« 麻薬のおそろしさ | トップページ | スズメも少子化、その原因は »

2011年11月23日 (水)

以前、「買ってはいけない」という本があった。

2010年09月18日16:20
マクドナルドの怖すぎるCM!死んだ男が“I was lovin’ it”
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1346386&media_id=114

どんなモノでも、一種類の食品を食べてだけいたら、病気になる。それは別にマクドナルドに限った事では無く、お米でも野菜でも、何にでも言えること。
それなのに、なぜ、ハンバーガーに限って、そういう見方しかされないのか。


別に、擁護するわけではないんだけど、


以前、「買ってはいけない」という本があった。
ココにもマックが出てきたけど、やはり、同じ理屈で否定されていた。
それは、食べ物への評価としてはおかし過ぎる。

私たちは、たとえばゴマに対しては、
「栄養がある」
(栄養があるってどーゆー意味か分かんないけどさ)
って、手放しで言ったりする。
でも、もし、毎日、ゴマしか食べなかったら、
レタスしか食べなかったら。。。
死ぬ程不健康だろう。
だから、そんなコト、誰も言わない。

もひとつ。。。昔、
「世界で一番健康的な食べ物」っていうのがあった。
クエーカーのオートミール。
だけど、コレだって、コレだけ食べてれば「健康」って意味じゃ無いだろう。
だったら、ドッグフードとかの方が健康的ってコトになってしまう。


別にハンバーガーを擁護するワケじゃないけど、
おかしいよね。

|

« 麻薬のおそろしさ | トップページ | スズメも少子化、その原因は »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43115590

この記事へのトラックバック一覧です: 以前、「買ってはいけない」という本があった。:

« 麻薬のおそろしさ | トップページ | スズメも少子化、その原因は »