« ホントは怖い訂正文 | トップページ | WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 »

2011年3月25日 (金)

WHOの放射線被害に関する文書 1:すずめ訳

1つ前の日記で、某氏にご指摘いただいた資料、
WHOの

Radiation emergencies

Health consequences of radiation

すごく、興味深い。いろんな意味で、
今の私たちの危機を理解するのに重要かもしれない。
でも、なぜか、ネットを探しても、日本語訳が無い。
なので。。。すずめがちょい、訳しながら抜粋した。
もともとは、ものすごーっく長い13ページにも及ぶもの。
すずめはもちろん素人だし、ざっとやったテキトーな「すずめ訳」なので、間違ってたらご指摘を。
(抜粋部分は原文も併記)


是非、原文をどうぞ。

Radiation can either kill or damage living cells. As many of the billions of cells in the human body are
replaced every day, minor exposures to radiation may have little or no appreciable effect on an
individual.

放射線は細胞を殺したりダメージを与える。何億もの細胞が日々、入れ替わっているけれど、少量の被曝なら問題無い。

Major exposures to radiation, however, can have health effects which can be divided into
deterministic, or acute effects, and stochastic, or late effects. Deterministic effects include skin burns,
radiation sickness and death. Stochastic effects, on the other hand, include cancers and inheritable
defects, which result from damage to the genetic material in cells.

被曝について、以下のふたつがある
deterministic, or acute effects, 決定定期な  深刻な/急性の 効果
日焼け、放射線障害、死亡も含む

stochastic, or late effects. 確率的な 遅い 効果
癌、細胞のダメージによる遺伝的損傷

(中略:この部分は、誰でも想像できる、放射線の被害の重要さについて書いてある)

The
International Nuclear Event Scale (INES) is a scale that includes eight levels and is used to inform
the public about the severity of events at nuclear facilities (see following box).

International Nuclear Event Scale (INES) はこの被害程度を8つのレベルに分けている。

(すずめ註:この資料では表を記載している。この部分に関しては、翻訳があったので、それを借用)
国際原子力事象尺度
http://ja.wikipedia.org/wiki/国際原子力事象評価尺度

(項目はレベル
影響の範囲(最も高いレベルが当該事象の評価結果となる)

基準1 事業所外への影響
基準2 事業所内への影響
基準3 深層防護の劣化
参考事例

----

0  尺度以下  
安全上重要ではない事象

1  逸脱
運転制限範囲からの逸脱
「もんじゅ」ナトリウム漏洩(1995年) 関西電力美浜発電所3号機・2次冷却水配管蒸気噴出(2004年)等

2  異常事象
かなりの放射性物質による汚染/法定の年間線量当量限度を超える従業員被曝
深層防護のかなりの劣化
関西電力美浜発電所2号機・蒸気発生器伝熱管損傷(1991年)等

3   重大な異常事象
放射性物質の極めて少量の外部放出:法定限度の10分の1を超える程度(10分の数ミリシーベルト)の公衆被曝
重大な放射性物質による汚染/急性の放射線障害を生じる従業員被曝
深層防護の喪失
旧動燃東海事業所・アスファルト固化処理施設火災爆発事故(1997年)等

4 事業所外への大きなリスクを伴わない事故
放射性物質の少量の外部放出:法定限度を超える程度(数ミリシーベルト)の公衆被曝
原子炉の炉心や放射性物質障壁のかなりの損傷/従業員の致死量被曝
フォールズSL-1炉爆発事故(1961年)東海村JCO臨界事故(1999年)フルーリュス放射性物質研究所ガス漏れ事故(2008年)等

5 事業所外へリスクを伴う事故
放射性物質の限定的な外部放出:ヨウ素131等価で数百から数千テラベクレル相当の放射性物質の外部放出
原子炉の炉心や放射性物質障壁の重大な損傷
チョーク・リバー研究所原子炉爆発事故(1952年)ウィンズケール火災事故(1957年)スリーマイル島原子力発電所事故(1979年)ゴイアニア被曝事故(1987年)

6 大事故
放射性物質のかなりの外部放出:ヨウ素131等価で数千から数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出
原子炉や放射性物質障壁に致命的な被害
キシュテム事故(1957年)

7 深刻な事故
放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出
原子炉や放射性物質障壁が壊滅、再建不能
チェルノブイリ原子力発電所事故(1986年)


-----
以上はWikiからなので、
レベル5のみ 原文を記載

(accident with off-site risk)
An accident resulting in severe damage to the installation and/or an off-
site release of activity radiologically equivalent to hundreds or thousands
of TBq of 131I (すずめ註:ヨウ素131), likely to result in partial implementation of countermeasures
covered by emergency plans.
e.g. the 1979 accident at Three Mile Island, USA (severe damage to the
installation), or the 1957 accident at Windscale, UK (severe damage to
the installation and significant off-site release(すずめ註:スリーマイルは施設のダメージのみ、ウィンズケールは甚大な外部への放出もあったことが記載).


International and local response to a major nuclear accident in compliance with the
“Convention on Early Notification and "Assistance Convention”

Role of WHO in a radiation emergency

Mitigation of effects

(ここらあたりはかなり当たり前のコトが書いてあるので、割愛 一点だけ興味深いので)

Stable iodine prophylaxis  ヨウ素の予防
年齢別推奨投与量
>12 years 100mg
3–12 years 50mg
1 month to 3 years 25mg
<1 month Single does 12.5mg


Role of the local authority
Inadvertent exposure to radioactive material

(こういう説教風も割愛)

INTERNATIONAL AND NATIONAL ACTIONS IN RESPONSE TO A
RADIATION EMERGENCY
Table 2. Priorities of National and Local Response

International and local response at intermediate phase of the
accident

International and local actions at the Recovery Phase of the accident
(IAEA WHO/HQ Regional offices他の対応等が程度順に記載されている)


Table 1. Intervention level of dose for acute exposure

急性被曝の放射線量の介入レベル (表)
Organ or tissue (内蔵または細胞組織)とProjected absorbed dose (Gy) to the organ or tissue in less
than 2 days (2日以内の吸収線量GYの投影)

Whole body (bone marrow) 全身(骨髄) 1
Lung 肺 6
Skin  皮膚 3
Thyroid  甲状腺 5
Lens of the eye 水晶体 2
Gonads 生殖腺 3

The possibility of deterministic effects for doses greater than about 0.1 Gy
(delivered over less than two days) to the foetus should be taken into account in
considering justification and optimization of actual intervention levels for immediate
protective action.
胎児診断に関しての 0.1GY以上の放射線量による限定的な効果の可能性 (2日以内) 
については、実際の介入レベルを、早急に保護的対応のために、見積もり、決定すべき。


Table 2. Intervention level of dose rate for chronic exposure
(慢性的な被曝については)
Equivalent dose rate (Sv.)  被曝線量 Sv

Gonads 0.2 生殖腺
Lens of the eye 0.1  水晶体
0.4

あ、とってもハンパですが、出かける時間になっちゃいました。
ってコトで、続きは後で。

こちら
http://suzume6.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/who2-8209.html

Intervention levels in emergency exposure situations are expressed in terms of avertable dose,
i.e. a protective action is indicated if the dose that can be averted is greater than the
corresponding intervention level. The standards provide the values which can be taken as starting
points for the judgement required for decisions to select levels for emergency exposure situations.
These values have been developed by IAEA and summarized in Table 3.

|

« ホントは怖い訂正文 | トップページ | WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39360678

この記事へのトラックバック一覧です: WHOの放射線被害に関する文書 1:すずめ訳:

« ホントは怖い訂正文 | トップページ | WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 »