« てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? | トップページ | エネファームは買ってはいけない »

2012年1月15日 (日)

モノの値段とは /ガス湯沸かしの謎

モノの値段とは /ガス湯沸かしの謎


2、3年前、すずめのお宿のガス湯沸かし器が壊れた。
もう、古いので、というより、寿命に違いないので、修理しても高いはず。
取り替えしかないと、東京ガス(社名、変わったっけ?)を呼んだ。
早速、見積もりをしてもらう。


すずめのお宿には、

ノーリツ EKOジョーズ フルオート AXS
がどうかというコトになった。
今までと同じランクので、エコ。

38万ちょい、に、
リモコンをもう一つつけて、
工事費を入れると44万。

で、コレをうーんとマケて、40万にしますっ。っと。

わあ。東京ガスさん、太っ腹ぁ〜
4万もマケてくれちゃうっ。!


じゃあ、後でもう一度、ご連絡しますってコトで、
すずめはネットをパタパタ。

同じノーリツの機種で、探す。

「激安」とノーリツ 湯沸し でひっかけると、いっぱい業者さん、出てくる。

で、問い合わせの電話をしてみると。。。
「工事費、ドレーン。。。。ナントカカントカ。。。ハイ、30万にします」
えっ?
すごい!いいじゃんいいじゃん。
それにしようか。。っと思ったけど、もう一件電話。
「ウチは25万ですっ」
な、何??
じゃ、もう一件電話。
「ハイ、20万です」
おおおっ。
東京ガスの半額っ!

で、
最終的には、
工事費混み、で、
17万の業者に決定。

すずめは世間知らずでしたっ。
世の中の仕組み、分かりました。

----

昔から、建築関係のコストってのは、こういう問題があるって言われていた。
たとえば、誰でも見たことがあるだろう。カーテン屋さんの店先に
サンゲツ、激安 半額!
っての。
サンゲツのカーテン/壁紙を定価で売ってるのは、銀座のデパート位だ。
どこでも半額やってる。
こんなのは、イメージが悪いと思ったのか、何年か前、サンゲツは大幅に価格変更を行った。以来、「サンゲツ 激安!」はあまり見なくなった。


つい、この間も、すずめのお宿のトイレを入れ替えた。
コレも、同じ、TOTOのネオレスト 同じ機種が、
業者によって20万も開きがあった。


その一方で、
家電なんかの価格はシビアなんじゃないかと思う。
ココだけの話、大手メーカーさんの社内売りより、アキハバラの方が安い。ってコトで問題になったからかどーだか知らないけど、「オープン価格」ってのができた。(かなり昔だけどね)
某社にいたころは、工場出し価格よりも、XXスーパーの安売りの方が安くて、愕然としたコトがある。(工場出し価格って、各社内緒だと思うけど、純粋に原材料費用ってコトだからね。会社の経費無しに)


ったく、
世の中の値段って、どーなってるのか。
世間知らずのすずめでした。

|

« てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? | トップページ | エネファームは買ってはいけない »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43752320

この記事へのトラックバック一覧です: モノの値段とは /ガス湯沸かしの謎:

« てんでんこを子ども達教えるべきだろうか? | トップページ | エネファームは買ってはいけない »