« v | トップページ | 以前、「買ってはいけない」という本があった。 »

2011年11月23日 (水)

麻薬のおそろしさ


2010年09月18日10:03
押尾被告、即日控訴も墓穴の可能性
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1346314&media_id=42


すずめはゲーノー スポーツの話題って、非常識にダメダメなんだけど。

今さっき、ちょうど、テレビで流れてたので。

(っていう情報しか無いんで、多少誤解があるかもしれない。さっき見た報道番組の中での内容のみをベースにして書いたので。)


争点は、


以下引用

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1345671&media_id=2

 検察側は「適切に救急搬送すれば9割方救命できた」とする救命医2人の証言などをもとに、容体急変時に119番していれば田中さんをほぼ確実に救命できたと指摘していた。

 これに対し、押尾被告は公判で「MDMAを田中さんに渡していない。人工呼吸や心臓マッサージなどの救命措置をした」と述べ、遺棄致死罪とMDMA譲渡の無罪を主張。弁護側も「田中さんは容体急変後にあっという間に亡くなり、119番しても救命可能性はきわめて低かった」と述べていた。

ニュースでは、
検察側の救急医は100%と言い、
弁護側は、全員じゃない。。。40?%
と、意見が食い違っていたとか。


しかし。。。この100%に対して、マスコミがどう、報道してるか分からないけど。ココ何日か、何度かこのニュース、そして100%という言葉は耳にしていた。そして、ものすごく、違和感を感じていたのだった。

本当に、麻薬を飲んでも、救急車を呼べば100%助かって、
明日からピンピンしてるのか。

もし、飲んで、おかしくなった時点で、救急車に乗っていたら、
本当に助かった?
でも、病院に付いたころには、身体中の血液や神経に薬は廻り切っていたはず。そこで、心臓だけを動かし続けたとして、無事で済むのか。
よく、麻薬で、植物人間になったという話を聞くけど、結局はそういう状態の可能性もあったんじゃないだろうか。

麻薬とは、それほど、怖いものなのだという、そういう事実も報道すべきじゃないだろうか。


そして、
物理的に助けられたかどうかというのが、裁判の争点だったと報道しても言いのか。

もし、オシオ被告が救命医で、その場で見て、
カノジョは助かるかどうかって、分かったろうか?

争点はそこには無いはず。
市民として、
よしんば自分が無関係であっても、
放置すべきじゃない。
明らかにダメだと思っても、
救急車を呼ぶべき。


100%という完璧無比な数値は、その最も大切な要件を損なってしまう気がする。


でも、
本当は、それが争点だった。
だから、実刑。
そういうコトじゃないかなあ。

|

« v | トップページ | 以前、「買ってはいけない」という本があった。 »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43115524

この記事へのトラックバック一覧です: 麻薬のおそろしさ:

« v | トップページ | 以前、「買ってはいけない」という本があった。 »