« 学校の放射線基準:本当の地元の人たちの気持ちは? | トップページ | 海水注入:おしまいの後の危機管理 »

2011年5月25日 (水)

非常に幸せ やや幸せ 全然違う

■国民の幸福度、オーストラリア1位…日本は?
(読売新聞 - 05月24日 19:59)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1612896&media_id=20


詳細が分からないので、探してみた。2005年のデータが出てきた。
今回のデータとそう、大きく変わらないのではないだろうか?


http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9480.html


日本が24位っていうのも同じ。
ニュージーランドが一位っていうのも。


ただ、下のニュースでは分からない部分がある。

この「幸福度の順位」は

非常に幸せ
やや幸せ
あまり幸せでは無い
全く幸せではない

分からない
無回答

の6つの答えをした中で、
非常に幸せと
やや幸せ。の二つのカテゴリーの人の順位を並べただけなのだ。


さて、では、

非常に幸せ

と答えた人たちの割合が最も高いのは、どの国だろう。
ちょっと意外な結果が見えてくる。

1位は メキシコの58.3%
2位はトリニダードトバゴの 51.6 %
3位はガーナの50.1%


これらの国々、「やや幸せ」を勘定にいれた順位では
メキシコは17位
トリニダードトバゴは28位
ガーナなんて43位だ


この記事。
確かに、やや幸せ度を比べると、
そこそこ豊かな先進国が並ぶ。
だけど、必ずしも全員が豊かなイメージの国ばかりではない。
マレーシア5位
タイ11位
。。。24位の日本はメキシコにもブラジルにもかなわない。

これはどう、考えれば良いのだろう。


ガーナやメキシコ。
もしかして、貧富の差などがあって、ものすごく幸福感の高い人たちと、不幸せな人たちと、二極化している?
いや、そんな事は無さそうだ。だって、50%以上が「非常に幸福」なのだ。

ちなみに非常に幸福
日本は、28.4%

ワーストで見ると。
香港は6.9%
イラクの6.2%に次いで、ワースト二位が香港?!

うーん。
何がなんだか分からない。

少なくとも、香港の人と、
イラクの人の幸福感を一元的に比べちゃいけないだろうっていうのは、分かってきた気がする。

そもそも、数値化できないものを数値化したってコトだろう。


-----

 【パリ=中沢謙介】経済協力開発機構(OECD)は24日、各国の生活の豊かさを示す新たな指標「より良い暮らし指標」を発表した。

 国民の幸福度を国際比較することを目指しており、国民生活に密接に関わる住居や仕事、教育、健康など11項目を数値化した。11指標の平均でトップはオーストラリアで、カナダ、スウェーデンが続いた。日本はOECD加盟34か国中、19位だった。

 国の豊かさを示す指標には、どれだけ多くのモノやサービスを生み出したかを表す国内総生産(GDP)があるが、新指標は国民の実感に近い豊かさを示す狙いがある。

 日本は11指標のうち、殺人や犯罪の発生率に基づく「安全」が10点満点で9・7とOECD加盟34か国中トップで、「教育」も8・8とフィンランドや韓国などに続く4位だった。

|

« 学校の放射線基準:本当の地元の人たちの気持ちは? | トップページ | 海水注入:おしまいの後の危機管理 »

すずめ的妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/40119297

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に幸せ やや幸せ 全然違う:

« 学校の放射線基準:本当の地元の人たちの気持ちは? | トップページ | 海水注入:おしまいの後の危機管理 »