« 車椅子:触らないでっ! | トップページ | ビジネスの厳しさ »

2012年2月13日 (月)

原発の温度計って?

2号機温度が80度突破 制限超え
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1912251&media_id=2


もし、記事の通りだとすると、80度超えたというのは事実ではなく、
タイトルには、マスコミの恣意性を感じる。


だけど、論点はそこじゃないはずだ。
記事によれば、80度超えたというのは、温度計の不具合によるもので、
本当に高温ではないのではないかということにある。

そういえば、今までも、温度計の精度についての記事があった。もっと高温状態の時だった。やはり、高くなってしまい、でも、温度計が壊れているのではということになった。

しかし「不思議と」その反対は報道された事が無い(と思う)
温度計が、不具合で低くなってしまってるはずで、もっと高かったというのは、
記憶していない。


温度計の仕組みがどうなっているのか分からないが、
もともと、この温度計は、平常の状態で作られているはず。そこからの「変化」の度合いを「温度」として計測するのではないだろうか。
たとえば、普通の温度計をイメージすると、気温が30度から、壊れてどんどん60度に上がっていくというのは、考えづらい。
逆は想像できる。基準の温度から、動かないということ。

原発の温度計がどういうものなのか分からないが。


いずれにしても、温度計が信頼できないというのは、本当は怖いことだ。
温度に異常があっても、分からないということなのだから。

ヘッドとするべきは、

「温度計への不信」
であるべきじゃないだろうか。
80度超えなどという、いたずらにセンセーショナルな文言で釣っても、
すぐにバレる。

------

------


東京電力は12日、福島第1原発2号機の原子炉圧力容器底部にある温度計の一つが午後2時過ぎに82度を示し、80度以下に保つとする保安規定に定めた制限を超えたと経済産業省原子力安全・保安院に報告した。昨年12月の「冷温停止状態」宣言後で最高値。温度計の誤差を考慮し80度を超えると「冷温停止状態」の条件を満たさなくなる。だが東電は他の温度計との比較から温度計の不良が原因との見方を強めており「冷温停止状態は維持できている」としている。

 圧力容器底部の温度は1月下旬から上昇傾向で、この温度計も6日午前7時に73.3度に上昇。7日に原子炉への注水量を毎時3立方メートル増やし、一時は約64度まで下がった。しかし再び上昇傾向を示し、11日午後9時に73.3度になり、さらに注水量を毎時1立方メートル増加させた。それでも効果がみられず12日午後2時15分には82度に到達。東電は同日午後3時半、注水量をさらに毎時約3立方メートル増やして同17.4立方メートルとした。だが午後6時現在で83.9度を示している。

 東電が温度計の不良とする根拠として、同じ高さにある別の二つの温度計がいずれも35度前後を示し低下傾向で、1.5メートル下の3カ所の温度計や格納容器の温度も低下傾向であることを指摘。また、問題の温度計の値の振れ幅が12日正午以降、約2倍になったことも故障との見方を強めた要因に上げた。

 松本純一原子力・立地本部長代理は会見で「ほかの温度計の傾向と完全に異なるし、温度のばらつきの度合いも顕著に大きくなったことから、相当な確信をもって温度計の不良と判断した」と述べた。東電は今後、さらに温度の推移などを分析し、温度計の不良と断定した段階で、保安院などに再び報告する方針。【岡田英】

|

« 車椅子:触らないでっ! | トップページ | ビジネスの厳しさ »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/44096032

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の温度計って?:

« 車椅子:触らないでっ! | トップページ | ビジネスの厳しさ »