« 終戦の日へのテレビ欄 | トップページ | 放射線指導復活、良い事だけど »

2011年8月16日 (火)

自転車と白杖/軋轢を生まない為に

自転車に白杖折られ泣き寝入り
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1709030&media_id=2
------

白杖を折ってしまう自転車って、何て悪いヤツなんだろう。
これを読んでそう思った人は多いかもしれない。


だけど。。
うーん、

私には分かる気がするな。自転車から、白杖、見えないもん。
歩行者の細部に注目してたら危ないしなあ。
確かにスピード出してたら、気がつかないかも。

ひき逃げしちゃう自転車も、悪気無く、気がついて無い人もいるんじゃないかなあ。
白杖持ってる方も、折られても、一瞬、何が起こったのか、分からないのかも。
音で把握してるかもしれないけど。

以前、
某大学で、視覚障害に配慮した触れるサインの設置実験をやった。
いわゆる点字ブロックの代わりに、廊下の端に、タクタイルラインのあるPタイルを貼るというもの。
ウッドフロアに対してPタイルは靴の響きでも、感触でもわかり、白杖も誘導してくれる。インテリアとして美しく、点字ブロックより安い。

そこで実験していたとき、
ロービジョンのメンバーが指摘した。
曲がり角では、自分自身より先に、白杖が前に出る。
向こうから来る晴眼者には、一瞬、人の姿は見えず、白杖だけが先に来るので、足をひっかけてしまうのではないかと。

なるほど。
普通に考えれば、強者である晴眼者の足を白杖で引っ掛けたってどうってコトないだろうと思う。だけど、相手が高齢者や、(まあ、子供だったら少々転んでも体重が軽いから良いだろうけど)妊婦さんだったら危ないと言うことだろう。
視覚障害を持つ人ならではの視点だなあと関心した。

結果として、曲がり角の少し手前に何かタクタイルの目印をつけて、
曲がり角では白杖を前に出しすぎないようにする方法があるだろうということになった。

さて、上の記事に話を戻すと。

もちろん、自転車が白杖を折ってしまうのは、悪い。
だけど、多少分かるのは、白杖は普通の人にも見えないこともあるということだ。
だから、使うなという意味ではない。
悪意があったかどうかだ。

おそらく、わざとやったわけじゃないだろう。多くの人は、白杖が折れたと言われれば、立ち止まって謝罪したのではないだろうか。

こういう事実があり、
お互いに事情がある。
気をつけて防ぐべきだというのは、正しい。
だけど、防げなかった場合、それが悪意であるとは限らない。
悪者探しには、意味が無い。


こういうことで、
障害者と晴眼者の間に軋轢が生まれる事が無いと良いなと思う。

-----


 歩行中の視覚障害者が、目の代わりと言える白杖(はくじょう)を走行中の自転車に折られるケースが相次いでいる。明確な統計はないが、「白杖修理の原因は約3分の2が自転車との接触」とみる団体もある。自転車と歩行者の事故は09年までの10年間で3.7倍に増加する一方、歩道には点字ブロックなどが設けられてバリアフリー化が進み、視覚障害者の通行も今後さらに増えるとみられる。自転車利用者への注意喚起やルールづくりが課題として浮かぶ。

 白杖の修理を請け負う社会福祉法人「日本点字図書館」(東京都新宿区)には、全国から多い時には月20本が持ち込まれる。20年近く携わってきた担当者によると、自転車による被害は以前から多く、「全体の6、7割を占めるのでは」と話す。2カ月で2回も折られたケースもあったという。

 白杖の販売・修理をする社会福祉法人「日本盲人会連合」(同)の担当者も「実感として自転車に折られるケースが最も多い」と言う。月2、3本の修理をするほか、被害に遭って新品を購入する人も少なくない。担当者は「そのまま立ち去る自転車が多く、障害者は泣き寝入り。ひき逃げと一緒だ」と話す。

 厚生労働省によると、全国の自治体に申請があった白杖の修理は05年度の59件から09年度は71件に増えた。

 筑波大講師らのグループが全盲の343人を調査し99年に発表した研究報告によると、67%が「自転車とぶつかったことがある」とし、そのうち約7割は「相手はそのまま行ってしまう」と答えた。自由回答では白杖が折れたり曲がったりしたとの訴えも目立ち、「引っかけても知らん顔。棒切れにしか思っていないのでは」との記載も。9割が自転車の歩道走行に危険を感じ、1割は「歩道を走らないで」と求めた。

 調査に加わった都市プランナーの松村みち子さんは「視覚障害者は白杖を折られたら一歩も動けない。自転車は注意を徹底してほしい」と呼びかけている。【馬場直子】

|

« 終戦の日へのテレビ欄 | トップページ | 放射線指導復活、良い事だけど »

ユニバーサルデザイン/ロービジョン」カテゴリの記事

コメント

悪意があってもなくても人の物を壊したら謝るのは常識。それを何も対応せずに逃げるのは最低。杖を折られたら修理に行かないといけない。そのために時間と費用がかかると思う。せめて交通費と修理代は払うべきじゃないかな?

投稿: ピヨマル | 2014年8月22日 (金) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/41234250

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車と白杖/軋轢を生まない為に:

« 終戦の日へのテレビ欄 | トップページ | 放射線指導復活、良い事だけど »