« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月19日 (土)

製造業って、ダメじゃない!

何か、毎日毎日、みんなして、にっぽんダメだめって大合唱。
まあね、昔から、みんな二言目には、にっぽんダメだったから、
今に始まったコトじゃないけどね。

でもさ、そんなにダメだろうか。

これから、太陽光発電のプラントとか、市場性があるじゃんって言うと、
ダメダメ、どうせ海外に行っちゃうって。
そうだろうか。

(ここでは、大きなメガソーラから家庭用までざっくり全部、イメージしてる。全部入れればすんごい巨大市場だ)


結構前で、何度か日記にも書いたかもしれないけど。。。
世界経済フォーラムの国際競争力。

Basic requirements (20.0%)
Institutions:24位、5.2点
Infrastructure:15位、5.7点
Macroeconomic environment:113位、4.2点
Health and primary education:9位、6.5点

Efficiency enhancers (50.0%)
Higher education and training:19位、5.3点
Goods market efficiency:18位、5.0点
Labor market efficiency:12位、5.0点
Financial market development:32位、4.6点
Technological readiness:25位、5.1点
Market size:4位、6.1点
Innovation and sophistication factors (30.0%)
Business sophistication:1位、5.9点
Innovation:4位、5.6点

ハイハイ、ダメな数字が並ぶけど。。。
今もって、イイのがある。
Business sophistication:1位、5.9点
Innovation:4位、5.6点

コレだ。
要するに。。。平たく言って、ニッポンはFinancial market development32位みたいなマネーゲーム的仕事とか、Infrastructure:15位っていう公的な部分は、ダメダメだけど、
製造業が担う部分だけは、まだ、世界の一流であるランクを維持できてる。


さて、

みんなが言う、製造業ダメだめ合唱だけど。。。
本当にそうなんだろうか?


まず、
産業の空洞化って、どういうコトなんだろう。

オトナはみんな製造業ダメダメとしか言わないので、ココは「賢い小学生」になったつもりで考えてみよう。


さて、賢い小学生なら分かる。
ヤマダ電気で売ってる10000円のゲーム機は、元の値段、ヤマダ電機が仕入れる値段がどの位か。
なぜ知ってるかというと、よく、算数の問題で出て来るからだ。
太郎くんちのお父さんは八百屋さんです。リンゴを1個80円で仕入れて、100円で売りました。。。っと。

そう、そこから想像すると、きっと、ヤマダ電機では1万円のゲーム機をもっと安く仕入れてるんだろう。どの位だろうか。
さて、こういうの、広告を見てると分かる。時々バーゲンをやる。その時の安売り価格、半額になったりしない。せいぜい2割引だ。
だとすると、きっと、仕入れてるのは、2割よりもちょっと少ない程度なんだろう。

賢い小学生は更に想像する。
ヤマダ電気は、ゲーム機を問屋さんで買うって学校で習った。
問屋さんはもっと安く仕入れてるはずだ。いくらぐらい安いんだろう。。。
もし、ヤマダ電気で3割の儲けがあるなら、きっと、2割ぐらいじゃないかな。
っと。

そう、ココだけでも、賢い小学生なら分かる。工場以外の、小売業部分で、10000円のゲーム機の5000円分儲けてる。。。イコール経済効果になってるワケだ。


さて、ちょい、オトナのすずめも登場してみよう。
実はこういう値段の仕組み、ホントは内緒だ。
なので、どこにも書いて無いはずだけど、すずめは昔その手の会社でもお仕事してたんで、ウスウス知ってる。

じゃ、この先はどうなんだろう。
すずめの知ってる範囲じゃ、

製品の製造コスト(パッケージなどを含む)は3割(以下)
コレに2割ちょっとを乗せて、出荷する。この部分が企業の利益だ。

さてさて、
日本の製造業が空洞化されてるという。
何が空洞化かというと、
結局、工場の組み立てラインが海外に行ってるってコトだ。
だけど、企画も開発、金型、デザイン。。。みんな日本だ。
工場のラインの仕事、そんなにおいしい?
そのラインの仕事が製品代金に占める割合、
どれだけか?
少なくとも3割以下だ。
正確に言えば、「組み立て工賃」
これが、中国その他に「発注」されてるのだ。

具体的には、デザイナがゲーム機を企画する時、
外のプラスチックパネルは香港に、300円
中のチップは、マレーシアに大量発注。900円。。。
で、それをどこに集めて組み立てようか。工賃が一番安いのは。。。あ、中国か。工賃50円。パッケージ、120円。。。。全部で2500円。
輸送費が500円で
ってコトで、中国で組み立てて、箱に入れて、出荷。
コレなら、定価10000円にできるね。ってな感じで企画するのだ。
結果として、日本は中国から3000円で仕入れたゲーム機から、7000円の経済活動をする。
空洞化は起こってる。
だけど、この3000円分の空洞だ。
そして、この中国に行った工賃、そんなに惜しい?
ものすごーーっく、カツカツに見積もってる部分が工賃なのだ。
それに比べて、企画と流通はアバウトに7000円も持ってくんだヨ。


太陽光プラントが日本で売れれば、
ちゃんと、日本の経済は潤う。
製品そのものの組み立ては、中国かもしれない。
だけど、
それは製品代金の3割にも満たない部分だ。
こういう大きなモノはバルクで輸入して、アセンブルを日本でっていう方法もとられるだろう。(要するに、シートはシートで船に積んでそれを一つずつの製品に組むのは日本でやった方が輸送費が安くつくので。。。そうなると、原産国表示は日本でも良いことになっちゃうかもだけど)
それに、中国から日本への物流コストを足した、残り。
およそ7割が日本に絡んで消費される金額だ。

ね、
製造業、ダメじゃない。
誰も工場のラインに立たないで、
7割の経済効果がもたらされるのだ。
それって、むしろ、おいしいじゃん。

ココで、大きなファクターは、日本ブランドのものを日本で消費するということだ。
上で書いたように、もし、海外ブランドを日本に輸入して消費した場合は、小売り部分の3割程度。
だけど日本ブランドのものなら、もっと大きな経済効果になる。

最初に経済フォーラムの国際競争力をあげた。
その理由:

日本ブランドが、魅力を持っているということだ。
これが、日本の最も大きな希望だ。
お金があれば、テレビを買うなら、シャープにするよね。海外の安いブランドじゃなく。
お風呂の湯沸かし器も、ノーリツかリンナイにするでしょ。
家を建てる人は、窓のサッシ、トステムにしたいはず。
ナントカっていう海外メーカーなら安いですヨって言われても、ホントは魅力じゃない。
そう、
そこが日本の強み。
きっと、5年後には各々の家庭で、コージェネガス湯沸し(エネファーム)や太陽光発電をつけようかという話が始まるだろう。その時、どこを選ぶだろう。

そう、そういうハナシだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

産科医療保障制度 講演会レポート


某所であった講演会のレポート。ひたたく、単にまとめてみた。
この問題、いろいろな角度からの議論がある。これはこのグループの方向性。
すずめ自身、ここに指摘されたのとは別の意味で問題があると思ってるけど、

会場でも、別の方向性の方かたの「質問」があり、収拾がつかなくなりそうなので、
場を別にもうけようということになった。そっちの方がおもしろそうだ。


------

演者 演題1:「本制度のために産科医療が崩壊するー現場の声」
演者:I氏(Iレディースチャイルドクリニック院長、産科中小施設研究会世話人)

産科医療保障制度の問題点

産科医療保障制度

公益財団法人 日本医療機能評価機構 運営
平成21年より開始

目的
1 重度脳性麻痺児に保証金支払い
2 原因分析と再発防止の情報提供
3 紛争防止 早期解決および産科の質の向上をはかる

位置づけ
分娩機関 = 顧客 (加入分娩機関が掛け金を負担)
機構= 民間保険代理店

機構の構成

審査委員会 補償認定

↓ 補償ありとされると

原因分析委員会

↓ 重大な過失が明らか

調整委員会 
(損害賠償などを検討)

補償額
3000万円 初回金 600万円 + 月額10万 x 20年


一出産につき 3万円は医療機関の分娩費用から 
出産育児一時金 42万円 に含む
加入率99%

年間 300億円(100万人x3万)


参考 国民健康保険 保険料 1/3 税金2/3  社会保険 1/2 企業 保険料


問題点
●医師に一方的不利?

民間団体

原因分析委員会
再発防止委員会
調整委員会

医師には 黙秘権無し 異議申し立て受け付けない

情報(個人情報含む)はすべて開示

事件 893人の患者情報が漏洩 2011 10/7報告

これからは本制度が裁判の代わりになるのではないか?


↑医療行為の責任追及ではなく、評価としている


●紛争になれば、保証金は機構や保険会社に戻る

写真


→公的資金から、毎年93億保険会社の利益になる
 機構へは毎年3億円の事務費 プラス 功労賞から年間8000万の助成


●未加入なら、レセプト請求ができない

ハイリスク妊娠管理加算 妊娠22週から32週:1回入院1000点 にたいして、ハイリスクの場合は2000点
は未加入なら請求できない

→憲法89条 公金の支出禁止

紛争例

3年間で補償件数 252件
損害賠償請求 が行われている事案は 18件


→周産期死亡率を悪化させる
→助産所は壊滅 (ガイドラインに準ずる設備が無い)
→帝王切開が急増
→産科医不足
→法律的に示談は医療機関が有罪と同じ


厚労省:
全科に及ぶ無過失補償制度を検討中
(無過失補償制度自体は国会を通っていない)

---
フロアから:

反論:94%の医師が良い制度だとしている(アンケート)
そもそも原因分析を無くして、お金だけ払うなど社会は納得しない


------

「産科医療補償制度は私的制裁であり私的裁判であるー医療事故調の誤った実際例」
演者:K氏(K法律事務所弁護士)


見直しが今年度中にされる?

●見直し期間5年で余剰金は1000億円
●無過失補償制度 → 無過失だけ補償制度

MediCon.2011.11(記事)
法律の知恵袋
不真正な無過失補償制度には反対すべき 

厚労省検討会のリスク

2011年8月
医療の質の向上に資する無過失補償制度のあり方に関する検討会
 患者 家族(遺族)の救済及び医療関係社の負担軽減の観点から、医療の質の向上に資する無過失補償制度等のあり方や課題について幅広く検討を行う

あえて過失 無過失を問わず補償を行う


MediCon.2012.5(記事)
法律の知恵袋
医療事故調に中立的第三者機関はいらない

懲罰性の排除
日本脳神経か学会の基本的考え--医療事故調査に関する実りある議論のために
「懲罰 賠償責任を目的とした民事 刑事裁判において認められている黙秘権は科学的な事故調査では行使されるべきではない。/法的処分 責任追及の制度と明確に分離されるべきであり、非懲罰性が明確に分離されるべきであることが不可欠である」
(遺族の悲嘆感情や処罰感情が反映されるような懲罰性を制度の中に反映されてはいけない)

→ 懲罰性を排除するような配慮がされていなければ、第三者機関を設置してはならない

事件 紛争の領域に中立的第三者機関を作るならば、
医療事故調査機関(委員会)ではなく純然たる裁判外紛争解決機関(ADR)として制度設計すべき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

バランスの取れた覚悟

原発住民投票 石原知事に請求
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2012018&media_id=4


今、もうすでに、世の中は、原発廃止に向けて、向かっている。
その中で、私たちが、更に反対するなら、自らの嘘をやめることだ。


福島の放射線の健康被害は微々たるものだろう。
これで、みんな癌になったりしない。

そして、どう、バランスの取れた考えが持てるかということだ。
もはや、原発を止めたい至上主義から脱するべきだ。


中部電力や東京電力他は原発を止めてもこの夏をしのげるかもしれないが、関西電力は難しいだろう。

この夏、原発のある場所に大地震と津波が来る確率(リスク) vs 思わぬ需要で8月の猛暑の昼間に突然5時間ブラックアウトしてしまう確率(リスク)どちらが大きいか。


病院や福祉、介護施設には自家発電が無い所もある。何時間持つかも分かっていない。人工呼吸器の人も然り。新生児、高齢者などに猛暑は命に関わる事態だ。電気が「真夏の昼間に」長時間止まるかもしれないリスクの大きさ。それに対する方策の難しさに対して、もっと真摯になるべきだ。

こういう大きなリスクに対して目をつぶってはいけない。


しかし、よく言われる、経済への影響に関しては、個人的には否定したい。
原発を止めると経済に影響があり、失業によって人が死ぬなどというのは、原発由来の問題じゃない。

原発によって経済を支えても、問題は解決しない。「よしんば」これまで原発の存在が日本経済を成り立たせてきたとしても、これから先、原発に依存した経済では通用していかない。

これからは、サスティナブルなエネルギーで支えていくべきだろう。


結局は、バランスをどう、取れるかにつきる。
東京は原発反対をどんどんやれば良い。
だけど、関西電力圏では慎重にすべきだ。


まず、原発を止めさえすれば問題解決などというような、大きな嘘をやめること。
原発は、刹那的にではなく、骨太に、これからの新しいエネルギー政策とともに、止めて行くべきだ。止めさえすればバラ色じゃない。
止めても、止めなくても厳しい、
だけど、私たちは止める方向性に舵を取る。
そういう覚悟を決めるべきじゃないだろうか。

-----


 原発の賛否を問う住民投票実施を目指す市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」は10日午後、東京都庁を訪れ、石原慎太郎都知事宛てに条例制定を求める32万3076人分の署名を提出した。署名集めに関わった俳優の山本太郎さん(37)は都庁内で記者会見し、「黙っているだけでは(国に)勝手なことをされる。住民投票はやらなくてはいけない」と訴えた。

 地方自治法にのっとった署名で、条例案は都議会で審議されるが、否決される可能性もある。同団体の今井一事務局長(57)は「議員一人ひとりに誠意を持って話せば、心を動かせるはずだ」と強調。同席した首都大学東京の宮台真司教授は「これをきっかけに、重要なことは住民投票で決める仕組みをつくろう」と語った。

 同様の運動は大阪市でも行われ、請求に必要な数を上回る署名が集まったが、市議会で理解が得られず、実現しなかった。原発立地県の静岡県では5月13日から、新潟県では7月から署名集めが行われる。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

兎の人生 死と医療

人生って。。。
兎生かもだけど

うちのウサギのノアは、そろそろ4歳。
ネザーランドはいつまでも赤ちゃんのような丸い顔をしてて、
そりゃ、かわゆい。


だけど、人間で言えば何歳なんだろう。40歳か、もっとだろうか。

専門家がいるのにナンだけど、
ウサギは自然界では4歳位までしか生きないという。
やはり自然は過酷。


でも、そういうことじゃ無いかもしれない。
うさぎも、4歳位から、癌になる子がでてくるそうだ。
ノアは女の子だけど、子供を産ませないなら、子宮を取ってしまう手術をするのだそう。

どうしようかと思って、手術はしないことにした。
なので、これから先、もしかして、癌になるかもしれない。
だけど、もしかして、それが自然の摂理なのかもしれない。
そう、思って決めた。


自然界での寿命は4年。
飼い兎は10年生きることもあるけれど、
その中の何割かは癌になることがある。
そうか。
もしかして、兎の人生っていうのは4年ということなのかもしれない。

そこから先は、人工の世界。

人間の寿命はどれくらいだろう。
やはり60年だろうか。
60歳から、癌だの加齢性の病気が出てくる。

60歳から先の人生は、
「感謝」なのかもしれない。
本人にも、周囲にも。

前にも書いたけど、
何年か前、友人の猫が亡くなった。
癌だった。
友人は毎日、病院に連れて行き、
手を尽くした。
最後は、皮がずるずると剥けて、血だらけになって亡くなったのだそう。

何匹かいた猫の次の子の時は、
具合が悪くなっても、病院には連れて行かなかった。
その子は、
何日か後、日だまりの中でお昼ねしながら、亡くなった。


今、友人は犬を飼ってる。

もし、この子にも、手術をして寿命を延ばすかという選択があった場合はどうだろう。
ウサギのノアと比べて、
全然賢くて知的なコミュニケーションもできる犬は、
やはり、医療に委ねるべきなのかもしれない。
諦められないだろう。


医療を受けるか
受けないか。
このボーダーのあり方は、「知性」にあるのかもしれない。
そして、
知性の少ない?
ウサギは、
猫のように、日だまりの中で
お昼ねをしながら死を迎えられる。
それは、知性の代わりに
ウサギが持つ、特権なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »