« 放射性物質は除去できるとおっしゃる学者さん | トップページ | ホントは怖い訂正文 »

2011年3月23日 (水)

水:WHOの300倍/30倍の日本の基準/放射線

大人は摂取して問題ない~東京・金町浄水場
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1544809&media_id=88

この安全「基準」ってのは、つい、数日前に泥縄で決めたモノだった。
びっくり仰天。

日本は、つい、この間まで、この300分の1の基準で審査してたのだ。
それが、3月17日、突如、300倍にしたのだった。

こんなページを見つけた。
下に抜粋/ペースト。

http://carrotjuice.sblo.jp/article/43968256.html

そもそも、WHO他の基準は

●世界の基準値
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L)

これが日本では、

大人 300ベクレル
乳幼児 200ベクレル
(キログラムあたり。。。/Lと同じよね)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E1E2E1988DE0E1E2E1E0E2E3E39F9FEAE2E2E2;at=DGXZZO0195591008122009000000


なのだ。
そもそも、日本には、放射線値の水への基準は無かった。

3月17日までは、

ヨウ素 I-131 10ベクレル(Bq/L) 
セシウムCs-137 10ベクレル(Bq/L )
で、
しかもセシウム-134とセシウム-137の合計値が370Bq/kg。
基準値を超える物は輸入させないというものだった。

たとえば、ネットをちょっとググると、
確かに、日本は、輸入品から放射線が検出されるとちゃんと、突っ返している。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/0111/h1108-2.html
(平成13年の厚労省の報道資料。。。ひょっこり出てきたもの)

この表ではたとえば、月桂樹の葉が490Bq/kgで神戸でハネられてるけど、
今だったら、2000まで大丈夫なので、全然、オッケーってコト。

(現在の暫定基準)
http://www.bousai.ne.jp/vis/box/qa/11.html


基準を持っていなかったので、WHOの基準に準拠していたのだろう。
ところが、
この原発事故のどさくさにまぎれて、
コレが300倍に引き上げられた。

今までは、輸入の水だの何だの1ベクレルのものが見つかっても、突っ返していたから、そんなモン、私たちは飲んでたりしなかった。ドイツやアメリカでは更に厳しい。
それなのに、
5日前に気が変わってオッケーした数字で安全だから、大丈夫って言われても、
信じて良いの??


もし、
「安全」って言うなら、
なぜ、WHOや
ドイツやアメリカと、こんなにも基準値の差があるのか、
説明して欲しい。

他の国は、みんな遥かに厳しい。
だから、
放射能汚染の恐れのある、どこにも売れないような食品はみんな日本に売れば良い。
アメリカじゃ論外の水も食べ物も、
アメリカの3000倍あってもオッケー。
ドイツの600倍あってもオッケー。
その他の国々の300倍でもオッケー。
じゃんじゃん、売りつけに来なさい。


すずめは、
今になって、「暫定基準値」ってコトバの意味が分かった気がする。
どんなに汚染された食品でもオッケーって
ホントは言えない。
そんなもの、これからずっと、輸入オッケーって言ったらさすがにコワすぎ。
だから、この騒ぎが収まったら、
「暫定でしたっ」って、
元のWHO基準に戻す魂胆なんだろう。


そういうの、
信じられる?

ちなみに、コレは
東京の話。
ネットでぐぐっても、
福島の浄水場の情報は出てこない。
怖くて、測定して無いんじゃないかって、
思ったり。


ただね。
もしかして、これがヨウ素によるものだったら、
きっと、2週間かそこらで、収束するはず。
だから、200倍の水を飲んでも、2週間だったら、オッケーなんでしょう。

WHO基準の9年分?アメリカ人の80年分ではあるけどね。

-------
(以下引用)


世界の水道水放射線基準値
世界の水道水の放射線基準値は下記のとおりです。

●世界の基準値
WHO基準      1ベクレル(Bq/L)
ドイツガス水道協会 0.5ベクレル(Bq/L)
アメリカの法令基準 0.111ベクレル(Bq/L)

●3/17までの日本の基準値
ヨウ素 I-131 10ベクレル(Bq/L) 
セシウムCs-137 10ベクレル(Bq/L )
出典は下記です。203-204ページ、表9-3参照
http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

日本には放射能に関する飲料水基準は無く
世界保健機関(WHO)基準相当を守っていました。
飲料水中の放射性核種のガイダンスレベル(WHO) です。

しかもセシウム-134とセシウム-137の合計値が370Bq/kg。
基準値を超える物は輸入させないというものでした。

愛知県衛生研究所 2006/04/28
http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/4f/chernobyl.html
食品中の放射能濃度の暫定限度は、日本の国民一人一日当たりの
輸入食品の摂取量を考慮した上で、放射線防護の国際専門機関である
国際放射線防護委員会(ICRP)の1990年勧告
「公衆の被ばく線量限度は1年間に1ミリシーベルト」
も十分に下回る量として設定されています。

●3/17以降・現在の日本の暫定基準値
・ヨウ素(I-131)131  300ベクレル(Bq/L)
 飲料水 300 Bq/kg
 牛乳・乳製品 300 Bq/kg
 野菜類 (根菜、芋類を除く。 ) 2,000 Bq/kg
・セシウム(Cs-137)137 200ベクレル(Bq/L)
 飲料水 200 Bq/kg
 牛乳・乳製品 200 Bq/kg
 野菜類  500 Bq/kg
 穀類  500 Bq/kg
 肉・卵・魚・その他 500 Bq/kg

※100 Bq/kg を超えるものは、乳児用調製粉乳及び
直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること。

厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知
平成23年3月17日付「食安発0317第3号」によって
放射能汚染された食品の取り扱いについて下記のとおり
飲食物摂取制限に関する指標が明示されました。

緊急時における食品の放射能測定マニュアルの送付について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

参考サイトは下記です。

都内環境放射線測定結果
http://113.35.73.180/monitoring/index.html


全国の放射能濃度グラフ
http://atmc.jp/

全国の水道水の放射能濃度グラフ
http://atmc.jp/water/

全国の雨の放射能濃度グラフ
http://atmc.jp/ame/


------

補足

300倍という数値に対して、人体への結果的な影響については、
30倍であるというご指摘をいただいた。

ベクレルをシーベルトで換算するのは無理があるとの事ではあるが、

http://testpage.jp/m/tool/bq_sv.php?guid=ON

これで210Bq/kgを変換すると、

シーベルト値
0.00000462 Sv
0.00462 mSv
4.62 μSv


との事。

感謝。

|

« 放射性物質は除去できるとおっしゃる学者さん | トップページ | ホントは怖い訂正文 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

日本以外の基準のコピペはデマです

投稿: | 2011年3月24日 (木) 20時18分

デマを拡散させるのはどうかと思います

投稿: | 2011年3月26日 (土) 17時03分

★★★だまされないで!!!★★★

東大病院の専門医が、アメリカの基準値は日本の30倍と言っていました。それくらい日本の放射能への基準は厳しいんです。

というか、そんな気まぐれで基準値を引き上げたら、国際社会が許さないでしょうし、諸外国の応援部隊はすぐに引き上げるでしょう!

日本が設定している基準値を超えたくらいでは、全く問題ないし、300ベクレルの水道水を一生ムキニなってガブ飲みしたとしても、“ただちに”どころか一生問題が起きないレベルだとも東大病院の先生は、言っていました。(NHKのニュースで)

ちなみに、日本が諸外国よりも基準値を低く設定したのは、海外からの水に規制をかけたかったからで、今はこのことが波紋を広げる原因になっているというわけです。

投稿: | 2011年3月27日 (日) 02時26分

みなさま コメントありがとうございます。

>デマ

上記のデータその他、デマとは呼べないかもしれません。

確かに、「非常事態」としては、WHOにも規定されている数値に合致しています。(次の日記に資料があります)
ですが。。。「平常時」としては、確かにベクレルの酢値をそのまま比較すると、300倍。これを人体への影響を加味したシーベルトの値に換算したとすると、30倍になっています。
事実、今、日本は世界中のどの国も捨ててしまうような、高濃度の放射線量の水や食べ物を「合法」としています。(日記にも書いたように、つい、3月17日前までは、370ベクレルの野菜も税関で突っ返していましたが、今は1990ベクレルのほうれん草も基準内です)

今は、「非常時」であり、確かにし方が無いのかもしれません。ですが。。。多くの方が、この事実を伝えられていないのは、事実ではないでしょうか?

投稿: 水無月すずめ | 2011年3月27日 (日) 10時02分

一方的に「デマ」と仰っている方も、その根拠のソースを貼りつけてはいかがでしょうか? 
何を根拠にデマとおっしゃるのでしょうか?すくなくともすずめさんはソースを掲載されています。

WHO基準についてなのですが1と定めているのはラドンで、今回の比較の対象となるセシウムは100ベクレルかと思うのですがどうなのでしょう?
というと、単純計算では乳児の摂取制限はこれの2倍にしたということでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿: はる | 2011年3月28日 (月) 10時43分

ラドン=ラジウム 訂正しますごめんなさい。

投稿: はる | 2011年3月28日 (月) 10時52分

↓基準が引き上げられたとするデマのまとめです。
http://d.hatena.ne.jp/takemita/20110324/p2

>はるさん

ソースです。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf
↑の17日付厚生労働省医薬食品局食品安全部長通達で、↓の基準(P23)を引用しているだけです。
http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf
17日付厚生労働省医薬食品局食品安全部長通達をよく読んでください。なんら基準を引き上げるような通達ではなく、既に定められている原子力安全委員会の基準を食品安全基準に準用して、流通規制をかけろと通達しているだけです。

原子力委員会は食品衛生法に関して権限もないので、食品衛生法上の規制をかける理由として、直ちに原子力委員会の基準を用いることはできません。そこで、17日付の部長通達で、食品衛生法上の基準として用いることを宣言したのです。

それだけのことであって、基準を新たに定めたとか引き上げたのではないのです。

#370ベクレルの野菜も税関で突っ返していましたが、今は1990ベクレルのほうれん草も基準内です
↑は誤りです。検疫で引っかかるのは放射性セシウムです。一方、食品衛生法の放射性セシウムの暫定基準は500Bq/Kgです。つまり、1990ベクレルのセシウムが検出されたほうれんそうは基準外です。

「日本は、つい、この間まで、この300分の1の基準で審査してたのだ。」このような事実はないのですから、間違った部分はブログから削除するか、一見して解るようにしないと、デマを拡散させることになります。

投稿: αβ | 2011年3月29日 (火) 21時24分

基準値の話はデマじゃなかったね。
デマだと指摘されているのは「政府がこっそり」の部分だけだ。

その点からすべてがデマであるかのように表記している日記こそ削除されるか、誤解を招く表現であることを明記しておくべきなんじゃないの?

投稿: | 2011年3月31日 (木) 23時09分

みなさまコメントありがとうございます。

>デマ

私たちの日常は

http://www.iph.pref.hokkaido.jp/Kankobutsu/Shoho/annual57/kaisetsu.pdf

このレベルの放射線に囲まれて暮らしてきました。何百年もの間。
(終わりの方に原乳と日常食の放射線に関するグラフがあります)この目盛りは1Bqです。

こういう暮らしをしてきた私たちに、突然「300Bg」の水と「2000Bq」の野菜が安全と言われているのです。

この不自然な差に対して、公的なニュース/告知などには何ら言及がありません。「CTと比較して」というのではなく、きちんと「以前の生活レベルと比較して」という言い方をすべきです。


これをもって
「こっそり」というのは、
間違いでは無いと感じます。

投稿: すずめ | 2011年4月 1日 (金) 10時52分

日本の米は本当は食べれない。日本のアメリカ軍横須賀基地は空になって誰もいない。アメリカ軍は沖縄県だけ。あとは撤退して家族もアメリカに帰った。広島、長崎にオバマが来ないのは原子爆弾プルトニウムの放射能セシウムの影響を知っているため。日本は30年後、いないし、住めない国になってるよ。
早くTPP入るべきです。TPP入っても日本の農産物は世界は買わない。癌になるのを知っていましたよ。

投稿: 通産省職員 | 2011年11月17日 (木) 23時16分

日本の何処に行っても原発がある県の水道水は絶対に飲まないで下さい。お願いします。広島、長崎の人は現在も放射能に苦しんで病気になってます。残留放射性物質のプルトニウムも残ってます。消えるのに1億4千5百年かかります。
セシウムは体内に蓄積し骨に入り込み腫瘍、白血病を起こす。広島の牡蠣は放射能セシウムが入ってる可能性がある。

投稿: アンダーソン大佐 | 2011年11月17日 (木) 23時26分

アメリカ中央情報局「C.I.A」・アメリカ連邦保安局「FBI」・アメリカ諜報局「NSA」が3月25日にアメリカから成田空港に入国しました。日本の福島原発は、冷温停止の方法はアメリカから教えられてる。でも、日本は言う事聞かないから、帰った。

投稿: アンダーソン大佐 | 2011年11月17日 (木) 23時36分

「今は1990ベクレルのほうれん草も基準内です」は間違いではありません。コンテナ一杯のほうれん草なら基準内ですね。

投稿: | 2011年11月24日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39342472

この記事へのトラックバック一覧です: 水:WHOの300倍/30倍の日本の基準/放射線:

« 放射性物質は除去できるとおっしゃる学者さん | トップページ | ホントは怖い訂正文 »