« 拾った平和 | トップページ | 文字の表記の標準化 »

2011年11月23日 (水)

終戦の日/一番長かった夏


2010年08月15日19:30
終戦記念日 犠牲者の冥福祈る
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1309540&media_id=2


WIKIで1945年を引くと、
ものすごく大量の記載が出て来る。
まさに、人の歴史にとって、一番長い年。

今、私たちはそれから65回目の夏の、8月15日の時間を過ごしてる。


日本にとって、終戦の日

だけど、調べてみると、戦争が終った日というのには諸説あるらしい。
以下、Wikiから

• 1945年8月14日:日本政府が、ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告した日。
• 1945年8月15日:玉音放送(昭和天皇による終戦の詔書の朗読放送)により、日本の降伏が国民に公表された日。
• 1945年9月2日:日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日。
• 1952年4月28日:サンフランシスコ講和条約の発効により、国際法上、連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日。

連合国軍の占領下にあった1952年4月27日までの新聞紙上では、9月2日を降伏の日や降伏記念日や敗戦記念日と呼んでいた。イギリスやアメリカ合衆国を初めとする連合国側では、9月2日を対日勝戦記念日として「V-Jデー(Victory in Japan Day)」と呼んでいる。国際的には、9月2日を終戦の日とする国が多い。

ということだ。

この日に至る経緯を見ると、ポツダム宣言から原爆投下。。。そして、受諾までの事件がほんの4週間程の間に起こっている。


• 7月26日 ポツダム宣言発表。連合国は日本に降伏を要求する。
• 7月28日 日本はポツダム宣言を黙殺する声明を出す。
• 8月6日 - 米軍が広島市へ原子爆弾投下
• 8月8日 - 深夜、ソ連が日ソ中立条約を破棄、日本に宣戦布告
• 8月9日 午前、ポツダム宣言の受諾の可否について最高戦争指導会議が開かれる• 午前11時02分、米軍が長崎市へ原子爆弾投下
• 8月10日• 未明、御前会議で「国体の護持」を条件に日本のポツダム宣言の受諾を決定、連合国側へ打電
• 8月14日 午前11時、天皇が御前会議でポツダム宣言受諾の意思を表明
• 8月15日 日本時間正午に昭和天皇の肉声で読み上げられた終戦詔書がラジオで放送される(玉音放送)。日本国民にとっての終戦の日となる。(終戦記念日)

今の誰もが思うと思うけど、何で、もっと早く、降伏しなかったのだろう。
ポツダム宣言と原爆投下は、日本がそんなに早く動きっこないっていう事で、原爆投下のタイミングを図ったのか。。。

そんな風にさえ、思う。


この時、誰の目にも、敗戦は明らかであったろう。巻き返すことなどできないと。
それなのに、なぜ、こんなに引っ張ってしまったのか。

ちょっと前、BSで「日本の一番長い夏」っていうドラマを見た。
その中で出て来た事。

ポツダム宣言については、日本は発表を知っていた。
そして、それを、どう、扱うか...新聞には「さりげなく」報道して欲しいという要請があったという。(ポツダム宣言への反応については、黙殺の意志があったかどうかって、諸説あるようなので、この件に対する真偽は保留しとくとして)
ドラマでは、日本がなぜ、すんなり降伏できなかったという事に言及していた。
クーデターが怖かったから。
事実、15日前夜、陸軍によるクーデター未遂事件が起こっている。

宮城事件
宮城事件(きゅうじょうじけん)とは、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて、一部の陸軍省幕僚と近衛師団参謀が中心となって起こしたクーデター未遂事件である。
wiki


陸軍だけでなく、いろんな抵抗があっても不思議じゃなかったろう。
そんないろんなものを越えての、
終戦。


ちゃんと知って、覚えておきたいって、思う。

|

« 拾った平和 | トップページ | 文字の表記の標準化 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43115068

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日/一番長かった夏:

« 拾った平和 | トップページ | 文字の表記の標準化 »