« 世界で一番小さなエレベータ | トップページ | ロービジョンについて »

2011年11月17日 (木)

ロービジョン便利情報


すずめはMacユーザで、Macしか愛していないんだけど、ウワサによると、ロービジョンにとってウィンドウズっていうのは、賢いらしい。世の中には特別ないろんなツールが出回ってる中、そんな特殊なモノを使わなくても、ウィンドウズなら便利に使えちゃうんだってサ。

ってちょっとふてくされモードっぽいけど、ちょっと紹介しちゃいますね。
もしかしてベテラン、ロービジョン系のヒトには常識かもしれないけど、時々話題になるんだけど、知らない人も多いのかもって、思います。
以下、もちろん転送歓迎なので、みんなで便利にしてください。
特にアサクラメガネのロービジョンのページはおすすめヨ。

アサクラメガネのページ。

下の方に

9・Windous OSに付属する画面の拡大鏡機能&白黒反転機能

http://www.asakuramegane.co.jp/LOWVISION.htm

なのがあって、画面なんかの画像も入ってて、とーっても親切にガイドしてくれています。


もひとつオマケ。
MLで下のような質問があってそれに対する回答。そのまんまのせちゃいます。


Adobe Reader7.0についてですがこの画面をWINDOWS2000のOSの環境に追随させて
白黒反転させる設定方法をお教えいただきたいのですが・・・

1、Adobe Reader7.0を起動する。
2、メニューバーの「編集」をクリックし、「環境設定」をクリック
3、「分類」項目の「アクセシビリティ」をクリック
4、そうしたら右側に現れる「カラーの表示を設定」、「ハイコントラスト色を使用」
5,そうすると、黒字に白、黒字に黄色、黒字に緑がえらばる。選んだらOK


昨日、ふてくされモードでウィンドウズの賢さを聞きかじり情報でのせたら、Mac情報を書いて下さる方がいらっしゃいました。
下の方なので、ご覧にならない方もいらしたら、もったいないので、貼っておきますね。(全文、流用です)

------

MacOSでも、面倒なツールを使わなくても、デフォルトで画面の拡大や、白黒反転ができますよ。

OS Xであれば、「システム環境設定」の「ユニバーサルアクセス」で、視覚のみならず、聴覚に問題がある方、複数のキーを同時に押せない方、マウスが使いにくい方などでも使いやすいような、細かな設定ができるようになっています。

特に、もし、Intel Macのノートブックであれば、 コントロールキー(鉛筆マークのキー)を押しながらトラックパッドを二本指でなぞると、 画面の拡大・縮小が簡単にできます。最近老眼気味なのでこの機能は重宝してます。

白黒反転は、
Command+Option+Control+8
でも可能ですが、nocturneというフリーウエアを使えば更に便利です。

http://www.moongift.jp/2007/05/nocturne/

これは、夜間、機内、電車の中などの薄暗いところで作業をするときや、起き抜けに寝ぼけ眼でメールチェックするときに非常に便利で、これも、健常者の僕でも、ものすごく重宝しています。

-------


実はすずめは、お仕事はPCでしてるので、イラストレータとかフォトショップとか、身体の一部として使ってるんですが、コンピュータは習った事無いし、説明書もほとんど読んだコトないので、ゴッソリ抜けてる部分があると、ウスウス気づいてるんですけど。。。(エクセルなんて使えないし(^^)
「Macだって賢い!」って昨日の内容をMLに出したら、

Macだってというのは、本当は間違いです。
Macだから、というのが正解だと思います。

っと、師匠にご教授いただきました。
やっぱし、Macは賢い(^-^)//""

画面拡大や画面読み上げを始めたのは、Mac のためのソフトの開発者なんだそうです。Windowsユーザが多くて、PCはWindowsからという人が多いので、何でもWindowsから体験して、そこから始まっていると思っていると誤解してしまいそうですよね。よくユニバーサルデザイン系の集まりにはIBMのヒトが出没してて、熱心な活動家の一人も、IBMのOBだったりするんで、Macは陰が薄いなあって、思ってたんですけど。
inLARGEというソフトが画面拡大の走りで、
OutSpokenというソフトがGUIシステムの画面読み上げの走り、どちらも、白黒画面の初代のMacintosh用だそうです。


そもそもBill Gatesはつねに二番煎じで儲ける人で、Microsoftのオリジナルの発明や開発はそれほど多くないように思います。と、師匠はおっしゃってました。

という、今日の日記はオール、パクリで構成させていただきました。

2008年の日記

|

« 世界で一番小さなエレベータ | トップページ | ロービジョンについて »

ユニバーサルデザイン/ロービジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43044254

この記事へのトラックバック一覧です: ロービジョン便利情報:

« 世界で一番小さなエレベータ | トップページ | ロービジョンについて »