« お役所仕事でバリアフリー | トップページ | トイレでお役所の世論調査 »

2011年11月10日 (木)

科学的なマチガイ

もうひとつ、「科学的」な勘違い。

或る大手家電メーカーの社内基準。
家電類で最も大切なスイッチは「電源」だ。
これをいかに目立たさせるか?

昨今、色覚異常について話題だ。男性では20人に一人が何らかの色に対する知覚異常を持っていると言う。そこで、ここに注目した。
色覚異常には、様々なパターンがある。それぞれ、色に関する認知が違う。赤と緑を同じように見てしまう人もいれば、ほんの少しずれている人もいる。という事で、一番、すべての人が同じように感知する色を探した。答えは黄色。

っということで、このメーカーの電源スイッチは「黄色」なのだ。

すばらしい。誰が見ても、スイッチは何色?と聞かれたら、黄色と答えられるのだ。

さてさて、それは本当に正しいのだろうか。
先ず、20人に一人が色覚異常。。。っということで、昨今、その多さに世間が仰天し話題だ。
大雑把に言うと、第一色覚異常(赤~緑の弁別が難しい)が男性では20人に一人。その他様々なパターンがあるのだが、全てが白黒に見えるという一色型色盲と第三色覚異常(青色盲と青色弱)は非常に稀。
また、弁別できないと言っても、完全にできないというのから、弱いという程度のものもあるという。

さて、ではデザイナはどう考えるべきなのか?
短絡的に言うと、じゃあ、緑と赤は避ける?だったら、問題無いわけだ。赤と緑が識別できない人と普通の人も同じ世界を見ることができる。
そうだろうか。確かにそういう芸術やエンターテイメントの世界があっても良い。
しかし、生活の場で、どうだろう。
同じように見えていることがそんなに重要だろうか。
工業製品であれば、同じように使用できることこそが重要なのではないだろうか。
だとすれば、デザインの方向は変る。赤と緑を使ってもいい。だけど、赤と緑が識別できないと使えないような設計にしなければ良いわけだ。たとえば、算数の問題で、「正しければ赤、間違っていれば緑のマルを囲みなさい。」という問題が出たら、そりゃ、不公平だ。家電スイッチにしても然り。そんな中で、本当に困るものは何なのかを見分ける事が重要だ。
例えば、信号機。これは今まで、点灯する位置が見分けるポイントだったという。しかし、昨今のLEDのものはどうなのか。(見分け易いという人もいるようだ)ここは様々な検討が必要だろう。
信号機に関しては深い思慮が必要だが、家電スイッチはそんなものを回避する方法はいくらでもある。
大きさを変える、色を反転する、形を変える、小さな凸をつける、テクスチュア(質感)を変える...
グラフィックにしても然り。赤と緑の識別ができなければ分からないようなデザインは滅多にされない。確かに地下鉄路線図の色分けなんかはそうかもしれないが、他にあんな例はそうそうある物ではない。
なぜなら、良いデザイン(という程でもなく、普通のデザイン)の基本はコントラスト。色相のコントラストだけでなく、明度のコントラスト、大きさのコントラスト...そういうものがきちんと設計できることが、グラフィックの基本だからだ。良いデザイナでなくても、マトモで普通のデザイナのものは、どれも白黒コピーしても美しく、役に立つはず。(わざと芸術的にそれを外さないかぎり)
だから、今までそんなに問題になって来なかったのだ。

さて、もう一つの色に関する知覚の問題。
高齢者の70%以上がなると言われる白内障。この見え方の状態を疑似体験できるゴーグルがある。これをかけると、いろいろなものがうっすらと黄色っぽく、セピアかかって見える。微妙な色の差異は分かり難い。なので、高齢者には、ハッキリしたデザインが分かり易いというのが実感できる。


さて、その上で、最初の「黄色い電源スイッチ」の話にもどる。
黄色が白い地色の上でどれだけ目立つのか。言うまでも無いことだ。黄色と白の配色を白黒コピーすると、殆ど見えない。
ましてや色を識別できないロービジョンの人は多い。もちろん白内障ゴーグルで見える黄ばんだセピアの世界では黄色は更に見え難くなる。
上でも言ったように、いくらでも代替え法がある中、わざわざ「スイッチは黄色」というのは、自己満足に過ぎないのではないだろうか。

この黄色いスイッチの説明には「科学的っぽい」図が添えられる。そういうの、ズルじゃないだろうか。

|

« お役所仕事でバリアフリー | トップページ | トイレでお役所の世論調査 »

ユニバーサルデザイン/ロービジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/42954842

この記事へのトラックバック一覧です: 科学的なマチガイ:

« お役所仕事でバリアフリー | トップページ | トイレでお役所の世論調査 »