« こんにゃくゼリー:あるべき姿 | トップページ | 高額抗癌剤 アメリカとイギリスの比較 »

2011年11月23日 (水)

この見出し、どーよ/統計研究の結語

2010年07月02日01:07
■就寝前に毎日携帯、睡眠障害リスク1・4倍に


日本睡眠学会定期学術集会ってコトだから、一応、ソースを当たってみた。

この学会のプログラム見ると。。。

大井田隆先生って方は二つご研究を出されていて、以下通り。

中学生・高校生を対象とした消灯後の携帯電話使用と不眠症状に関する全国調査

日中の過剰な眠気と睡眠障害との関連―高校生を対象とした縦断調査研究―


残念ながら、抄録とか載ってないけど。
でもさあ、
こういう見出し、どーよ。


■就寝前に毎日携帯、睡眠障害リスク1・4倍に


すずめみたく素直なヒトが素直に読むと、
携帯って、睡眠障害を引き起こしちゃうモノだって読めるよね。

記事を抜粋すると。。。
(以下引用)

就寝前に毎日、携帯電話を使う中高生は、使わない生徒に比べ睡眠障害になるリスクが約1・4倍高い

全国から無作為に抽出した92校の中学生4万151人と、80校の高校生5万5529人が質問書に回答。

1日の携帯電話使用時間/2時間を超えたのは
高校2年の男子で35%、女子で45・8%で、
就寝前に毎日、携帯電話でメールをする」
男子は18・9%、女子は27・8%だった。
「毎日通話する」生徒も
高校3年生男子で11・2%、女子12・5%だった。

 生徒に睡眠障害について尋ねたところ、就寝前に毎日、携帯電話で通話やメールをする生徒は、そうでない生徒に比べ入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒などの睡眠障害を発症するリスクが約1・4倍高かった。「日中に過度の眠気に陥る」リスクも、毎日通話する生徒で1・17倍、メールする生徒で1・5倍に高まることも分かった。


-----


ねえ。この調査で、
携帯イコール、睡眠障害っていうのは、
ちょい、ヘンっぽくない?

(上記の研究者さんが、そういうコトをホントに結論にしてるかどうかは、不明。無かったとしても、インタビューで答えてる可能性はあるかもだけど)

---

携帯をすっごく使う子と、使わない子、
平たく考えて、好みとかライフスタイルとか、違うよね。
だとしたら、そういういろんな要素がトータルに組み合わさって、「不眠」のような状態を作ってるってコトない?
っていうか、その「説」を否定して、あくまで、携帯が不眠の原因、みたいな結論が出るような「実験」は、少なくとも、上の研究の題名になってるような「調査」じゃ、答えが出ないよね。


だとすると。。。

この新聞、


「(引用)
同大医学部の宗沢岳史助手は「中学や高校の健康教育で、生徒たちに就寝前の携帯使用を控えるよう呼びかけてほしい」と警鐘を鳴らしている。」

って結論づけてるけど。

もし、ライフスタイルに起因するものだとしたら、
携帯止めたって、治んないじゃん。
上のアンケート調査で、携帯やめたら、不眠が治るって結論が出るようなデザインの設問になってるの?

めちゃくちゃ、恣意的に感じるんだけど。
それって、この先生のせい?
それとも、メディアのせい?


(読売新聞 - 07月01日 20:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1262130&media_id=20

|

« こんにゃくゼリー:あるべき姿 | トップページ | 高額抗癌剤 アメリカとイギリスの比較 »

異議有り!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43114922

この記事へのトラックバック一覧です: この見出し、どーよ/統計研究の結語:

« こんにゃくゼリー:あるべき姿 | トップページ | 高額抗癌剤 アメリカとイギリスの比較 »