« すずめの帰宅難民レポート3 | トップページ | 帰宅難民すずめの教訓 »

2011年3月12日 (土)

すずめの帰宅難民レポート4

ってコトで帰宅難民レポートの4つ目。

帰ってから。。。
.
.
家に着いたのは11時40分。
我が家は別段、何も無かったようだ。
階段の壁にかけていた絵が落ちたとか。
だけど、額のガラスは割れなかったらしい。
.
.
4時に歩き始めてから、
11時まで、
ほとんど、情報は無かった。
沿道を歩く人にむけて、
わざわざテレビをつけていてくれたお店があって、
ちらりと見ただけ。
携帯でも何かの情報は得られたと思うけど、
電池切れが怖くて無駄には使えなかった。
.
なるほど、
こういう時に、
ラジオは役に立つのかもしれない。
それも、携帯とは別に、独立したもので。
.
.
ひとつ、不思議なこと。
家に帰って、ガス湯沸かし機をみたら、
普通に使えていた。
あれだけの地震。
以前だったら、
「マイセーフ」が働いて、ガスが止まっていたはず。
だけど、そんな気配は無い。。
復旧が自動になったのか。
それとも、我が家のマイセーフは働かなかったのか。。。
後で、ガス屋さんに聞いてみよう。
.
夜中に友達から電話があった。
何度かメールしてたのに、返事が無くて、
どうしたのかと思っていたら。。。
夕方送ったメールが2時に着いたらしい。
.
.
すずめの教訓
携帯メールは貴重な通信手段だけど、届くのがいつか分からない。
.
.
こうして、帰宅難民をやってみると、いろいろ勉強になった。
災害にはいつ、合うか分からない。
忘れたころにやってくる災害に、日頃から準備せよ。。。とは言っても、限界がある。
スーツに運動靴で仕事になんて行けないだろう。
.
だから、やはり、運動靴等を仕事先に置いておくのは良い。
今回は、大した被害じゃなかったから、買おうと思えば、どこかで買うこともできたかもしれない。
だけど、本当に、大規模災害があった時には、そんな甘いモンじゃないだろう。
.
.
すずめの教訓
仕事場には、長距離歩ける「靴」を置いておくこと。
.
.
服装。
やはり、昨日は寒かった。。。
昼間、温かかったので、ダウンにしようか、キルティングにしようか。。。と思って、キルティングにしたんだった。
だけど、マフラーをしてたのが良かった。
長いこと歩くと、ずっと顔がむき出し。
運動をするワケで身体は温かいけど、顔は寒い。。
マフラーは温かかった。
.
.
すずめの教訓
できることなら、日頃から、フレキシブルに使える服装が良い。
マフラーなどは汎用がきくし便利。
.
一番、ネックだったのは、荷物。
長時間、同じ姿勢で歩くワケで、
不自由な荷物は、疲れる。
すずめは日頃からリュックなんだけど、やはり、リュックが良い。
最近、結構おしゃれなのも多い。
すずめがこの日持ってたのは、
ヘデグレンっていうドイツのアウトドアブランドのもの。
.
.
すずめの教訓
カバンは日頃から、リュックが良い。おしゃれなモノを選べばスーツでも許容範囲。
.
飲み物について。
会社を出る時、500mlのお茶をいただいた。
水は生命線。。。と思いきや、
トイレが面倒なので、殆ど飲まなかった。
だけど、500gは重いので、
途中で破棄。
この程度の状態だったら、自動販売機はどこでもあった。
もちろん、季節にもよるけど。
.
すずめの教訓
水は生命線。だけど、季節によっては単なる荷物にもなる。購入は計画的に。
.
.
.
この日、帰ってからグーグルマップで計算すると、
およそ17キロだった。
4時過ぎに出て、帰宅は11時半
.
7時間半!
.
途中、
デニーズで1時間半?の休憩。
バス停で30分?待って、30分程乗って。。。
電車が30分?
.
約、4時間ちょっとかな。
ホント、疲れた。。。
がんばったジブンを褒めてあげたいっ。
.
.
今回は、家に帰らない、オフィスで電車が再開するのを待つという選択肢もあった。
だけど、一度やってみようと、
ちょっとした冒険心で、歩いてみようと思ったのだった。
こんなコトができるすずめは、きっと、何でもがんばれちゃうヨ。
って、そういう自信って、
もし、本当に、東京に大規模災害が起こって、
選択肢無く、家まで帰らなければならなくなったなら、
この自信はすっごく力になる!
.
.
.
すずめの教訓
家からよく行く場所まで、歩けるだけの体力を維持するコト。
.
.
で、
実際のすずめの歩いた距離は、
17キロだったけど、
グーグルマップで「徒歩ルート」を検索すると、
13キロ。
4キロもロスしたことになる。
原因は、道に迷ったこともあるが。。。
ルート検索だと、小さな裏道も使って、最も短距離で行けるルートを探すことになる。
でも、実際は、大きな幹線道路を歩くしかない。
なので、日頃から、このルートをおおまかに頭の中に入れておくのも良い。
そして、もっと広げて、
銀座から家は?
上野から家は?などなど、東京の大まかな幹線道路地図を頭に入れておくのも良いだろう。
.
.
すずめの教訓
東京のおおまかな幹線道路地図を頭に入れておくこと
.
この夜、
寝てたら、夜中に、携帯の警報で目が覚めた。
神奈川?栃木?
とか3回位?
地震があります。っていう警報。
.
だけど、揺れたのは分からなかった。
.

うーん、眠い。
もう、消しちゃおうかしらって、思っちゃったりした。
.

誰かがつぶやいてらしたけど、この警報に乗せるための警戒のレベルって、もっと上げた方が良いかも。
これじゃあ、無視したい人、いっぱいいるかも。。。
.

すずめの教訓
警戒警報は的確なレベルを設定して欲しい

.
.

ってコトで、いろいろ勉強になった帰宅難民の一夜でした。

|

« すずめの帰宅難民レポート3 | トップページ | 帰宅難民すずめの教訓 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39206118

この記事へのトラックバック一覧です: すずめの帰宅難民レポート4:

« すずめの帰宅難民レポート3 | トップページ | 帰宅難民すずめの教訓 »