« 千葉市博物館  浅川巧(たくみ)生誕120年記念 浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟の心と眼-朝鮮時代の美 | トップページ | アラスカで地震 M7.1 »

2011年9月 1日 (木)

防災/タクシーを力にして欲しい

防災の日、都内97か所を通行止めにし訓練
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1726778&media_id=88


311の日、帰宅難民をした。
その時の教訓。

http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8667.html


その教訓から、公共交通をいかに使えるかというのは、とても重要だと感じた。当日、にっちもさっちも行かなくなった車で都内は凍結状態。歩道は多くの人で溢れた。電車から降ろされて、突然歩く事を余儀なくされた人々もたくさんいた。

------

ところで。。。この間、終電でつい、ウトっとしてしまい、気がついたら、武蔵小杉。。。
しょうがなく、タクシー。。。と思いきや。駅前にタクシー乗り場は無く、中原街道まで歩いたんだけど、でも、手を上げても猛スピードで去ってしまう。。。
何?何で?
ようやく止まってくれたタクシーは、
「どこまで行くんですか?」
「XXまで」
そういうと、乗せてくれた。
「何でお聞きになったんですか?」
聞いてみて分かった。武蔵小杉を走っているタクシーの多くは、東京から来たもの。東京のタクシーは神奈川県で乗せたお客さんを神奈川で降ろしてはいけないのだ。だから、すずめの行き先が神奈川だったら乗せてもらえないところだった。(よかった。。。こんなところで遭難しなくて
要するに、「商圏」が決められていて、侵してはならないということなのだそう。

震災の後、タクシーに乗るたびに、311の時の話を聞くようにしている。
別のタクシーでは、連続勤務して良い時間数が決められていて、都心から、空車で帰らざるをえなかったというのも聞いた。残念、あの時、どんなにたくさんの人がタクシーに乗りたかったか。
仲間のタクシーの人が言っていたそうだ。
もう、乗せられない回送のタクシー。でも、道路は動かない。。。
高齢の夫婦に止められて、走らなくても良いから、どうか、暖だけ取らせて欲しい。メーターをまわしても良いからと。気の毒なので、近くに止めて、しばらく休ませてあげたとか。

防災のいろんな訓練や装備などを積んだタクシーの話を良く聞く。
だけど、上のような、いろんな規制を、非常時にだけ解除し、計画的に動かすだけで相当な力になるんじゃないだろうか?
タクシーは、都市部の隅々まで走っている。しかも、災害時にも使える無線の電波帯を確保してて、訓練や取り決めも可能。こんなすごい力って無い。
だけど、なんの取り決めもしていなかったら、単なる渋滞を起こすお荷物にしかならない。

バスにしてもそうだろう。


そういうの、検討すべきじゃないかな。
これなら、それほど、お金もかからないだろうし。

------

午前9時から都内で最大規模の交通規制訓練 97カ所通行止め
2011.9.1 08:30
 「防災の日」の1日、警視庁は首都直下地震が起きたとの想定で、都内幹線道路の交差点など97カ所で、午前9時から10分間にわたり、一般車両を通行止めにする過去最大規模の交通訓練を実施する。

 都内に被害が及ぶ地震があった場合、都心部では一般車両の通行が全面禁止になるなど大規模な交通規制がかかることになっているが、東日本大震災では震度が基準に達しなかったため規制が発動されず、大渋滞が発生。緊急車両の妨げとなった。

 交通規制課によると、都心を取り囲むように走る環状7号線の各交差点や埼玉、神奈川との県境付近の幹線道路などで、警察官が都心に出入りする車両の通行を制止する。

 警視庁は訓練を通じて震災時の交通規制の周知を図るほか、実際に車がどう流れるかデータを取り、計画見直し時の参考にしたい考えだ。

|

« 千葉市博物館  浅川巧(たくみ)生誕120年記念 浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟の心と眼-朝鮮時代の美 | トップページ | アラスカで地震 M7.1 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/41446741

この記事へのトラックバック一覧です: 防災/タクシーを力にして欲しい:

« 千葉市博物館  浅川巧(たくみ)生誕120年記念 浅川伯教(のりたか)・巧(たくみ)兄弟の心と眼-朝鮮時代の美 | トップページ | アラスカで地震 M7.1 »