« 浜岡原発が怖い | トップページ | 東京の水道水から放射性物質 »

2011年3月19日 (土)

原発事故/患者21人死亡 搬送時、医師ら付き添わず

このニュースがよしんば事実であったとしても。。。

患者21人死亡 搬送時、医師ら付き添わず
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1539633&media_id=88
.

こういうの、
どうなのだろう。
.
確かに、弱者であるお年寄りに若い看護士さんたちは、
自分の身体を放射線に晒して、付き添う義務や、道徳的配慮があるべき?
.
他の報道では、
ここの職員さんたちは、
除染が必要なほど、放射性物質に晒されていたそう。
.
実際問題として、
若い看護士さんや医師、
VS
もう、子供を産まない高齢者。
.
もし、後者の犠牲に前者がならなければならないとしたら、
それを強要することができるのは、誰なのだろう。
.
誰もいないはず。
.
こういう問題、
本当は、はっきりと言うことは
とても怖い。
だけど、
この際、はっきりしておかなくてはならないのではないだろうか。
現実に立ち向かうためには。
.
.
--.----
.
去った職員のひとたち、
あなたたちは、当然のこととして、
自らの人権を守っただけです。

.
.
-----
.

しかし、
こういう記事もある。


http://news.livedoor.com/article/detail/5424517/

以上の流れをもう少し簡単にまとめると、「自衛隊が来るが、寝たきりや車いすの患者が搬送できず、一旦戻る」→「2度目の救援が来ない」→「一緒に残っていた警察の指示で職員が川内村に避難」→「自衛隊と一緒に病院に戻ろうとする」→「避難地域なので一緒に行けない」→「自衛隊だけが救援に」→「2・3回目の搬送の際、病院関係者は誰も現場に居なかった」→「職員が患者置き去りで逃げたと報道」という流れになる。

|

« 浜岡原発が怖い | トップページ | 東京の水道水から放射性物質 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39281848

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故/患者21人死亡 搬送時、医師ら付き添わず :

« 浜岡原発が怖い | トップページ | 東京の水道水から放射性物質 »