« 学校の放射線量基準の背景って何? | トップページ | 日本と世界、どこへ向かっているのだろう »

2011年5月 7日 (土)

少し安心/浜岡原発

原子炉停止要請に中電結論出ず
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1593525&media_id=2


本当は、ココまででも、かなり、安心できる状態に「進歩」したのだ。
なのに、メディアのこの後ろ向きの報道は何だろう?


浜岡については今までも何回か日記に書いてきた。
本当は、ものすごーっく、危ない局面にあったのだ。
今回のソーリの要請は、非常に効果があった。

たとえば、コレは地震直後、3月18日のすずめの日記

http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-ef8e.html


そして、その後、28日

http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-ee4e.html

中部電力は、原発を止めるどころか、
福島と同じく古くて危ない3号機(日記の下部参照)
現在停止中だったのを、わざわざ稼働させちゃうつもりだったのだった。(コレに対して、知事はもちろん、総理にさえ、『ダメ』って言う権利がないっていうのが悲しいんだけどね)

しかも、
このころ、何度か、
「今週にも再会」なんていう事態になってて、
たくさんの人が反対してたのだった。
ウワサでは、5月の連休明けに再会?とも言われてた。

だから、まずは、この古い現在停止中だったのが、再会されないだけで、すんごい大進歩なのだ。さすがに、ここまで言われてたら、全面停止はできないとしても、現在停止中の古いのを再運転できないだろう。

それはそれで、とっても大きな進歩だ。
今まで、100万人もの人たちが署名やら、いろんな運動をしてきて、
でも、中部電力の社長は、止めるどころか、運転再開しようとしてたのだ。
政治の力は大きいっていうコトなんだろうけど、
企業はもっと、反対する一般庶民の声を真摯に聞く姿勢を持つべきだよね。
っていうか、中電はそういう企業じゃ無いんだ。

ばっかやろーっ。


-----

以下、3月18日 20日 のすずめ日記から

浜岡原発は

現在、
1号機から5号機まである。
そのうち1号機と2号機は1976年、1978年に建てられており、ともに2009年の1月に運転を停止している。


3号機 BWR
• 運転開始 :1987年8月28日
• 定格出力 :110万キロワット
4号機 BWR
• 運転開始 :1993年9月3日
• 定格出力 :113.7万キロワット
5号機 改良型沸騰水型(ABWR)
• 運転開始 :2005年1月18日
• 定格出力 :138万キロワット - 国内の原子力発電所単体では最大出力

この3つは現在も運転中。
.

----
浜岡原発の3号機は、今回福島で事故のあったのと同じBWR 沸騰水型原子炉

危ないかも?というコトで,改良型ってのもある(ABWR) 。

止めて欲しいという要望の署名が100万単位で提出されている中、

止めるどころか、定期点検中の古い原子炉さえ、再稼働へ動いてるのだ。
それに対して、知事さんは、オッケー、容認だって。
(実は、静岡県内のニュースでは、許可をしてしまったという事が流れたんだそう。。。だけど、ソースは未確認なので,分からない)

福島での出来事をナメすぎてないだろうか?

中部電力

福島原発、政府賠償1兆円超も 例外規定を初適用へ
共同通信 2011/03/20 19:15
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032001000542.html

(結局はソレ、あたしたちが税金で払うってコトね。電気料金の他に)

コンな事になったら、持ちこたえられるんだろうか。。。ってか、

もし、浜岡で同じ事が起こったら、マジで日本の経済は完全に壊滅するから、関係無い??


3号機
原子炉形式:BWR
運転開始 :1987年8月28日
定格出力 :110万キロワット
4号機
原子炉形式:BWR
運転開始 :1993年9月3日
定格出力 :113.7万キロワット
5号機
原子炉形式:改良型沸騰水型(ABWR)
運転開始 :2005年1月18日
定格出力 :138万キロワット - 国内の原子力発電所単体


1号機、2号機は廃炉。
だけど、廃炉にするって,膨大なお金がかかるんだってね。。。原発って、全然トクじゃないじゃん。

|

« 学校の放射線量基準の背景って何? | トップページ | 日本と世界、どこへ向かっているのだろう »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39899406

この記事へのトラックバック一覧です: 少し安心/浜岡原発:

« 学校の放射線量基準の背景って何? | トップページ | 日本と世界、どこへ向かっているのだろう »