループは、何らかのきっかけで原発に関心を持った人たち。
彼らは昨今の原発事故騒動で興味を持ったわけで、反対派が多くを占めるはずだ。
インターネットは苦手だけれど、「わざわざ来た」。知的関心は高くないにも関わらず、「わざわざ」来たというのは、彼らなりの意志を持っていると言える。せっかく一生懸命ネットで書くのだから、中庸には入れないだろう。
なので、彼らもゼロシナリオに入れる。

第3グループはどちらか分からない。日本人としては、中庸の真ん中にいれるかもしれない。

ということは、結果的にゼロシナリオが高くなる。


っというすずめ算が当たるか当たらないか、実はそれは問題ではない。

上のロジックは、こういうのを企画/デザインする時に常套的に考えられることだ。要するに、内閣府は、常套的に上のような推理をし、ゼロシナリオが支持されるだろうという「覚悟」をして、デザインを起しているということになる。

この逆は、デザインを固いものにして、知的な者しかアクセスできない形にすると良いということだ。
この二つのデザインの選択肢から、彼らは前者を選んでいる。
(そもそも、25シナリオでも今までよりも原発を減らすことでもあるのだから、まあ、そういう方向性を持っているということだ)


ここには、国の意志を見ても良いと思う。
もう、日本の方向性はすでに決まっているということだ。

パブリックコメントを出そう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »