« 阪神淡路VS普賢岳 仙台地震VS新燃岳? | トップページ | すずめ帰宅難民レポート2 »

2011年3月12日 (土)

すずめの帰宅難民レポート1

仙台地震の惨状、
今、テレビで見ています。
まさに、目を覆うばかり。
.
命を落とされた方々の
ご冥福をお祈り致します。

.
この地域は昔から地震が多く、家などの設計も考えられていたのではと、
希望的に思いますけれど、
でも、
あの、圧倒的な自然の力には無力だったかもしれません。
せめて、
叡智によって、
小さくできる被害は
少しでも小さくできたらと、
次の罹災者になるかもしれない私たちも
心に留めておきたいと感じました。
.
.
------
.
.
すずめは、昨日、タマに行く仕事先にいた。
最初、

という横揺れから始まり、
大きく!
.
とうとう来た?
そんな事すら言う余裕があった中、
徐々に私たちが今まで経験したことのない揺れに。
.
オフィスの人たちの行動は、
ただ、おろおろ。
倒れそうなディスプレイとかを支えたり。。。すずめも、折れ曲がってしまいそうなパソコンラックをもとに戻そうとしながら。
「上の蛍光灯に気をつけて!」
っと、叫んだ。
すずめはたまたま部屋の端っこにいたけど、
真ん中の方の人たちの上には蛍光灯が並んでる。
.
一旦、
おさまってから、誰かが
「そうだ、ヘルメットかぶった方がいいよ。」
っと。
一番揺れてる時には思いつかなかった。
.
.
正直。。。このヘルメットが職員全員にひとつずつ、名前入りで配られた時、
何で??っていうか、いかにも大げさ?っていう気がしてた。
幸い、何年も使うことが無かったけど、
今回、ホントにマジでかぶってしまった。
.
.
揺れが収まったあと、
いろいろ確認が始まった。
携帯は繋がらないけど、IP電話から携帯へ固定電話へは繋がった。
.
.
茨城にある工場では金型他の機材がめちゃくちゃ。
全員が工場の外へ非難。
浦安の倉庫は、付近の道路が地割れしている。。。。
他の外出中の職員もみんな無事。
(携帯からはかけられないけど、固定からモバイルへはかけられる)
.
.
ネットをみると、
各新聞社の第一報。
仙台市ホームページはアクセス不能。
ツイッターでは、心配するつぶやきばかり。
仙台 で検索すると、
仙台駅の写真などが見つかった。
.
さて、
どうしよう。。。
この会社は錦糸町。東京をはるばる歩いて帰らなければならない。
今はもちろん電車は止まってるけど、そのうち、どこかで再開するかもしれない。
.
.
.
ところで、
つい、2週間程前、すずめは
ちょい、思いついて、神楽坂から自宅のある世田谷区奥沢まで歩いて帰ろうとしたことがある。
この時は、最後に足が痛くなってしまって、最後の1.9kmだけバスに乗ったけど、
およそ、15キロ近い道のりを歩くことができた。
なので、
この時も、歩いて帰る自信があった。
.
.
すずめの教訓:
一度、仕事先から自宅まで、歩いて帰ってみると良い。
意外に歩ける自分に自信がつく。
その自信がいざと言う時、力になる。
.
.
.
もひとつ。
ずーっと前、
アメ横でアキレスの運動靴が280円とかで売ってるのを発見。
あんまりにも安いので、買ってオフィスに置いておいた。
こういう時の為に。
(でも、この日、たまたますずめは、すっごく歩きやすいショートブーツを履いてたからよかったんだけど)
.
.
で、
グーグルマップで家までの地図をプリントアウトしようとして。。。
出ない!途中で落ちちゃう!
何度もやって、やっと、何枚かプリントできた。
(後で考えると、みんなもグーグルマップの地図、持ってたからサーバが混んでたんだろう)
.
.
すずめの教訓:
いざと言う時には、自宅までの地図をプリントアウトできないかもしれない。
なので、日頃から、プリントしてファイルしておくべき。
.
.
で、
すずめは家に帰ろうと、
トイレに行って、
オフィスを出た。
4時過ぎ。
まだ、明るい。
幸い、良いお天気。
今朝の天気予報だと夕方天気が崩れるかもとの事で、
傘も持っていた。
出る時に、会社の人が、
500ccのお茶のペットボトルをくれた。

この日、すずめは小さなリュック。
もし、足が痛くなった時に履き替えようと
片手に運動靴を持って
出発!
.
.
-------
.
.
出てみるとびっくり。
京葉道路は大勢の人たちが歩いている。
信号待ちで止まった時、
隣を歩く年配の女性に声をかけると、。。
彼女も笹塚まで帰るとのこと。
しばらく、話しながらあるく。
.
すずめの教訓
歩き始めるなら、できるだけ明るいうちに。
暗くなってからだと、不安だし、ペースを作りにくい。
.
.
すずめの教訓
歩いてる途中に、誰かに話しかけるのって良いかも。

.
.
京葉道路を歩いて、隅田川にかかる橋を渡る。
携帯電話はかからないけど、途中、公衆電話をみつけて、かけてみると繋がった。
でも、携帯の普及した昨今。
公衆電話は滅多に無い。
もちろん、人がいっぱい並んでる。
.
.

すずめの教訓
帰宅難民は大きな幹線道路に沿って歩く。
沿道には公衆電話が欲しい。
沿道のカフェやコンビニにもあると良い。
もちろん、トイレも欲しい。

.
.

すずめの教訓
公衆電話は、意外に、この幹線道路沿いのものは混んでいたが、
少し外れた所のものには、誰もいないものもあった。
それと、10円玉、コイン、持っておいた方が良いね。
.


途中で、コンビニに寄って、地図を買う。
まだ早い時間だったからか、
小さな東京のポケット地図が一個だけ売っていた。
超ラッキー。。。

.

で、
地図を見ながら歩いたにも関わらず。。。
道を間違えた。
.
渡ったはずの隅田川をもう一度渡ってしまう。。。
付近の人に聞いて、あともどり。。。
.
すずめの作戦は、
途中にありそうな、友達の家を頭に描き、
もし、家まで帰るのが無理だったら、そこに行こうというものだった。
だけど、そのために、道を間違えたとも言える。
.
.
すずめの教訓
コースはしっかりと、最初に決めること。
気が変わったりすると、ロスが大きい。疲れてくると、黙々と考えずに歩いてしまう。
また、大きな道路のみを辿ること。

.
.

歩きながら。。。
道をタクシーが走っていくのが見える。
まさか、こんな状態でタクシーが拾えるとは思わないけど。。。
何人かで乗れればいいのにね!
って思うけど、走り去ったタクシーにはみんな人が一人しか乗ってなかったりする。
.
.
すずめの教訓
災害時、タクシーは大きな戦力。是非、何らかの取り決めをしといて欲しい。
.
.
すずめの教訓
歩く時、大きな道路の左側の歩道を歩く方が便利。
もし、万一、タクシーやバスを見つけたら、とめることができる。
(でも、まあ、無いけどね。。。)
.
.
------

ってので、続きはまたあとで。

|

« 阪神淡路VS普賢岳 仙台地震VS新燃岳? | トップページ | すずめ帰宅難民レポート2 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/39199910

この記事へのトラックバック一覧です: すずめの帰宅難民レポート1:

« 阪神淡路VS普賢岳 仙台地震VS新燃岳? | トップページ | すずめ帰宅難民レポート2 »