« あなたのための占い | トップページ | てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? »

2012年1月 5日 (木)

何を届けるのか

これは反対っていう意味ではなく、素朴に疑問っていう意味で。


さっき、知り合いが流している、
家庭で余っている石けんをミャンマーの子供たちに届けるので集めよう

というキャンペーンの告知が来た。


石けん?
それを、集めてミャンマーに?
確かに、石けんが必要なのは分かる。
だけど、みんなから、石けんを集めるという費用、送る費用、合理的なのだろうか?

確かに各家庭で余っている石けんはあるのかもしれない。
だけど、ミャンマーの子供たちが欲しいと思う石けんは、何百円、何千円もする高級石けんではなく、シンプルな、安いものであるはずだ。

1個30円?
そういうのが、普通の家で何個余ってる?
5個?。。。あったとして、(普通の感覚じゃあまり無さそうって、思うけど)
コレをその取り集めてる人に送るのに、メール便でも200円。

石けんはタダでも、
一個40円になる。
それだけじゃなく、もし、全国からたくさんのいろんな形の石けんが集まったら、それをミャンマーに送るのは大変だろう。段ボールに入れるにしても、いろんな大きさがあれば、隙間がたくさんできてしまう。それ以前に、段ボールいっぱいの石けんって、どれほどの重さになるんだろう。この取り集めをしてるという場所は、住所から見ると、一般の家?のようだ。個人のボランティアさんがやってる?

本当に石けんを集めるなら、
企業さんから直接カートンで仕入れて、送る方が合理的なのではないだろうか。
石けん会社はいろんな無駄が無いように、きっちり、箱に詰めてるはずだ。

もちろん、世の中、合理性だけじゃない。少々無駄でも、心が伝わる方が良いというのもある。だけど、石けんの調達に困っているような国では、メール便の送料の200円だって、大きな金額なんじゃないだろうか?
だったら、その200円を生かしてあげるのも「心」かもしれない。
200円のコストがあれば、企業経由だったら10個の石けんが仕入れられるんじゃないだろうか。


もっと言ってしまえば。。。
200円のコストで5個の石けんを送れる団体
200円のコストで10個の石けんを送れる団体
更に言えば、もっと大きなものに変換できる団体

こんなのを比較してしまったら、もともコも無いけど。。。
どういうのを支援するべきか。
そういう問題じゃないんだけど、
そういう問題もあるのかもしれないと思ったりした。

|

« あなたのための占い | トップページ | てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43629110

この記事へのトラックバック一覧です: 何を届けるのか:

« あなたのための占い | トップページ | てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? »