« 抑止力と言う呪縛 | トップページ | 自殺の本当の原因は? »

2011年11月23日 (水)

美談 /本当の問題は?

2010年10月14日09:33
チリ救出 今日昼に全員地上か
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1372786&media_id=4

ヒネクレもののすずめは、
何か、このニュース、
好きじゃない。
昨日、夜、報道番組でもやってた。
「健康状態が心配です」
「その後も精神的な影響があるのでそのケアを。。。」

チリっていう
2008年のGDP 44位って国、
何年か前、やっと軍事独裁政権から脱したような国、

そこでの、
炭坑で働く人々。


彼らの周りに、
世界中のメディアが集まり、
大統領までやってきて、
世界中の人々が、
「1人、救出されましたっ!」
ってな、レポートに感動しちゃってる。
それを見て、
ツツイヤスタカの小説思い出しちゃうのって、すずめだけ?


世界中で、
感動しちゃってる人達には、
事故が「なぜ」起こったのか。
危機管理、それ以前に、穴を掘るための、土木技術的な安全性ってのは、どう、担保されてたのか。
そんなコトには興味無いよね。
だって、事故の規模としては、ちっぽけなモノ。

すずめは、
昔、っても、ちょっと前の、バブルのチョイ前、

http://ja.wikipedia.org/wiki/北炭夕張新炭鉱ガス突出事故

この事件、覚えてるけど。
あのころは、まだ、メディアの中心は新聞だったから、
みんなが鵜の目鷹の目って感じじゃ無かった。
結局、遺体?を残したまま、
閉鎖したんだよね。


そもそも。。。
実は、すずめたち、ほとんどが、炭坑なんて、縁が無い。
っていうか、どこにあるのかさえ知らない。
夕張?
他には、小学校の頃、地図に バッテンに金槌みたいなマーク(つるはし)があるのが採掘地だったっけ?だったら、もっとたくさんあったよね。

調べてみると。。。


http://coal-mania.hp.infoseek.co.jp/index.htm

炭坑マニア

こんなページがあった。
そうだ。炭坑って、日本の工業技術、その危機管理の中心テーマとも言えるはずの、大きな問題だったんだろう。
今は、坑道には、地下鉄が走ってる。

もどって、
チリの問題。

確かに、埋められた人々が助かったことはすばらしいけど。
本当の問題は何なのか、
ちょっと違う気がしてしまう。


「チリ万歳」救出劇成功の陰に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1373140&media_id=2

チリって、いつも、この程度のコトで、大統領が出てきて、こんな手厚い保護がされるんだろうか。海外メディアの食いつきはともかく、
炭坑で働く人々は、みんなこんなに大切にされてるんだろうか?

だったら、何で、こんな事故が起こるような、
採掘の体制だったのか。。。


何か、このニュース、釈然としない。1つ前の日記にも書いたけど。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1601801938&owner_id=12848274


チリの事件、

確かに、感動的だったのかもしれない。
世界中のメディアが報道してたようだ。

可愛い子どもや美人の奥さん、
その他、
いろんな角度の取材ができたろう。
助かるというコトが分かってからは、美談の仕立てもしやすい。

でも、
何で、コレっぽっちの事故。。。
そんなに何時間もメディアが報道するんだろう?

もしかして、
何か、
他に注目して欲しく無い事があった?


何?

思い出した。
そうだ!

アメリカの臨界前核実験。

去年、オバマさん、コレでノーベル賞を取ったっけ。
今年も今、まさに、ノーベル賞シーズン。

だけど、マの悪い事に、
(って、まさか、狙ってる?)
今、
臨界前核実験。


実験は、ずっと前から予定してたろう。

何もニュースの無い所に
コレをやったら、良い話題になっちゃう。おりしも、ノーベル賞シーズンだし。


だから。。。
世界中の人達が注目する、何か、ニュースが欲しかった?

その影でこっそり、やりたかったから。


っていう、すずめの推理


|

« 抑止力と言う呪縛 | トップページ | 自殺の本当の原因は? »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43115871

この記事へのトラックバック一覧です: 美談 /本当の問題は?:

« 抑止力と言う呪縛 | トップページ | 自殺の本当の原因は? »