« WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 | トップページ | 原発から減核へ! »

2011年3月26日 (土)

WHOの飲料水に関する文書/すずめ焼

昨日の日記につづけて、
昨日、25日に出されたWHOの飲料水に関する FAQ


http://www.who.int/hac/crises/jpn/faqs/en/index8.html

こちらだけど、
やはり、日本語訳が見当たらないので、
すずめがテキトーに訳しました。
デザイナの口からでまかせ訳なので、
原文をどーぞ。

FAQs: Japan nuclear concerns25 March 2011

WHOの日本の被害に関するFAQ

Drinking water safety

Can I drink the tap water in Japan?

日本の水道水は飲んでも安全ですか?

• Yes, drinking tap water in Japan poses no immediate health risk.
• The standards adopted by the Japanese authorities for this emergency are precautionary.

Currently, radioactive iodine is the most common detected contaminant; the standard for adults is 300 Becquerels per litre in drinking-water. In the very unlikely scenario that drinking-water was contaminated and consumed for an entire year at this level, the additional radiation exposure from this water would be equivalent to natural background radiation during one year.
• Japanese authorities are closely monitoring the situation and are issuing advice if needed against consumption of tap water, including specific recommendations for infants. Essential hydration of infants should not be compromised in an attempt to reduce exposure to radionuclide contamination.
はい、直ちに健康のリスクはありません。
日本が採用しているこの緊急事態に対する基準は予防のためのものです

一時的にヨウ素の汚染は、
大人に対して300ベクレル/リットル このレベルで一年間汚染された水を摂取するという、ありえないシナリオでは、
さらにこの水での被曝量は自然界で1年に受けるものと同等。

日本政府はきちんとモニターしている。もし、(乳児の場合も含めて)必要ならアドバイスする。
射性核種による汚染への曝露を低減する試みの中においても(in an attempt to reduce exposure to radionuclide contamination)、乳児にとって重要な水分補給(Essential hydration of infants)を控えるべきではべきではない(should not be compromised)。


Can radioactive contamination be removed from water?

水の放射能汚染は取り除くことができますか?

• Standard water treatment procedures may remove significant amounts of radioactive contaminants. Other options to reduce concentrations of radiation contaminants include controlled dilution of contaminated water with non-contaminated water.
• Boiling water will not remove radioactive iodine.

一般的な浄水処理ではかなりの量を取り除くことができる。

他の方法としては、汚染されていない水で薄めるか代用することによって、減らせる。煮沸ではヨウ素は除けないだろう。

Why do the guidance levels for radioactive Iodine-131 in drinking water vary?

なぜ、放射性ヨウ素131の飲料水へのガイダンスレベル(基準)が変わるのか?

The guidance levels found in different sets of recommendations vary because some apply to routine situations and others to emergency situations. The table below summarizes the guidance on radioactive Iodine-131 in drinking water and provides an indication of the equivalent exposure from routine activities.

異なる推奨様式によって作られたガイダンスレベルは変わります。なぜなら、いくつかは、日常の状態に対応するものであり、緊急事態へのものもあります。下の表は、ヨウ素131に対するガイドラインをまとめたものですが、ヨウ素による被曝は自然な状態での被曝と同等のものです。

すずめ註:

表は数値として、

Radioactive activity in water (Bq/L) 水中の放射線量(ベクレル)

Approximate equivalent annual dose (mSv/year) 年間の線量に換算したもの(シーベルト)

の二つに関して表記

一年間摂取した場合の同等の被曝量

この3つを掲載している。表にできないので,順に記載

WHO Guidelines for Drinking-water Quality (1) WHOの飲料水クオリティ
10
0.1
Equivalent a to New York - London flight ニューヨークとロンドン間のフライトと同等


Japan provisional (emergency) standard for adults (2) 日本の成人への暫定基準
300
2.5
Roughly equivalent to one year's exposure to natural background radiation, or 10 to 15 chest X-rays
概ね、一年間の自然な被曝量とおなじ。もしくは10−15回の胸部レントゲンと同じ。


Japanese provisional (emergency) standard for infants (3) 日本の乳児に関する暫定基準
100
1


AEA Operational Intervention level for nuclear emergencies (4) AEAオプション放射能緊急事態に対する介入レベル
3000
10
Equivalent to an abdominal CT scan 腹部CTと同等


注釈

1) WHO Guidelines for Drinking-water Quality should not be taken as the reference point for nuclear emergencies because the levels set are extremely conservative and designed to apply to routine lifetime intake.

WHOの飲料水ガイドラインは、日常生活の人生の長さを考慮して極端に保守的に設定されたものであり、緊急事態には参考にすべきでは無い。

(2) Provisional regulation values relating to limits on food and drink ingestion, established by the Japanese Food Sanitation Act, as indicated by the Nuclear Safety Commission of Japan. These standards are precautionary and have taken into consideration international guidance, including IAEA and the International Commission on Radiological Protection recommendations.

日本が食品や飲料用に対して設定した限界に対しての評価は、IAEAなどを含む国際的に予防的に配慮されるべきものとしての基準をもとにしている。

(3) As in (2) above, but applicable to drinking-water used to prepare baby food. This level is equivalent to the international guideline set by Codex Alimentarius for infant food.

2のように、ベビーフードに用いる飲料水のレベルはコーデックス委員会の乳児用食に対する基準と同等。

(4) IAEA Safety Guide GSG-2 established Operational Intervention Levels (OILs) which would be the default international guidance levels for the early stage of an emergency.

IAEA安全基準は 原子力緊急事態が起きて間もない時期に標準的な国際規制値として用いられることを想定した放射能濃度規制値 Operational Intervention Levels (OILs) を設定している。


|

« WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 | トップページ | 原発から減核へ! »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

FAQは専門家ではないのでパスするとして(苦笑)、人類の人体生理学的に(これはあるコミュでも少し語りましたが)、
自然にある放射線量と、今回の事故による放射線量を混同している犯罪的トリックはもうご存知でしょうか。
本当に許せないの一言に尽きますねw
政府や電力会社マルゴト死刑にしたいくらいですよ(死刑賛成派ではないのに、今回特例です^^;)!!!

投稿: maronhappy | 2011年3月26日 (土) 19時57分

maronhappyさま
コメントありがとうございます。

>自然にある放射線量と、今回の事故による放射線量を混同している犯罪的トリックはもうご存知でしょうか。

はい、上の日記にもありますが。。。WHOの文書にもそのような但し書きがあります。

確かに、これで何の健康被害も起こらないのかもしれませんが。。。私たち、今まで添加物やいろんなもので「食」の質を考えて生活してきました。こんな放射線が「無害」な位だったら、別に国産の食べ物にこだわらなくても良いんですねって、気がします。

事実、今の日本人は、世界中の誰もが捨ててしまうようなものを食べたり飲んだりしてるワケですから。

投稿: すずめ | 2011年3月27日 (日) 10時07分

子ども達の為にも早く 緊急暫定数値が元の安全数値になる事を祈るばかりです。

投稿: hope | 2011年4月 1日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39372914

この記事へのトラックバック一覧です: WHOの飲料水に関する文書/すずめ焼:

« WHOの放射線被害に関する文書 2:すずめ訳 | トップページ | 原発から減核へ! »