« 公園遊具:親の責任? | トップページ | 愛育病院:「総合周産期指定を返上」っていいじゃん »

2011年11月23日 (水)

ネットでお花見

さて、本日はすずめからのお誘いです。

すずめのこの日記読んで下さったみんなで、
お花見しましょう!


全員、絶対参加です。


場所は...

どこにしましょうか?
千鳥が淵もいいし。。。うーん、京都もいいですね。


まよっちゃうので、全部、行きましょう!

ご案内は、こちらのホームページから。

http://sakura.way-nifty.com/sakura/2008/08/googlemaps_76a1.html

おもしろいのは、

中程にあるところ。

>外堀通り(飯田橋) この写真では裸木ですが、写真の中の「南西」か「南東」と書いた矢印をクリックしてみてください。すると、桜が開花する瞬間(笑)を体験できます。

すごいじゃん。

------

グーグルアース。
うーん。おもしろい。
しかし、かーなりヤバって感じはする。
だって、相当、いろんなコト、見えちゃってる。
近所の人だったら、分かっちゃうかも。

コレを許しちゃう事にするか、しないか。。。

ウィキペディアをひくと、いろいろな問題が列挙されている。

基本的には、たとえば人の顔、自宅、自宅内、知られたく無い場所への出入り等の写真。これらが全世界に向けて発信されているわけだ。
これに対して、グーグルの言い分は、
「公道からの撮影は基本的に許されるはず」
というもの。
人の顔、ナンバープレートは自動識別でぼかされている。(この精度には限界があるが、今後、解決されるのだろうということで、まあ、許すとして)
しかし、人っていうのは、「顔」だけで認識できているわけではない。
明らかに自宅の近くを同じような年格好で歩いていたら、疑いなく本人だろう。ヨソの人には分からなくても、近所の人になら分かる。
こういうのを、どこかに焼き付けて、公開してしまうのは、明らかに違反かもしれない。
しかしまあ、この部分も許せるかもしれないのは、グーグルはこうした要望に答えるような消せるシステムも作っている。


そこら辺が賛否両論ある所だろうが。。。
すずめ的には、理屈の上で許せないのも理解出来る。
(そちらの方が論理的だとも)

しかし、もし、これをやめさせたとして、人類はこんな能力を持っている事実はある。結果として、合法的にこの技術を「公開」するとしたら、有料にすること。その値段によって、詳しさ、プライバシー侵害の度合いが高くなっていくっていうようなことになるだろう。高額を払えば、何だってリアルタイムに見放題。

そういう可能性まで考えたら、今のように、全世界の人の「批判」の矢面に立って磨いた方がいいのかもしれないとも思う。
その上で、もう一度、
「やめる」事も選択肢の一つである、「改善」をすべきかも。


(上記ホームページは知り合いってわけじゃなくて、偶然みつけたんですけど)


2009年3月の日記の転載

|

« 公園遊具:親の責任? | トップページ | 愛育病院:「総合周産期指定を返上」っていいじゃん »

すずめ的妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43113394

この記事へのトラックバック一覧です: ネットでお花見:

« 公園遊具:親の責任? | トップページ | 愛育病院:「総合周産期指定を返上」っていいじゃん »