« デザインのまつがい | トップページ | 見えたら邪魔なもの »

2011年11月17日 (木)

美しいものには落とし穴もある。

見えないデザイン、邪魔なデザイン

見えないデザイン

最近、駅などのフェンスにガラスを使用しているのをよく見かける。
強化ガラスが安価になったのだろうか。視界を遮る事なく、明るいので、美しい。おそらく汚れも付かないのかもしれない。

しかし、意外にも、これは視覚障害にはあまり快く無いデザインなのだ。
なぜなら、見えないから。
視覚障害だけではない。ガラスへの衝突事故は多い。死亡事故も少なく無いと言う。そこにドアがあると分かっていても、注意がそれた時に、飛び込んでしまうのだろう。体当たりをして、怪我をするケースが多いそうだ。
目が見え難い人にとって、もちろん、この見え辛い事によって危ない事故もある。しかしそれだけでなく、重要なランドマークとしても、見えないのは不便なのだ。
視界が全部ぼうっとしていても、何らかの見える物をキーにして、それと自分との距離感を掴みながら、方向感覚を得て歩く。そのキーは、証明であったり、フェンスであったりする。それがガラスだと、何も鍵が無い。

ガラス。
びびびさんが愚痴っていた。
某大学でもガラスの新棟が完成した。上記のような理由で怪我をした学生が出ただけではない。真夏の冷房費が何倍もかかったそうだ。

美しいものには落とし穴もある。

|

« デザインのまつがい | トップページ | 見えたら邪魔なもの »

ユニバーサルデザイン/ロービジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/43044419

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいものには落とし穴もある。 :

« デザインのまつがい | トップページ | 見えたら邪魔なもの »