« ロービジョンと運転/一つの出口 | トップページ | 脱原発:中国モデル »

2011年6月15日 (水)

批判じゃなく、感謝の記事として書いて欲しい!

原発作業員 マスク外して喫煙
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1638460&media_id=2

こういう問題、確かにあるのかもしれない。マスコミは、こういうのを批判ではなく、感謝として書けないものだろうか。

この記事だけじゃない。
作業員の被爆量の問題。確かに、これからそういう問題は出て来る。だけど、だからといって、彼らに身を挺してもらう他無い。
だったら、
なぜ、マスコミは、それを
「感謝」という記事として書けないのか。


例えば。。。下の記事、すずめが書き直してみた。


 東京電力福島第1原発の緊急作業には、被ばく線量が限度の250ミリシーベルトを超えても尚、身を挺して作業に当たっている作業員が6人もいる。
彼らの使命感には地元の人間のみならず、国民全員が頭の下がる思いだ。しかし、6人が8人になり、見かねた細川律夫厚生労働相は14日、内部被ばくで100ミリシーベルトを超える作業員を作業から外すよう東電に指示した。
他に選択の余地は無いとは言え、個人の健康をそこまで犠牲にすることはできないという、国の苦肉の計らい。更に同省は13日に内部被ばくと外部被ばくを合わせて200ミリシーベルト超の東電社員ら計12人を外すよう指示しており、東電は厚労相の指示を受けてさらに20人前後を作業から外す見通し。
そこまでがんばっている現場。東電もぎりぎりの作業をつづけている。【水無月すずめ】


確かに、東電という組織はいろいろ間違いをおかしてきたのかもしれない。

だけど、
今、尽力してるのは、
生身の個人だ。
現場の作業員も、不眠不休の東電社員も。

代替えを提示できないのは、
誰だって知ってる。
国も、東電も、私たちだって。

なのに、高みの見物的批判はもう、止めて欲しい。
せめて、感謝の記事を書いてほしい。

実際、本当に、
私たち読者の思いは、感謝なんだから!

----


 東京電力福島第1原発の緊急作業で、被ばく線量が限度の250ミリシーベルトを超えた東電社員が新たに6人判明し、計8人となった問題で、細川律夫厚生労働相は14日、内部被ばくで100ミリシーベルトを超える作業員を作業から外すよう東電に指示した。同省は13日に内部被ばくと外部被ばくを合わせて200ミリシーベルト超の東電社員ら計12人を外すよう指示しており、東電は厚労相の指示を受けてさらに20人前後を作業から外す見通し。【井上英介、岡田英】

 ◇厚労相、東電に指示

 細川厚労相は14日の閣議後会見で「250ミリシーベルトを超えるような方がさらに増えたのは大変遺憾に思っている」と不快感を表明した。同省は今後も、内部被ばく100ミリシーベルト超で緊急作業から外すよう東電を指導していく。

 緊急作業での被ばく問題で同省は、東電の40代と30代の男性社員2人の被ばく線量計が精密検査で600ミリシーベルト台だったとして10日に是正を勧告。さらに13日、震災発生時から緊急作業に従事していた東電社員や協力会社員2367人の簡易検査結果の報告を東電から受け、この中で内部被ばくと外部被ばくの合計で250ミリシーベルト超が新たに6人判明した。

 報告ではこのほか200ミリシーベルト超~250ミリシーベルトが6人▽150ミリシーベルト超~200ミリシーベルトが21人▽100ミリシーベルト超~150ミリシーベルトが67人。合計200ミリシーベルト以内でも内部被ばくだけで100ミリシーベルト超の該当者は20人前後に上った。厚労相は内部被ばくが深刻に影響しかねない点を考慮し厳しく指導する姿勢を示したとみられる。

 同省によると、原発事故を収束させる緊急作業には、震災以降これまでに計約7800人が従事。東電は、このうち線量が高いとみられる震災直後から従事していた3726人について暫定的な被ばく線量の確定を急いでいる。しかし、震災発生から3カ月が経過した13日の時点でも報告は2367人どまりだ。

 今後の作業への影響について松本純一原子力・立地本部長代理は会見で「全面マスクなど放射線管理はしており、現在の作業状況からみると、作業員が足りなくなる事態にはない」との見方を示した。

 ◇解説…防護策の徹底求め

 厚生労働省が作業員の「内部被ばく」の線量が100ミリシーベルトを超えた場合、緊急作業から外すよう東電に徹底させたのは、緊急時の特例として引き上げられた線量限度250ミリシーベルトを超えた作業員8人のうち、内部被ばく量だけで上限を超えていたのが6人に上るなど、東京電力の管理の甘さにある。

 内部被ばくは、放射性物質を吸い込むなどして体内で継続的に被ばくする。時間と共に排せつされ、排せつも含めた「半減期」は成人ではヨウ素131で約7日、セシウム137で約90日だが、白血球の一時的な減少や、がんの発生確率がわずかに上がる恐れがあり、健康への影響が心配される。

 内部被ばくは「ホールボディーカウンター」という機器で測定する。しかし、福島第1原発にある4台は空気中の放射線量が高すぎて正確に測定できず、主に福島県いわき市の東電施設2台でしか検査できない。結果が判明するまで約1週間もかかるなど実態把握が遅れている。

 今回の厚労省の指示は、東電の管理体制が不十分なためのものだが、検査や対策に手間取れば今後の作業への影響が懸念される。東電には長期にわたっての健康管理はもちろんのこと、再発防止のため防護策の徹底が求められる。【奥山智己】

|

« ロービジョンと運転/一つの出口 | トップページ | 脱原発:中国モデル »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/40412688

この記事へのトラックバック一覧です: 批判じゃなく、感謝の記事として書いて欲しい!:

« ロービジョンと運転/一つの出口 | トップページ | 脱原発:中国モデル »