« 地震後の東京の日常 | トップページ | 福島原発2号炉事故の事故、東電は何を隠しているのか? »

2011年3月15日 (火)

福島原発の危機/人員配置のお粗末さ!!

減圧バルブ閉まり内圧上がり全露出…東電が説明
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00047.htm?from=main1
.
東京電力は14日午前0時20分すぎ記者会見し、福島第一原発2号機の燃料棒が午後11時20分に再びすべて露出したことを明らかにし、「減圧バルブが閉まった」のが原因で炉内の圧力が上がったと説明した。
.

(2011年3月15日00時41分 読売新聞)

.
.
------
.
今の報道!
.
耳を疑った!
.
現在の2号機の状態。
これが始まったのは、
.
係員が他の機械の状態を調べるために、
持ち場を離れた間に、
弁が壊れていたというもの。
.
.
この期に及んで
.
どういう人員配置をして
東電は
この国家的危機をのりこえようとしてるのか!!
.
.

現場にも、最高のベテランを、充分なマンパワーで配置して、
対応してるものと信じてた。
よその部門の見回りも兼務させて、
持ち場が無人になる状態を作るなんて!!

.
.
事態のシビアさよりも、
対応のお粗末さに
恐怖を感じる!

|

« 地震後の東京の日常 | トップページ | 福島原発2号炉事故の事故、東電は何を隠しているのか? »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39231516

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の危機/人員配置のお粗末さ!!:

« 地震後の東京の日常 | トップページ | 福島原発2号炉事故の事故、東電は何を隠しているのか? »