« 原爆文庫 | トップページ | 終戦の日/一番長かった夏 »

2011年11月23日 (水)

拾った平和

2010年08月09日13:32
長崎原爆の日 約6000人黙とう
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1303067&media_id=2

今日、また、長崎の日


拾った平和

平和って。
大切だとかナントカ
毎年、このころになると、みんなが言ってる。

うん。確かに異議なし。

だけど、正直言うと、すずめは、その「平和」って何なのか実は分
かんない。
だって、すずめも、すずめの友達も、誰も、平和じゃない世界を知
らないんだもん。
すずめの親世代は、戦争をしていた時代を知ってる。そういう話を
いろいろ聞いたこともある。
だから、戦争の悲惨さって、分かる。

分かる?
正直言うと、ホントは分かってない。
お話の話だと思ってる気がする。
だって、
すずめたち、生まれた時から、戦争なんて、人生の前提に無かった
んだもん。
ニュースで、キタチョーセンのきな臭いハナシを聞いて、
おせんべ食べながら「ったく、コワイわよねえ。」トカナントカ
言ってるけど、マジじゃない。

世の中にゃ、「戦争が起こるかも」トカナントカ、
もっともらしく言うヒトもいる。
なるほどねえ。って思う?
うそ。ホントは思って無い。
思ってたら、おせんべなんて、食べてない。

マジに心配してたら、マジにどうしようって、具体的に思うよね。
だけど、
「もう、そん時はそん時よ。」
な~んて言っちゃう。ホントにマジで「その時」になったら、そん
なに達観なんてしてらんないんだけどさ。
実はゼンゼン、心配なんてしてないノダ。


だって、
すずめたちにとって、平和って、勝ち取ったモノじゃない。タダで
拾ったモノなんだもん。

もし、コレが自分たちで希求して、やっと手に入れたものだったら、
平和っていうものが、どういう「形」をしているか、知っていたか
もしれない。
戦前の世代は知っていただろう。ずっと求め、渇望していたろうから。
だけど、私たちは、べつに、誰も頼まなくても、手に入った。
もし、失っても、また、落ちてるかもだから、拾えばいいじゃん。
そんな気がしてる。
どうせ、拾うモンなんだから、
平和がどういう形してたって、関係無い。
作るんじゃなくて、拾うんだから。
それに、きっといっぱい落ちてるに決まってるんだしねって。

だけど。。。

65年前の今日、
長崎には原爆が落とされた。

焼かれた人たちは、
消え行く命の狭間で、
平和の形をくっきりと、思い描いていたに違いない。

|

« 原爆文庫 | トップページ | 終戦の日/一番長かった夏 »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43115056

この記事へのトラックバック一覧です: 拾った平和:

« 原爆文庫 | トップページ | 終戦の日/一番長かった夏 »